みるタイツ第4話感想:レンが来てから大盛況のわかりやすいカフェ




みるタイツ第4話「はたらくタイツ」の感想です。

前回は3者3様の理由によりタイツが伝線したというホミ、ユア、レンの3人が更衣室で新しいタイツにお着替えしようとするもやはり伝線してしまった、だから開き直って伝線させまくったタイツで授業を受ける、そんなエピソードでした。

どんどんフェチ度が大きくなってくる作品ですが、今回はどんなエピソードになるのかな!?




第4話あらすじ

レンは個人経営の喫茶店でバイトをしている。今日も放課後、評判の制服に着替えて忙しそうに働き始める。テーブルの片付けから注文とりまで、一人でてきぱきこなすレンだったが、子供がアイスをこぼしてしまう。

みるタイツアニメ公式サイトより~

マニアの心をくすぐるアングル

今回はレンのバイトしている個人経営のカフェでの一幕。

ぬるぬる作画を作り出すためにわざわざ学校制服のタイツとカフェの制服のタイツを履き変えてます。

いやもうマニアの心をくすぐるアングルだらけやないですか。

テーブル拭きするときの中が見えそうで見えないお尻、あとはウエスト、つま先、太もも、よくお分かりでいらっしゃる!

このカフェ、以前は閑古鳥が鳴くほど暇だったんですが、いまはテーブル席が埋まるほどの大盛況。

どう見ても誰かさんのおかげなんですが、それでもマスターによると人を増やすほどの経営的余裕はない様子。

なんだよ、やはりエロというか、ピチピチのJKの太もも目当てだったのか。

はたらくってそういう意味だったんですね。

女の子が履くことで、客をカムカムキャットするために働くと。

資産を増やすために株やドルに投資してお金に働いてもらう、みたいな。

でも今回アイスをこぼしてしまったママとちっちゃい兄弟はレンが来る前からの常連だったのかな。

アイスをこぼしてから服やタイツを拭くまでの描写がもっと欲しかった!

皆さんもレンがバイトしてる喫茶店行きたくなりますよね?

私は正直、行きたいです。

マスターもレンがいれば安泰というなんて、相当に策士やな。

それでは第5話でもお会いしましょう!