通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?第5話感想:メディママは子にうるさい、モブ(^o^)




通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?第5話「そこは夢と希望に満ちた、子供達の領域。子供達の、だ。ここ大事!」の感想です。

今回は真人、ワイズ、ポータがジョコ・アカデミアなる授業を受ければ強くなるという学校に入学したエピソード。

ばったり同じくジョコ・アカデミアに入学する予定のメディと母親のメディママとも遭遇、しかし、この母親、やはりとんでもない人物でした。

具体的には、娘がNo.1でないと気がすまない性格のようで、メディを優秀な子に育て上げたのは自分の手腕がよかったからだといわんばかりに自分もジョコ・アカデミアの授業に参加する過干渉っぷり、しかも娘の地位を守るためならば平気で他の子のことを見下すありさまで、他の生徒が先生からの問題に答えようとすると魔法を使って眠らせたり混乱させたりと邪魔までしてきます。

そこへ制服を着た真々子も入学してきた、真々子は肘に異常状態を完全に防ぐ肘当てを装備しているためにメディママの魔法を封じ込めたのでした。

メディママはまたもやよくいるダメ親でしたね。

このタイプの親に育てられた子は実際はどうなるんだろうと考えてみた結果・・・親に学校やら会社やらを選ばされ自身の進路の選択を全て親に奪われてしまう、挙句の果てに子がなにか失敗したらしたで親がグチグチ強く口をはさんでくる典型的なモンペになってしまうのかしらね。

それで、子は親に嫌われないように良い子というかNo.1を演じ続けないといけない、演じ続けられているうちは見かけ上はいい親子にも見えるんですが、子は内気な性格に育ち人生を変えるような大きな決断はできない、さらにどこかで子が親の強いプレッシャーに負けると・・・

親は癇癪を起こして子を虐げるようになる、結果親子関係は崩壊なんてことになりますか。

メディが実際に内気な性格なのもなにからなにまで選ぶときにすべて母親が前にどんどん出てきてしまうために自分が出られなくなってしまったためでもあります。

この親子関係もいまや少なくないですから、先のワイズママンのホスト狂いでネグレクトババア同様、ありふれた関係の1つとして描写がなされています。

ワイズママンの親子関係の解決方法からみるに今回も不安でしかないんですが、どうなることやら。