【川柳少女】第4話感想:新キャラは、絵で表情を、伝える子




川柳少女第4話「キャンバス少女」の感想です。

前回は部活で詠んだ川柳のテーマから発展してみんなで遊園地に行くことに。

しかし、部長は急な用事で来られなくなり、七々子とエイジの二人きりになってしまいました。

もはやデートなんですが、部長は何をしていたかというと、2人の追跡でした。

どう考えても夕方の噴水の前でいい雰囲気になった男女がやることといったらアレしかないんですが、さすがに交際をしていないためかアレまではいたりませんでした。

強引にやってしまえよと言いたいですが、それでは第4話も見ていきます!




第4話あらすじ

もしかして あなたが噂の ストーカー?
下校中の二人、エイジが誰かの視線を感じると言い、正体を確認しようとする。ある日の通学路、エイジの背後に人影が。電柱の影にはスケッチブックで意思表現する矢工部キノの姿が・・・

川柳少女アニメ公式サイトより~

一芸?持ちの新キャラ登場

今回はエイジと七々子が二人で下校をしていると、数日間ほどエイジの背後から誰かの視線を感じるために確認をしたところ、その正体が判明するエピソード。

その人物の正体は、矢工部キノなる女子でした!

キノは表情づくりが苦手で、なりたい表情は全てスケッチブックで描くこれまたちょっと変わった性格の持ち主。

川柳に引き続き絵で表現する女子が現れました。

この子たちをニュータイプと言うかただのコミュ障と言うかはあなたの自由です。

さあ、今回は彼女のキャラ紹介回でしたが、この子はどういう意図で登場させたのだろうか。

ほら、いろいろポジションがあるじゃありませんか、この作品はラブコメものでもありますから、人の恋路をジャマして横恋慕しようとしたり・・・まあ作風とキノの見た目からしてそれはありえないでしょうか。

で、今回わかったこととしては、エイジは野犬に襲われる、と。

そんな日常があるか!と総ツッコミが入ったことでしょう。

実際野犬に襲われることなんて絶対にありえませんからね・・・

多分この犬は土佐犬で、闘犬なんですよ。

ホラ、高知県ではいまも土佐犬を戦わせてる大会がありますし。

部長、「告白したい女子だったりして・・・」ってこれもう聞こえよがしに言ったろ。

横にいる女子が今までに見たことがない絵文字的な焦りの表情をしているぞ・・・

エイジの好みは黒髪ロング色白、はい、そういう女の子は私も好きです!

私の思い違いでないならば、そういう女の子とあなた一緒に登下校していませんかね・・・

エイジに女の子から告白されたらどうするか聞いたあとに、私が告白したらどうするか聞こうとして恥ずかしくなって逃げ出す七々子はいちばんの見せ場ですね。

早く告白しやがれよ!と言いたいんですが、異性友達→交際に発展する関係で、さらに友達関係が深まるとそうも言ってられないんですよ。

ホラ、これはアニメでも現実でもどちらでもよくあることなんですが、告白をしたらその時点で二人の関係が大きく変化するわけですから、それを恐れている・・・ってやつですね。

とくに友達として仲がいい場合、その傾向がよりいっそう現れるものですからね。

キノはなぜにエイジを追っていたか、それはエイジが落とした生徒手帳を拾って返そうとしたが、エイジの顔が怖いために怖気づいて自分から行けなくなってしまったというものでした。

エイジ、マンガやアニメだからずいぶんマイルドに描かれているけれども、実際は亀田三兄弟や安岡力也、竹内力みたいな顔してるんだろうか。

絵と川柳で会話するシュールな光景

キノと七々子が川柳と絵で会話するシーン、なかなかシュールだな・・・

これ、無音な時間が過ぎていって、放送事故にならないかが不安ですね。

ちなみにキノ、絵を書くのがクソ早いです。

絵というよりは、吹き出しもあるのでこりゃマンガの1コマだよな・・・

けものフレンズ2のキュルルちゃんなみに早いのでぜひ比較してみましょう。

もしかすると、令和ではこの作品のとおり人類の会話はもはや会話よりも筆談の時代になるのかな・・・?

AI時代が到来しますし、耳で会話するのではなく目で会話するようになるのか・・・

AIと絵と川柳が関係するのかといったら・・・関係しないとは思いますが。

エイジと七々子が対面でお互いをスケッチしあうシーン、七々子デレッデレではありませんか・・・

川柳で「毎日あなたを見ていますはぁと」なんて猛アピールしてきてますよ。

ふたりとも言って言われて意識してお互い顔を背けるシーンにニマニマし、部長がサングラスかける索敵モードになっているのに大笑いですよ。

これはもうギャグよりも七々子のデレデレ具合を愛でる作品ですね。

それにしてもエイジ、女の子に囲まれてモテモテだな・・・

次週もまたもや占いを得意とするニュータイプの新キャラが登場するみたいなので、こちらも楽しみにしておきましょう。

それでは第5話でもお会いしましょう!