炎炎ノ消防隊第11話感想:第8特殊消防隊創設のいきさつ回、第3&第7特殊消防隊初登場




炎炎ノ消防隊第11話「第8特殊消防隊結成/最強の消防官」の感想です。

今回は一本の筋が通っているストーリーなんですが、サブタイトルが2つありました。

前回は第1特殊消防隊で起きた人工焔ビト事件の黒幕が中隊長のレッカと判明して最後には封印された事件の顛末を報告しに、シンラと環が大隊長会議に出席したエピソード。

全消防隊の大隊長が出席しており、コワモテの男や人外、さらには最強とも名高い人物まで列席していました。

会議は終わり、会場となった発電所「久遠」を見学しているシンラのもとへジョーカーが現れ、シンラの弟は実は死んでなく、伝導者のもとで生きていると話します。

シンラは他の第8特殊消防隊の隊員とともに、伝導者の情報を集め、生きているという弟探しをする決意をするのでした。

それでは第11話を見ていきます!




第11話あらすじ

最も新しい特殊消防隊として設立された「第8」。その設立のきっかけは3年前、一般消防士だった桜備と東京皇国軍の軍人だった火縄の運命的な出会いにあった。火縄の語った設立までの顛末は、「第8」の持つ使命や意義に深く結びついたものであった。

炎炎ノ消防隊アニメ公式サイトより~

第8特殊消防隊結成

今回は第8特殊消防隊結成のいきさつと第3特殊消防隊が初登場したエピソード。

シンラの弟は生きていて、伝導者により極秘に拉致されている・・・

そう信じるシンラ達第8特殊消防隊は伝導者、白装束につながる情報を総あたりであたっていると、第8が創設された最初の任務になかなか興味深いことが描かれていることが判明。

と、その前に、なぜに第8特殊消防隊が創設されたかのいきさつを知らないシンラやアーサーたちに、いきさつが語られます。

第8特殊消防隊はその番号の通り新しい消防隊ですが、ヒナワと桜備、あとマキは結成前はもともと別々の機関に所属(皇国軍の軍曹と一般消防士)していました。

ヒナワは同僚の灯城(声がゴブリンスレイヤー=梅原)がある日突然焔ビトになったけれど、灯城との食事中に「もし撃たれるなら洗礼されている銃のほうがいい」発言を受けて自分の洗礼されていない銃では撃てないと躊躇してしまいでは自分では最期を見届けられなかったこと、

桜備はとある焔ビト発生事案において一般消防隊として出動していたときに、かけつけた第3特殊消防隊が焔ビトを「匹」呼ばわりしていることや鎮魂の順番に点数による優劣をつけていることに疑問をいだき、ヒナワとともに立ち入り規制を破り特殊消防隊が放置したおとなしい方の焔ビトを鎮魂させたことで意気投合して2年後に桜備がヒナワをスカウトする形で第8特殊消防隊を結成。

このときにヒナワはさらにマキをスカウトして加入させ、3人で特殊消防隊はスタートしていったのでした。

最強の消防官

話は最初の任務に戻り、報告書によると、そのとき鎮魂させた焔ビトには不審な点が多々あった、まずは見慣れない赤い十字架が遺されていたこと、そして、遺留品は焔ビトになった人が勤めていた会社の人間が慌てて回収をしていったこと。

その現場は浅草にあり、第7特殊消防隊の管轄であると言います。

その浅草の街は現実とは異なり、長屋が何件も連なる江戸時代のような街並みが広がっていて、その長屋の中に第7特殊消防隊の本部は位置していました。

第7特殊消防隊は最強の消防士と評されている紅丸が大隊長で、皇国に全く忠誠を誓っていない彼に冷や汗をかきながらケンカを売ったのはシンラ。

そのうち、かんたろうなる紅丸も見知った、たびたび酒に誘ってくる人物が焔ビトになってしまった、江戸の火消しの要領で周囲の建物を風下の方向に向かって何棟もぶっ壊すかたちで壊して延焼を防いでいく紅丸。

それを見ているよりほかないのは第8特殊消防隊、特にシンラ。

かんたろうの奥さんの老婆は街を壊すことこそが焔ビトに対する手向け、この町の人間はどうせ死ぬなら紅丸に最期を託したいと願っている人の集まりだと優しく諭していきました。

第3&第7特殊消防隊初登場

まずは第3特殊消防隊の話。

第3特殊消防隊って言うと、前回初登場したスカーフを首にまいているこのDr.ジョヴァンニとかいう人外(人間だよね?)が大隊長をやっている消防隊なわけですが、どうやらこの消防隊、焔ビトを性質により点数付けしているようで。

で、凶暴なやつほど点数が高く、おとなしいやつは点数が低い、鎮魂の優先度も点数が高い方を最優先に、点数が低い方は鎮魂せずに放置すらされる、そんでもって、焔ビトの扱いもどっかの怪物をぶっ倒すみたいに「匹」と数えていたりとかなりぞんざい。

まあこのぞんざいに扱っている第3特殊消防隊の姿を見たことで、第8特殊消防隊はこれから鎮魂する焔ビトにも敬意を持つこと、武器をやたらめったら周りの人間に見せないことを信念として、全隊員に徹底されるようになったんですけどね。

隊員の士気を高めるのに成績制、高点数の焔ビトを鎮魂させれば報酬もアップする仕組みを採用しているということは宗教とか軍ではなく、第3特殊消防隊はどこかのわりとブラックめで成果主義をとっている一民間企業が運営母体にしているのかな。

一方で第7特殊消防隊も初登場、ヒナタとヒカゲなる生意気小娘や相模屋紺炉が隊員として所属。

それにしても街並みが街並みだからかだいぶダイナミックな火消しをするね、江戸は木造建築の並びで火事が起きやすく火消しがド派手に活躍することや、人々も短気で喧嘩っ早いことから呼ばれるようになった「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉の通り特殊消防隊も含め、この浅草の街全体がかつての江戸の街を示しているかのよう。

そんでもって、紅丸は第二世代と第三世代のハイブリッドで炎の力の調整も思うがままときましたよ。

最強の消防官の呼び名も伊達じゃないってくらい華々しい鎮魂を見せつけてくれました。

迷いなく建物をいくつも破壊していったなオイ・・・

最期の手向けとして街を華々しく荒々しく壊して鎮魂させていく、それは第7特殊消防隊が信念としている焔ビトに対する敬意なわけなんですが、最期まで焔ビトを敬うことを信念にしている点ではヒナワと信念は共通していますね。

紅丸のことを浅草の町人はみな信頼していたわけですが、これは他の特殊消防隊では絶対に見られないような光景でしたね。

強くなるほどに町人がどんどん信頼してくれる、最強になると全町人が絶対的な信頼を寄せるようになる、これがシンラのいう「ヒーロー」ってやつなのですよ。

それでは第12話でもお会いしましょう!