からかい上手の高木さん2第5話感想:ダンディになれない西片、お誕生日おめでとう




からかい上手の高木さん2第5話「質問/まゆ毛/放課後/ハッピーバースデー/くしゃみ」の感想です。

前回は西片が高木さんと腕ずもうをする=必然的に相手の手を握ることに意識して強いはずの腕ずもうに勝てなかったり、高木さんが自転車でなくて歩いて登校してきた理由を最初に高木さんは言ったにもかかわらず西片はピンポイントで聞き逃してわからないからすっとんきょうな答えを言うとんだ鈍感野郎っぷりを見せたエピソードでした。




質問

西部劇の映画を見てダンディになろうとした西片だったけれど、高木さんからの脇腹つんつん攻撃と西片の感情を大きく揺れ動かしまくるわりと直球かつ意味深な質問の数々によりダンディになれなかったエピソード。

脇腹つんつんもズドンもノリノリでカウボーイになりきる高木さんさることながら、高木さん、西片にド直球を豪速で投げてきましたよね。

「私の好きな人って誰だと思う?」

「私の好きな人ってこのクラスにいると思う?」

「私の弱点は西片を見るとからかっちゃうこと」

いつものことではあるんですが、こんな高木さんの発言、もう西片への愛の告白とみなしてもいいんじゃないんですかね・・・

早くお前ら付き合っちまえよ、このクラスメイトすげえよ、毎日交わされる高木さんと西片のからかいという名のイチャイチャを平気で空気扱いしてるんだもの。

こんなん見られた日には毎日帰宅後黒いネネちゃんのママになってしまうよ。

毎回視聴者の99%は壁にテレビかパソコンを投げつけたくなっている、もしくは投げて画面を割って見えなくなって困って月曜日に電気屋に新しいのを買いに行ってるんじゃないのか?

まゆ毛

今回もおなじみの短編のミナ、ユカリ、サナエ回。

「まゆ毛が太い人は優しい人」

全国のまゆ毛が太いみなさま喜ぶべきところですよ!

けいおんの紬ちゃんやミナのようにたくわんになっていたら尚良ですね。

放課後

高木さんと西片の身体がある日突然入れ替わってしまうエピソード※・・・ではなく、西片が林間学校準備委員になっているために委員会への出席で高木さんとしばらく一緒に帰れないエピソード。

※1992年放映のドラマが元ネタ、いしだ壱成のオカマっぽい女子高生の演技に注目

西片と一緒に帰れない日が続くと露骨に高木さんもからかう回数を減らしてくるのね。

学校にいる間9回しかからかってこない!

「からかわれ待ちの高木さん」かな?

まあ毎日なんぼからかわれたか回数をいちいち覚えている西片も西片らしさがあるんですが、よかったね!?西片!腕立て伏せの回数が27回まで減ったよ!

ここで林間学校が出てきたということは・・・もちろん、林間学校のエピソードはちゃんとあるんですよね?

ユカリちゃんは恋に恋するタイプかな?

ハッピーバースデー

この日は西片の誕生日、ですがケーキを自分で受け取りに行かないといけない西片と高木さんが商店街でばったり遭遇し、ケーキ屋で高木さんからなにかステキな贈り物をもらうエピソード。

商店街、西片の誕生日、高木さんが出歩くとくればやることは当然1つですよね。

高木さん検定上級者であればケーキ屋に高木さんが行く=プレゼントってのはかんたんに推理できたはずです。

それでもって、高木さんはしばらく待ち伏せをしていたという推理ができたら高木さん検定1級ですね。

まあ今回の場合ははじめに視聴者の想像、推理通りの展開ですよと先に提示しておいて、その後のイチャイチャ展開を愛でるのが正しい流れではあるんですが。

最後は高木さんからもらった100%片思いのキュンキュンキーホルダーに西片は高木さんの姿を重ね、ときめくのでありました。

高木さんは勘で西片がケーキ屋に行くだろうと答えましたが、あんなの勘じゃないよ、確信的に答えてるよ、この時間にこの通りを歩いたら1000%行き先はケーキ屋だ!と。

それにしても、ケーキ屋で店員がいる眼の前で高木さんは西片にプレゼントを渡すとかあなたがたはお店でも公開イチャイチャかよおめでてえな!

くしゃみ

夏なのに季節はずれのくしゃみが流行するエピソード。

うわさばなしからそこかしこで高木さんと西片の話に移るんですが、この2人のイチャイチャはクラスでは公認であるようで。

授業中でもイチャイチャしてる描写もありましたし、もうあの2人はどうにでもなれよとクラスの人間どころか教員勢も思ってるんじゃないのか?

「私、西片しかからかわないよ」

はいはいどうもどうも、こちとら暑いなか日曜夜中の11時半からリアルタイムで視聴しておなかいっぱいです!

会話の中であった西片、高木さん、真野ちゃん、中井くんがプールでダブルデートをした話はOVAの第13話であったエピソードですね。

それにしてもどうしたんだ今回は、というか今回も!?か。

高木さんが西片への好意をとくになにも隠していないではないか!

これで付き合ってないとか言わせないよ?

高木さんはどこで西片の誕生日を知ったんでしょうかね・・・ケーキ買って帰ってきた後のママンの反応を見るに、注文のときにケーキ屋でばったり遭遇していたとか、あったんじゃないのかな?

前日談はない作品ですからそのへんは視聴者のご想像におまかせします的な流れになるんでしょうが。

これもうカップルじゃないでしょ、夫婦でしょ!?

と制作陣が本気でわれわれ視聴者を殺しに来たことが分かったので第6話でもお会いしましょう!