胡蝶綺~若き信長~第10話感想:織田家の家督争いついに決着、雨と涙の悲しい殺陣




胡蝶綺~若き信長~第10話「兄と弟」の感想です。

前回は織田信長を知る上で絶対に見るであろう大蛇伝説を絡めたエピソード。

信勝サイドは大蛇伝説をでっちあげて信長を池におびき寄せ、スキを見て信勝の家臣が暗殺をする筋書きを描いていました。

しかし、信長サイドは家臣同士の結束力が高く、さらに忍びの者である帰蝶が暗殺の気配を察知し、計画発動直前で信勝サイドの動きを止め、信長は難を逃れます。

一方で帰蝶は父親の斎藤道三を戦で亡くしたことにより、性別が男で子も産めるはずがなく、もともと斎藤道三は織田家に近づくための手段として政略結婚をしていたこともあり織田家に居場所がなくなっていたため、刀を残し夜の闇に乗じて姿を消したのでした。

信長暗殺に失敗した信勝サイドは、家臣の津々木蔵人が信長を消してさらに信勝は単なる傀儡(くぐつ、操り人形のことね)で、消せば俺が覇者になる、と一人息巻くのでした。

しかし、その津々木の姿を信勝は見ていた・・・

では第10話を見ていきます!




第10話あらすじ

帰蝶が織田家から姿を消してから数日後、信長の元を吉乃が訪れる。
吉乃の言葉に驚きうなだれる信長だった。
いっぽう末森城では、ここしばらく信勝に目通りがかなわなかった林秀貞や柴田勝家ら家臣一同が集められ、軍議が行われる。
津々木が講じた卑怯な策には賛同できないとする柴田。
しかし、その後信勝からある頼みごとをされ、軍を率いる役目を受けることとなった。

胡蝶綺~若き信長~アニメ公式サイトより~

信長と信勝の織田家家督争い、いよいよ決着

今回は信長と信勝の家督争いにいよいよ決着がつくエピソード。

信勝は夜な夜な夢に憎き信長が出てくる悪夢にうなされていました。

そのため、一人ふさぎ込みがちになってしまい家臣はお目通りがかなわず。

ただ一人、津々木蔵人だけがおそばについています。

津々木蔵人は信勝に打倒信長のための新たな策を提案しようとした、しかしその裏で津々木はすっかりでくのぼうとなっている信勝を自分の操り人形のように動かし、この俺こそが覇者となる野望がふつふつと燃えたぎっていました。

そんな津々木蔵人は信勝にとってのあたたかい闇といいます。

信長は先の蛇騒動で暗殺されていたかもしれない、だから信勝の末森城を支配下に置けという池田恒興や前田利家の発言をはなっから一掃。

しかしながら恒興の要望により信長の今で言うボディーガードと言うべき親衛隊の母衣衆(ほろしゅう)、メンバーや衣の色的に黒母衣衆と思しき隊が結成、さらに、帰蝶が生駒吉乃のもとへ訪れたとの知らせが本人よりなされました。

一旦はお引取り願ったものの、突然の知らせにうなだれる信長。

時を同じく?して末森城では津々木蔵人が提案した作戦に家臣たちは賛同しかねていた、その手口はおそらく池田恒興をさらい、信長たちをこれまた引き寄せたところで討つ内容なんですが卑怯者のやることだと罵る柴田勝家は怒り狂い手を引くことに。

しかし、そんな柴田勝家のもとへ信勝から直々に軍を率いることを命じられます。

池田恒興のもとへ早馬が文を届けに来た、その内容は母の養徳院が危篤になったというもの。

さっそく馬を走らせ養徳院のもとへ戻る池田恒興ですがこれはすべて信勝の側、とりわけ津々木蔵人が仕組んだ罠。

いよいよ信長討ち取ったり!と息巻く津々木に突如刀を向ける信勝。

信勝は津々木蔵人を鬼のような形相で睨みつけ追放。

そして親衛隊とともに急行した信長は信勝に誘われ廃寺へ。

信勝は秀勝を亡くした弔い合戦に来ず、父の信秀がなくなったときも葬儀には現れなかった信長を責め立てるも、その一方で信長の采配や人望の厚さには遥かにかなわないと負けを認める部分も。

