手品先輩第11話感想:手品先輩が男と!?結局手品関係なくなっちゃった




手品先輩第11話「四つ玉先輩/腹話術先輩/尾行先輩」の感想です。




四つ玉先輩

手品先輩が四つ玉の先輩をやろうとするんだけれども、見栄を張って大きい玉を使ってしまったもんだからうまくいかないエピソード。

手の大きさ比べで先輩と手を合わせることがあり、ドキッとする助手くん。

しかし、先輩はものすごく手汗をかいていて、しかもネバネバときたもんだ。

何を連想させてしまうのか、いや、ナニを連想させてしまいますね。

腹話術先輩

先輩のぬいぐるみを使い、腹話術の練習をする咲ちゃん。

でも濁音やマ行とか、舌と唇を動かす発音はまだまだ不可能。

咲ちゃんは正志の大量の「使用済み」ティッシュで興奮するのか・・・

キモッ!

そりゃ正志も姉を嫌うはずだよ、ブラコンこじらせすぎて、ここまで気持ち悪いんだもの。

気まずい正志の心中をお察し申し上げます。

そして、腹話術で「マンゴー」と言わせるとかナニ考えとんねん!

で、さりげなく咲ちゃんお手製の手品先輩ぬいぐるみのスカートの中をチェックする助手くんね。

尾行先輩

手品先輩が男といるところを目撃した正志、気になる3人は手品先輩を尾行することに。

レストランで頼んだメニューはケーキ2つに飲み物2つだったけれど全部手品先輩が飲み食い。

コンビニに急ぐと・・・向かった先はお手洗い、先輩はちょっと時間を置いたあと、ヘブン状態で出てくるのでした。

夕方、駅でこっそり手品先輩をチェックしていると本当に男が現れてしまった、その男は左手に指輪をしている既婚者。

デパートに入り沖縄フェアに立ち寄る手品先輩と男こと深村(みむら)さん。

さらに、こんどは2人が下着屋さんへ立ち寄ったことでひどく動揺する助手くん。

一体この深村さんの正体は、先輩の姉の旦那さん、実は、手品先輩に妻への誕生日プレゼントを選んでもらっていたのでした。

手品先輩に男!?

学校外での先輩を見るのはめったに無いでしょうから、先輩に彼氏がいるのかどうかものすごk気になるのはよーく分かりますよ。

で、盗み聞きしてしまったり、何らかの手段で先輩に彼氏がいると知ると一人かってに落ち込むんだけど、落ち込んでいるところを見せたくないから平然を装うのはもはや私も経験ありです。

ただ、先輩に彼氏がいるかどうかが気になるなんて、先輩に何かしらの想いがないとありえないわけですが、助手、やはりしらずしらずのうちに本音では先輩のことが・・・

ってなるわけなんですが、そこんところはどうなんでしょうね助手くん!

まあ独占欲はあるみたいだし、淡い恋心は持ち合わせているのは間違いないです。

ワンボックスカーとかゴーヤからソッチを即連想するとか、いやらしいビデオを見すぎですよ男衆!

今回は助手くんの手品先輩に対する本心の想いが分かったわけですが、その方法は至ってオーソドックスすぎて手品のテーマから逸脱してしまいました。

別な人がやる手品で分かるわけじゃないのか。

なんだか手品関係なくなっちゃった!