まちカドまぞく第9話感想:シャミ子と桃はテスト対決!ミカンは映画館で呪い克服




「期末テスト!!今日の私は頭脳派まぞく!!」の感想です。

前回は新キャラの魔法少女、陽夏木ミカンと知り合うエピソード。

力が弱まり始めている桃は助っ人としてミカンを呼んだ、しかし、ミカンは動揺すると周りにささやかな呪いを振りまいてしまうそんな弱点をもっていました。

ある日、体力づくりのトレーニングを3人でしていると体力を使い込んだ桃は眠ってしまった、その間に、魔力を使いすぎた魔法少女は消えてしまうことがミカンにより明かされた、なんと、魔法少女は身体がエーテル体でできているというのです。

ちょっぴり体力が回復して目が冷めたシャミ子は桃に認められたい!と敵をよく知ることにしたのでした。

それでは第9話も見ていくよ!




第9話あらすじ

桃に認めてもらいたいシャミ子は、
頭脳戦で勝とうと期末テストでの勝負を申し込む。
思いのほか成績の良い桃に負けまいと必死に勉強に励むシャミ子だったが、
本番前日、リリスからある提案が……。
果たしてシャミ子は悪魔の囁きに乗ってしまうのか!?
そして、ミカンの言う“桃に内緒で付き合ってほしいこと”とは!?

まちカドまぞくアニメ公式サイトより~

期末テストで戦う桃VSシャミ子

夏休み前、期末テストを迎えたシャミ子たち。

桃に認めてもらいたいシャミ子は期末テストでの戦いを申し込みます。

桃は文系科目、理系科目どちらもあながち頭は悪くないけれど、唯一苦手なのは歴史なことが判明。

シャミ子は文系はよくて70点、理系はからっきしダメ。

なので、世界史だけで勝負をすることに。

今回のテストの試験範囲はエジプト、メソポタミア文明、ご先祖が封印された直後で顔が広いというまさにご先祖の得意な時代。

桃を圧倒するためにご先祖から半ばカンニングをもちかけられたシャミ子。

もちろん、世界史以外の教科も死にものぐるいで徹夜をしてまで勉強していざ試験当日。

ご先祖は水筒に擬態して試験に望むも、シャミ子により貴重品と言われたご先祖は担任により他の生徒のスマホとともに回収されていきました。

後日答案が返ってきた、点数はシャミ子88点と猛健闘するも桃は95点。

そんでもって、ちゃっかり全教科の合計得点の成績上位者にご先祖リリスの名前が。

なんと教員からのご厚意によりご先祖もテストを全教科受けたからなのでした。

ご先祖は「大切な貴重品」とシャミ子から言われたことに感謝の言葉を述べるも、後日体操服と筆入れとともに、自宅に放置されてしまい畳の上で涙を流すそんなオチ。

冷蔵庫が来た!&映画館でミカンの呪い克服

明くる日、新しい冷蔵庫が届いたことに喜びの舞を舞う母親。

しかし、玄関から入らないために1サイズ小さい冷蔵庫を配送業者から提案されてしまいました。

さらに別な日、早朝ミカンから誘われたシャミ子は桃には内緒で街の映画館へ。

今回はミカンが自分の呪いを克服するのが目的。

選択した映画はホラーの代名詞ゾンビ映画。

上映開始、シャミ子はたのしく見てるんですが、上映開始のブザーですら気分が動転し、本編の序盤ですでに気を失っているミカンは平静を保つどころの話ではありません。

映画が終わり廊下を歩いていると幸か不幸か別な映画を見ていた桃。

シャミ子とミカンが仲良さそうにしている姿をみて一人自宅へ帰ってしまいました。

2人も桃の家に急いでお鍋をつつくんですが、シャミ子は補修で抜けることになってしまい、ミカンがご機嫌取りをしても桃の不機嫌が回復することはありませんでした。

補修が終わったシャミ子の前に現れたのは期末テストの合計が1190点と学年トップの成績だった何やら怪しい部活をしているしおん。

ご先祖はこの日一日に満足するのでした。

ツッコミどころだらけ

今回もいつものようにツッコミどころだらけのイベントもりだくさんでしたね。

結局桃はご機嫌を回復したのだろうか。

すっかり桃はシャミ子がいないといけない人間になってしまいましたね。

相手が別な魔法少女だろうが他の女子と2人きりでいると不機嫌になってしまうのか。

百合の気配もしますね。

シャミ子はシャミ子で世界史だけでも桃に勝とうと寝ずに勉強してましたね。

本当はぐっすり眠ったほうが頭に入るんですが、今回みたくシャミ子がなにかと努力をしている様子を桃は買っているのですよ。

どうやってご先祖は試験を受けたんだろう、もしかすると、このときだけは像から出てきて実体化したのかな。

シャミ子の成績の悪さから、ご先祖こそカンニングしたのではないかと疑いたくもなるんですが・・・

そんでもって、担任からも、補修一覧者の表からも、シャミ子は吉田優子ではなく魔族名のシャドウミストレス優子として呼ばれているのね。

というか、氏名欄にシャドウミストレス優子って書いてありましたね。

自分で書いてるのかあの名前は・・・魔族であることを隠さないのね。

で、シャミ子と桃とミカン以外誰なんだお前は!?と思うこと間違いなしなご先祖も成績一覧でおおっぴらに発表するのね。

ご先祖が担任1人のご厚意でテストを受けられ、成績上位だと名前すら半ば学校から公認されたかのように出てくる、なんだかヤバイ学校だな・・・

大型の冷蔵庫が入らない、ドアが小さい古いボロアパートあるあるですね、一戸建てなら玄関も広いし、1階は窓も大きいでしょうかららくらく搬入できるんだけど、あの狭い部屋だと使えそうな大きさはいいとこ3ドアが限度じゃないかな。

なんで故障したのよりも大きい冷蔵庫を買ってしまったのさ。

サイズを測っておこうぜサイズを!

そんでもって、配送の人の背丈よりもさらに高さが高い冷蔵庫、国内有名メーカー製だと値段は20万はするんだけど・・・吉田家の経済力的にどうやって買ったんだろう。

そんでもって、サメゾンビVSサメ寿司ってどんな映画なんだろうね。

サメ寿司がサメゾンビと戦う・・・どうやってゾンビにダメージを与える気なんだ、食中毒かなんかか。

それでは第10話でもお会いしましょう!