炎炎ノ消防隊第10話感想:シンラは大隊長会議へ参加、あっさり上層部とご対面




炎炎ノ消防隊第10話「約束」の感想です。

前回は人工焔ビト事件の黒幕レッカとシンラがサシで戦ったエピソード。

レッカの正体は実は伝導者、白装束の下で暗躍する人物で、蟲を埋め込まれても人工焔ビトにならない適応者を探し出して誘拐していた人物の1人でした。

しかし、レッカはシンラやカリムの手により氷漬けに封印され、白装束により殺害されてしまいました。

レッカの動きとともに伝導者、白装束の存在を知ったカリムは第8特殊消防隊に協力することにしたのでした。




第10話あらすじ

「第1」レッカの事件の報告の為、シンラは特殊消防隊の大隊長会議に参加することになる。初めて赴いた「中央」でシンラは、特殊消防隊全8部隊の大隊長らと東京皇国を統べる皇王ラフルス三世にまみえる。白装束、伝導者、そして“アドラバースト”。新たな謎や事実が語られた会議の後、同じ「中央」にある教皇庁の展望台をひとり訪れたシンラの前に、何の前触れもなく、あの不吉な男が現れる。

炎炎ノ消防隊アニメ公式サイトより~

あっさり上層部とご対面するシンラたち

今回は第1特殊消防隊のレッカが起こした人工焔ビト事件について報告をするために環や大隊長とともに第1~第8の全大隊長が出席するだいたい超会議へ出席をすることになったエピソード。

なんでも、その大隊長会議は第8特殊消防隊が結成されてからは初。

そしてこの会議が行われるのは久遠式火力発電所で東京の全エネルギーを生み出している、「天照」なるところ。

そんでもって、大隊長会議とだけあって人外だったり(第3)、ナ●スドイツにいそうなやたら屈強な男だったり(第2)、一見冴えない年配なんだけど顔には3つの引っかき傷があってなにやら特殊な経歴を持っていそうな男(第4)だったり、名字から中国系に思えるショートカットの女性(第6)だったり、一見すると若くて休日の日本橋にいそうなオタクっぽい風貌なんだけど、肩書は立派な大隊長で、実は最強の特殊消防官な男がいたり(第7)とそうそうたるメンバーが天照に併設しているの教会に終結しています。

第7特殊消防隊の大隊長、紅丸は会議に納得行かず途中で出ていった、さらに、この会議を傍受している男がいた、その男はツダケンさん=たまにシンラの前に現れるジョーカー。

アドラバーストは前回も語られたんですがすべての始まりにして終わりという汚れなき純度が高い炎で、今回新たに分かったこととして、なんと現代において、東京皇国の全エネルギーを生み出す発電所、天照の動力源にさえ使われているといいます。

そんなアドラバースト持ちのシンラを検体にしたいのは人外な大隊長の第3特殊消防隊。

一方で、シンラは天照を一人見学をしていると、ジョーカーがシンラの目の前に現れた、ジョーカーは実はシンラの弟は母親が焔ビトになった事件において火災に巻き込まれて死んだように見せかけていまも伝導者のもとで生きている、その伝導者を追い求め、探し出せと言い残し消えていきました。

同じく伝導者、白装束を追い求める第8特殊消防隊。

膨大な資料の中から些細なことでもいいから手がかり、情報を見つけ出せという大隊長。

任務の合間に行われる食事を通し、シンラの弟は生きていることを前提とした作戦を結構することになるのでした。

幕間のエピソード。

今回は第7特殊消防隊の大隊長でだいたい超会議には滅多に顔を出さないけれど今回は出席した紅丸なる意味深な人物と、シンラを検体にしたい第3特殊消防隊と、随所随所においてシンラの前にたびたび出てくるジョーカーによりやはりシンラの弟は生きているとの情報が明かされましたね。

分かったのはそこだけ。

だから話を大筋として見れば幕間にあたるエピソードなのかな。

とはいえ、第8特殊消防隊の下っ端消防士による変なギャグがない分、話の展開が非常にスローでもわりと難なく見られます。

やはり、興味深いのは最強の消防隊と評されている紅丸の方ですね。

悪態をついているってことは、やはり何かを隠しているのだろうか。

シリアスなシーンだってのに変な場所で叡智なギャグシーン突っ込んでくると興ざめするんですよ・・・こないだのレッカVSシンラのサシの戦いのシーンにおける環の服がビリビリに破けるシーンとか、ああいうのは話の合間にやってほしい、適材適所ってのがあるんですから。

反面、ラストの5分はなんだか尺が余ったから追加したような蛇足なシーンにも思えてなりませんね。

もはやただの食事シーンじゃん!

シスター、環、マキ、火華(ヒバナ)と入り浸りと預かりを含めると若い女の子が4人もいて、環の裸エプロンとか視聴者の一部にとってはサービスシーンでホホーウ!な目の釘付けシーンなんでしょうが、もはや本編とは一切関係がなくなっております。

第8特殊消防隊の面々は全員いいやつ!を表現した演出なのか単なる尺余りなのか。

まあ、シンラの弟が生きている前提で動くことで隊内では意見が一致しましたし、これからは日常の焔ビト鎮魂の任務をこなしつつ、弟探しに邁進することになるのかな。