この音とまれ!第12話感想:まだまだ武蔵たち時瀬高校は演奏しないよ!1クール目は来週もあるよ!




この音とまれ!第12話「ライバル」の感想です。

前回はいよいよ最初の目標である関東邦楽祭に出場した武蔵たち箏曲部の面々、なエピソード。

姫坂女学院のかずさや明陵の桜介もやってきてライバル宣言、とくに桜介は「後の学校の演奏をかすむものにする」と意気込みます。

今回トップバッターを務める明陵高校は桜介が他の部員を引っ張るその演奏で観客を惹きつけた、意気込みを有限実行したのでした。

それでは第12話を見ていきます!




第12話あらすじ

邦楽祭のトップバッターをつとめた明陵。桜介の演奏に圧倒される愛たち。
かずさたち姫坂、新たに出会ったライバル校、次々と素晴らしい演奏が続き、緊張をつのらせる妃呂。
一方、哲生と共に会場へ来ていた衣咲の口から、思いがけず滝浪の素性が明らかに…!?
そんなことは露知らず、順番が近付いてきた時瀬高校箏曲部は演奏の準備へと向かう。ところがそこでアクシデントが――

この音とまれ!アニメ公式サイトより~

多数のライバル高校が登場

前回より武蔵たち時瀬高校が関東邦楽祭に出場、今回はいよいよ時瀬高校が演奏の番になるのかと思いきや・・・まだまだ引っ張ります。

武蔵たちが明陵高校や姫坂女学院だけでなく今までのエピソードで登場しなかった個性派、もしくは表現派のライバル校の演奏を聞きつつ、顧問教師のとある過去が明らかになったり、最後の最後に武蔵たちの箏がハプニングに見舞われてかけてしまうエピソードでした。

演奏を終えて引き上げてきた明陵高校の面々。

桜介は金髪の女子部員こと朝乃に恋をしているようで、半ばふざけるかのようにキスを望んでからかっていたけれど、二人で手を絡めあっているとき、目の前に朝乃がよっちゃんと呼ぶ顧問が現れた、顧問と会話するさまを見てモヤモヤする桜介の姿があるのでした。

こういう描写で恋をしていない私のハートをえぐってくるのやめて、やめたげてよお!

しかし、ライバル校の人間関係の描写、これは本当にいるのか?

ライバル高校の方にうつりますと、まずは序盤で愛とちっこい男子部員がケンカした茨城県立永大附属高等学校の演奏。

曲は「さらし風手事」1952年に宮城道雄氏が作曲した楽曲で、出だしはどこかで聞いたことがありますね。

リードをする方(例のちっこい男子部員のほうね)があまりに喧嘩っ早い性格だからか、演奏するテンポも他の奏者が弾いている様子を撮った動画よりも速いものになってます。

これまた過去の回想、ちっさいためにからかわれていたけれど、祖母が創設した廃部寸前の箏曲部に入部した描写とともに箏の演奏が途切れているんですが、もうその演出はやめようよ・・・

音量小さくしていいから継続して再生し続けてほしいよ・・・

さとわがいう2人の気迫さに大きな差があるのはやはりちっこい高校生の攻撃的な性格と、相対して相方が温和な性格によるものだからかな。

出会ったばかりなのにいきなり回想シーン付きだったので、この学校も他の大会でまたご対面することになるはず。

姫坂女学院の演奏について衣咲からの評価

続いては姫坂女学院の演奏。

姫坂女学院は愛たち時瀬高校の演奏を見に来た衣咲から「退屈な演奏で思わず眠りこけてしまった」と評されていた、何気ない発言ですがここ重要なシーンですよ。

大会ベスト4に入った実力を持つ姫坂女学院の演奏を「退屈」と評していたんですから。

どうやら技術の面に特化してコーチの指導を受けているために、聞き手の感情を揺れ動かすような表現力にはいまいち至っていないのが姫坂女学院の演奏のようです。

今回初登場したコーチを見ると、ただただ他校よりも上位にいくことだけに執着していて、箏のもつ表現力の面にはあんまり関心を持っていないようでしたしね。

フィギュアスケートで言うなら女子で高難度の技、4回転トウループやトリプルアクセル、3連続3回転が飛べて技術点は他校を上回るんだけれども、演技における曲の解釈がいまいちで、それが得点に結びつかずに順位が思ったよりも上がらない結果に終わったような感じになっているといえましょう。

