からかい上手の高木さん2第12話感想:念願の夏祭り&花火大会、MVPは木村




からかい上手の高木さん2第12話「夏祭り」の感想です。

前回は西片と高木さん、それぞれが夏休みに家族と旅行に行き、帰ってきたのち宿題をしつつお互いお土産を渡しあい、さらに高木さんはだれか特定の人物と夏祭りに行きたいと名前は出さぬともその人物の特徴から約1人に特定できるヒントを出してまでお誘いをしたエピソード。

その特定の人物は夏祭りに誘わないのか・・・寂しがる高木さんに意を決して誘ってきた!

誘ってきてくれたあまりの嬉しさに持っている缶ジュースを4本ポンポンポンポン渡し、さらにこのときだけは口数が多くなり、口元をゆるめてしまう高木さんなのでした。

それでは最終話、夏祭りのエピソードをやってくれるのか!?見ていきます!




夏祭り

今回は西片と高木さんが夏祭りでデートをするエピソード。

いつものように行きつけの駄菓子屋さんで待ち合わせするも、あろうことか、西片はスマホを忘れてきてしまいました。

そのために何も知らずに高木さんを待つ西片のもとへ、ようやく浴衣の着付けを終えた高木さんが登場し、夏祭りへと向かいます。

さっそく夕日の中、「真野ちゃんも中井くんとデート」で西片に先制攻撃をする高木さん。

デートじゃないと強がる西片のまわりに子どもたちが集まり「デートだー」と冷やかされ、さらには高木さんが持ちかけた「デート、カップルと言われたら西片の負け」勝負のときには西片は冷やかすのは子どもだけ、大人はそんな冷やかしなどしない!と意気込むも、なんと老夫婦から「アベック」だけでなく「べっぴんさん」とも言われてしまいます。

これはノーカン!本当の勝負はこれからだ!と息巻く西片ですが、夏祭りの会場では最初に訪れたであろうりんご飴の屋台のおっちゃんに「カップル」と言われてしまいもはや西片はダブルパンチでボロ負け。

高木さんは次なるゲームとして「デートっぽいことができたら西片の勝ち」と持ちかけてきた、西片は勝とうとするけれどやはり一歩前に出ることができません。

金魚すくいをする高木さんと西片、西片は黒い出目金をすくおうとするも、となりに幼い兄弟がやってきて彼らにゆずるも1匹しかすくえず、2匹すくっていた高木さんに数では負けてしまいます。

ですが、その幼い兄弟に3匹ともあげたためにこの勝負はチャラに。

たこ焼きを買った西片に高木さんは露骨にあーんしてもらおうとした、あまりの露骨っぷりにデートっぽいことができる特大チャンスですがやはりはずかしさが先行しちゃう西片。

いよいよ夏祭りには人が集まりだし、ミナたちクラスメイトに見られそうになったり、輪投げで田辺先生によく似た狛犬がいたと思いきや本当に田辺先生が見回りしていたり、景品のかんざしをプレゼントしたり、木村と高尾とバッタリ出くわしたけれど空気を読んでくれたりともはやデートっぽいことをしている西片。

しかし、先を進んでしまってる高木さんと木村たちと出くわした西片ははぐれてしまった、そこに花火大会がスタート。

探しているんですがなかなか見つからない、高木さんは神社の方へと歩き、意味深にその様子を双眼鏡で目撃していたのは木村。

一方でこの夏祭りには真野ちゃんと中井くんだけでなく北条さんと浜口、あとはミナサナエユカリのいつもの3人組やポニ子ちゃんこと鷹川すみれたちが男女グループでやってきています。

人混みの中探し回る西片を上に案内する木村。

その上、階段を上がったところにある神社に高木さんはいた、ようやく見つけられたけれど無情にも花火大会は終わってしまいました。

はぐれたくないと高木さんの手を取る西片。

その後は高木さんと西片は夜の砂浜で線香花火をするのでした。

非常に甘酸っぱい30分

ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

期待していた夏祭りのエピソードを30分使ってまるまるやっていて、そのなかでもきみたち本当に甘酸っぱいことをしてくれるよね。

小学生、中学生時代に女の子と夏祭りにいったことがない私が本当に情けなくなるくらいに甘酸っぱかったね。

そら目の前に今まで見慣れた好意を持っている美人さんが今まで見たことがほとんどない浴衣姿でいれば、恥ずかしさも出てきちゃうよね西片。

なにこのガキンチョと老夫婦と屋台のおっちゃんなる三大舞台装置は!

うまく働きすぎでしょ!

そして持ちかけたゲームの勝ちと負けの条件がいつものようにうまいね、そこまでしてまでデートっぽいことしてもらいたかったのね高木さん。

高木さん「真野ちゃん「も」デート」、「も」ですよ「も」。

強がって認めていない面もある西片の横で高木さんにとっては今回の西片との夏祭りは無条件でデートとしてとらえているからこその「も」、無条件でデートとしてとらえているあたり、どれだけ西片のことが好きかおわかりいただけるでしょう。

花火大会は西片がスマホを家に忘れてしまったのと人がぞろぞろと増えてきてしまったハプニングではぐれて連絡が取れない環境が整っちゃったから2人では見られなかったけれど、最後の最後に2人で浜辺で線香花火する、展開自体はどさんざっぱら見飽きた感すらある男女の日常ものにおける王道、定番の流れではあるけれど舞台とシチュエーションが違えばそれもまた新鮮に見えてくるのがいいところ。

高木さん、西片と縁日をゆっくり回って打ち上げ花火を見たくて、この日のために母親とケンカしてまで家族旅行の日程を変えてもらったんだよな・・・そら夏祭り本番でもグイグイ攻めてくるよね。

西片最後の最後にデートっぽいことした!

「はぐれるといけないから手をつなごう」そして実際に手をつなぐ、高木さんには夏祭りのお誘いに続く特大のクリティカルヒット、なんてデートっぽい発言なんでしょ!

そんでもって、中井くんと真野ちゃん、北条さんと浜口(未だに名前を覚えていなくてごめんよ)も2人きりで夏祭りに来て花火見てたし!

北条さんと浜口もカップル確定ですね。

そしてMVPは高木さんの居場所を西片に教えてくれた木村だ!

バッタリ縁日で会ったときも空気を読んで深くは追求してこなかったり、お前オッサンみたいな面して一番いいところをもっていったな。

しかしながら、今回こそ最後の最後に何かを語る元高木さんが出てほしかった!

アニオリ回だし出てくるかと思ったらCパートもどこにも出てこなかったので第7話でしたっけ、アニオリの林間学校回にあった、アルバムを見てニヤッとしてる元高木さんの登場が死んでしまった感もなくはないですね・・・

いやしかし今期の高木さん、ものすごくグイグイ来てたし、もう西片に対する好意を隠す気すらありませんでしたよね。

毎回視聴後はさっさと付き合えよ!中井くんと真野ちゃんみたいな関係になっておしまいなさいこの野郎!ってなってましたからね。

西片からの手つなぎはかなったし、今度は西片からの告白、そしてキスがかなうときが来るかな。

3期目・・・あるといいな、なんなら、元高木さんでもいいよ!