転生したらスライムだった件第25話感想:ツンデレヴェルドラとイフリートの駄弁り将棋回




転生したらスライムだった件第25話「閑話ヴェルドラ日記」が放映されました!

昨年10月から放映が開始された転スラもいよいよ最終話を迎えます。

来年2020年に二期目が放映されることがすでに予告されていますので、今回で持ってしばしお休み。

そんな今回は本編終了後の外伝的な話の2話目。

それでは見ていきますよ!




第25話あらすじ

リムルの中に取り込まれたイフリート。気がつくと、彼は暴風竜ヴェルドラを前にしていた――。ヴェルドラはイフリートを自分がいる場所へ誘導し、話し相手にしたのだ。こうして、ヴェルドラとイフリートはリムルの中から彼の行動を見守ることに。ヴェルドラとイフリート視点で、本編映像を振り返ります。

転生したらスライムだった件アニメ公式サイトより~

りゅうおうのおしごとじゃないから!

今回のお話は今までの転スラの総集編をリムルに捕食されたヴェルドラ視点で振り返るストーリー。

前回の熱い話とはうって変わってゆるーい展開となります。

たまにはこんな話もいいよね。

ただ語るだけではなく、なんと将棋を指しながら話が進んでいきます。

そのお相手はこれまたリムルによって捕食されたイフリート。

この2人が話を進めていくわけですが・・・

竜が将棋を指しているから、正真正銘のりゅうおうのおしごと・・・って誰が最初に言ったのか。

ヴェルドラはずっとぼっちだったから、新しい捕食者がきて嬉しかったんでしょうね。

そして、どうやら将棋の研究もしていた模様。

そして、気になる内容なんですが、オーディオコメンタリーをイメージしてください。

といってもDVDやBDの特典にある声優としてのコメントではなく、ヴェルドラやイフリートのキャラクターとしてのコメント。

しかも、本編内では時間が進んでいるらしく、ヴェルドラとイフリートは何度も将棋を差していてイフリートも将棋の腕前がメキメキ上がっている様子。

ほとんど本編に出ることがなかったヴェルドラによるツンデレ劇場が繰り広げられてました。

ヴェルドラはなぜかあの重厚な見た目とは裏腹に「やばたにえん」なんて言葉を知っていたりするんですが、ここまで軽いノリだとは。

これがギャップ萌えとかいうやつですね。

1話のつかみとしては好印象でしたね。

転スラもいよいよ終わってしまいました。

来年の2期でもお会いしましょう!

転生したらスライムだった件記事一覧

転生したらスライムだった件の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