ということで、多少の演奏ミスがあっても、それをカバーするだけの表現力があれば姫坂女学院よりも優位に立てる・・・

確かに、二つの個性ってあんなに攻撃的に弾くものだっけ?とさえ思えますね。

そこが退屈に思えてしまうのかもね。

ただしこのトークを衣咲がしているのは観客席でのことなので、愛や武蔵本人たちは現状知る由もないんですけどね。

顧問の滝浪先生の隠されていた謎が明らかに

衣咲の姫坂女学院の評価から話題は変わり、今度は愛たちを指導する顧問の滝浪先生の話へ。

滝浪先生は衣咲の2学年上の先輩で父親は世界的指揮者、母親と姉は著名のピアニストとかいう音楽エリートの一家の出であることが分かりました。

だから合宿指導において裏拍の指導があのとき的確だったのか。

しかし、滝浪先生は音楽にさほど興味が無いために、音楽の才能を放棄した落ちこぼれとも天才とも目されていた、しかしながら実際は楽器を「演奏」することではなく楽曲を「作曲」することにおいての才能がピカイチで、ものごころがついていたときからオーケストラのスコアを書いていた人物なのでした。

なるほど、演奏する方ではなく、作曲の方か・・・だから多数の楽曲をひたすらに飽きるくらいまで聴いていたのね。

しかし、7歳の天才オーケストラ作曲家誕生!みたいに周りの大人達が騒ぎ立てていくうちに自分の存在が一人の少年ではなくお金として見られてしまい世の中が求める曲を作らないといけないと鎖で縛られるようになったために、自由を求めて作曲家としての道をきれいさっぱり捨てたのでした。

天性の才能はね、やっぱり大人たちはかつぎあげてもてはやそうとしてくるよね。

しかし小学校で九九を習う年齢な7歳の少年にとってはそれはとてつもなく酷なことなのですよ。

だから先生の両親は音楽をやるやらないを本人にまかせて奔放にさせたと、そういうことですね。

小さい頃から芸をみっちり仕込まれる歌舞伎あたりの伝統芸能とは違って何代目みたいな世襲みたいなものはないので、そのへんは自由がきいていましたね。

たしかに音楽家と言うとピアノやバイオリンあたりの楽器演奏が連想されがちですが、オーケストラなり歌謡曲なりJ-POPなりを作曲して多数の良曲を世に生み出すこともできますね。

あとは日本人特有の表拍のリズム感をいかにして壊してくれるかといったところですが、滝浪先生は自由に曲を追い求めたいと作曲家の道を自ら捨てたので、先生作曲のJ-POPを聴くことは叶うことはなく。

しかし先生は作曲できるということですから、今後の展開次第ではオリジナル曲を作曲してしまうのだろうか!?

気になる気になる珀音高校

今回名前が出てきた愛たち時瀬高校の次に演奏する珀音(はくと)高校もなかなか気になるメンツがいる高校でしたね。

とある男子生徒は会場近くの公園で空気の音を聞いていた、さらに、大会で他校が弾く音色を「大会の音はつまんない、みんな同じような音をしてる、決められている通りの音、そんな音に囲まれているのは苦痛だ」と評します。

ああ、私が最近のJ-POPがどれも同じようにしか聞こえず、逆に古めのユーロビートをガンガン聴いているのにも似たところがありますね。

なぜだかディスコ時代の曲は飽きないんですよね。

ちなみに男子生徒の中の人は蒼井翔太、この人は今期はキャロル&チューズデイといい音楽アニメで起用されてますね。

しかもどっちも一風変わったマイペースな価値観を持っている似たキャラクター性を持ってます。

出番が近づき、箏を運び入れるも・・・

初めて学校以外の演奏会で見知らぬ観客達の前で自分たちが演奏する、出番が近づいてきたことで緊張がMAXを通り越してしまった武蔵たち各部員。

箏を運び入れるも、その緊張からか不慮の事故により箏が倒れかかってきてしまった、倒れるのを阻止するためにさとわと愛が支えるも、愛の左手に大きな腫れができてしまうのでした。

なんだか最後の最後に不安要素がなんぼもポンポン出てきてしまいましたね。

まずは妃呂に襲われた極度の緊張という点。

妃呂もそうですが、三バカとか愛も演奏は初ですからね。

ここで失敗できないとプレッシャーになるのは致し方ないですね。

この緊張はちょっとやそっとのことで解けるわけではないので、大人数の前で演奏をする経験というか回数をこなしていくしかないです。

そして、倒れそうになった箏を守るために愛が体で支えた結果、左手を負傷してしまった点です。

右手ではなく左手なのがまだ救いか。

本番前になにかとハプニングはつきものですが、やはりハプニングに見舞われてしまいましたか。

おそらく来週が時瀬高校&珀音高校の本番ですが果たして愛は演奏できるのか!?

ライバルとして描写があった高校も2校から4校(1校は武蔵たちと直接対面したわけではないので実質3校だけど)に倍増えてしまいました。

それでは第13話、分割2クールの1クール目最終話でもお会いしましょう!