そう、信勝は津々木を追放することを柴田秀家には話していたのです。

それは、信長との争いの決着を自分自身でつけるため。

兄弟で始まった殺陣にはそれぞれの思いが込められていた、それは日陰となった屋内で、雨も降り始めた、池田恒興は死んだとのたまい信長に武士としての本気を出させた上で。

この殺陣の結果、討たれたのは弟の方でした。

そう、討ちあいにおいて、信勝は刀を止めていたのです。

そして、信勝は自分だけを咎人(罪人)にして家臣は赦せという遺言を残し命を落とした、信長はその遺言の通り、信勝の家臣を赦し自らの家臣として迎え入れたのでした。

雨と涙が語る悲しき殺陣

そうか、信勝は信長から武士としての罰を欲していたのか。

だが、心お優しい信長は弟の信勝が謀反を企てても赦し、一度の過ちで命をおとしてはならない、己(おの)が望む生き方をしてほしいと願っていた、それは武士であると同時に家族として、兄としての願い。

それがかえって戦に生きる信勝に孤独を産み、津々木蔵人が付け入ってくるスキをつくっていました。

武士か家族、兄弟か、それぞれの向き合い方をこの殺陣に込めたんですね。

結果は信勝が求めていたとおり、信長により罰が与えられることになりました。

このとき、自身が負けている部分を認める部分があったり、目を覚ました信勝が蔵人を追放する準備をしたうえで自分だけが罪人になるよう信勝が信長に対してあえてとどめをささずに刀をギリギリのところで止め、死に際に言った自分だけを悪者にして家臣を赦せってのがやはり信長と血がつながった本来は心お優しい弟だってのを思い起こさせますね。

信長の優しさは弱みでもあり強みでもある・・・最期の遺言のシーンが非常に物哀しい。

最期に読み上げた文が、文が無事に届いていればこんな戦いにはならなかったのに・・・

そしてやはり信長と信勝はほんとうに固い兄弟愛でつながっていた、その言いつけの通り、信長は信勝の家臣を赦して自分の家臣に迎え入れたと言うんだもの。

一方で信勝は兄の誰にでも優しい点に弱さを見た上でこんな忠告もしていました。

それは、「武士を軽んじているお前は身近な者に討たれる」というもの。

実際に信長の最期を知っている私たちからしたら非常に意味深な言葉も弟の口から遺していきましたね。

ちなみに、家督闘いの今回の結末において、信勝が倒れたのは史実のとおりですが、そのいきさつは史実とはかなりかけ離れた本作オリジナルのフィクションエピソードとして仕上がりががなされていますので、史実にこだわっている方は今すぐ回れ右することをおすすめします。

(史実のとおりだと信勝は津々木蔵人を徴用しすぎていたために謀反を起こしそうだと柴田秀家は信長に密告、仮病を装い信勝を引き入れた信長が清洲城において信勝を討ち取っている)

ああ、なるほど、ずっと津々木蔵人は信勝の黒い面だけを浮き上がらせている人物なのか。

信長を倒し自分こそが織田家の本当の家督だという信勝と同じことを考えているのが津々木蔵人。

本当に信長を倒した後、混乱に乗じて信勝を倒して自分こそが尾張の覇者となる、それが蔵人の目論見。

戦国の世、味方を演じつつもいいところで自分が総取りをする、なかなかにどす黒い野郎もいるもんです。

結局帰蝶が織田家から離れた後同様、津々木蔵人がこの後どうなったのかは史実でも不明であるため、おそらく今作品でも描かれることはないでしょう。

いや、いい戦いを見せてくれました。

それでは第11話でもお会いしましょう!