通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?第12話(最終話)感想:お母さんがいっぱい!?誰が本物のお母さん?




通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?第12話(最終話)「その願いは叶えないでくれ、と強く願った。だが願いは叶えられた。 」の感想です。

今回は真人たちがソロゴロシの塔の上層階を攻略するエピソード。

100階建ての塔の97階にたどり着いた真人たち、しかし、そこは罠を踏むと仲間全員が散り散りになるフロアでした。

しかも、フロアのところどころに複数の横道があり、真々子がおいでおいでしてきます。

ちなみに、その横道にまんまと入ってしまうと柵が締まり、真々子に化けている怪物になにかされてしまう、そんな仕掛け。

横道があるたびに1人真々子がいるので2人3人どころか50人くらいいる偽物に襲われそうになったそのとき、背後から来たのは本物の真々子でした。

罠を抜け、同じように偽物の母親がおいでおいでしていたというワイズたちとも無事に合流できた真人と真々子。

すると、上のフロアから衝撃があったので99階へと急ぐことに。

そこにはすべてのお母さんを消し去ることを願うアマンテが待ち構えていた、100階への扉が閉まっていて通れないために真人たちと直接戦闘へ。

魔法を使うもダメージを受けた受けないで仲間割れをするワイズとメディ。

しかし、アマンテの即死攻撃によりワイズとメディは即死させられてしまいました。

蘇生されたワイズとメディが反撃を挑むも歯が立たない、さらにアマンテは真々子を執拗に口撃するも今度は真人が真々子に対する思いの丈を述べていきます。

母親はいらないとのたまうアマンテに真々子は指先からお叱りビームを発射、しかしアマンテは耐え切りました。

すきを突いて最上階へとついたアマンテ、それを追う真人たち。

そこには願いを言うと叶えてくれる石板があり、アマンテが願いを伝えようした、しかし、産みたて新鮮卵3つくれ!と先に真人が言い放ちほんとうに産みたて卵が真人の元にやってきたことで石板はボッシュート。

アマンテは逃げ帰り、他の四天王に協力を求めた、真人たちは報酬として産みたて新鮮卵の卵かけご飯を食べていきます。

さらに白瀬により、アマンテは反逆組織の四天王の一人ということが真人たちにも語られ、他の四天王の3人を倒すために強くなってほしいと新しいクエストがもちこまれるのでした。

お母さんのパンティおーくれとか元ネタ懐かしいな、原作者はドラゴンボールにどハマりしてた同世代かな。

石版、1つだけ願いが叶えられる、地上100階ってのも神竜のロジックか。

しかしオチがまた寒いね、せっかくの願い事にまさかの産みたて新鮮卵3つかよ、そんなのスーパー玉出で激安で売ってるだろ。

なんかもうちょっと防寒に役立つ願い事を言ってくれるのかと思っていたよ。

今の若い人だとアレなのかな、俺たちの給料が上がらないのは年功序列が原因だとばかりに45歳以上の人間をすべて消し去ってしまうんだろうね。

偽物の真々子たちが現れておいでおいでしてましたが、なんだかこの光景、ドラクエ4の第5章、序盤で訪れる裏切りの洞窟を思い出しました。

真人たちはそれぞれ1つずつ、しんじるこころを入手したかな?

さあ、ホフマンとともにばしゃとともに砂漠を渡りましょう!

※仲間加入SEが鳴る

アマンテはやたら母親を消し去ってほしいと願ってましたが彼女は母親に何されたんだっけ、育児放棄、ネグレクトでもされたかな?

あれ、たしか、描かれていたよね?

しかし、今期の異世界転生作品、揃いも揃ってあんまり面白くなかったね!

ママ同伴でママにチート能力がつく発想は良かったんですが、いかんせんワイズやメディがパーティーにいるのに大して活躍していなかったり存在感もなかったし、あげくのはてに台詞回しが寒かったよ…

あんなところでドラゴンボールネタはいらないんだよ・・・