胡蝶綺~若き信長~第7話感想:不自然になった信勝の反旗の翻し




胡蝶綺~若き信長~第7話「愛と死」の感想です。

前回は信長が弟の信勝に手紙を出したけれど返事もなく、信長が東から尾張を狙う今川義元を討つために援軍を要請したけど信勝は来ず、なかなか会えない信長と信勝の兄弟が信長と織田家本家の戦いにおいてようーーーやく会話がないながらも会えたエピソード。

実はすべて足止めしていたのは信勝の側にいる信勝と信長の実の母、土田御前がたくらんだこと。

しかし兄弟の絆は固く、戦いにおいて馬から絶対に降りない条件付きながらも会うことを許されたのでした。

それでは第7話を見ていきます!




第7話あらすじ

清洲城の戦いで信長の窮地を救った信勝。しかし、柴田勝家ら周囲の家臣たちや母・土田御前が信長に対する不信感を露わにしており、兄に手紙さえ出せない日々を送っていた。心を痛める信勝の影で、新参の家臣・津々木蔵人は兄弟を対立させようと暗躍する。あるとき、弟の秀孝が恒興と交流があることを知った信勝は、密かに信長への手紙を託すのだが……。

胡蝶綺~若き信長~アニメ公式サイト~

信長は生駒吉乃らと親交を結ぶ、一方で周囲は

今回は信長が生駒吉乃(いこまきつの)の屋敷に挨拶へと赴いた、その一方で斎藤家は家督をめぐり争いが起き、信長の弟、織田信勝は母の土田御前とお付きの武将の策略により信長を打倒する動きに出たエピソード。

第6話Cパートにて信長が助けた生駒吉乃の屋敷へと赴いた、生駒吉乃の屋敷は名門の武家商家で南蛮の商人が集い交流を深める場、ここで信長は異国の人間と交流し、信勝への返礼品も入手し満足した表情で帰途に付きます。

その返礼品を持ち信勝のもとへ使者として赴いた池田恒興と前田利家、大喜びの信勝は一度会食の場を設ける予定を立てるも、部下の都築がついつい言いすぎたことを言ってしまい退席した、しかしこれも実は信勝側からしたら計算していたことと見抜く池田恒興。

本当に計算づくでの発言だった都築、そして信長のこれまでの立ち振舞に強い異議を唱える信勝の部下たち。

そして、「信長が自由になればなるほどそなたは苦しくなる、なら、もっと楽におなりなさい」と信勝にあやしい雰囲気で近づいてきた津々木蔵人(つづきくらんど)、さらに、美濃でも家督を継いだ義龍に反対する兄弟が義龍追放に走り始める物騒なできごとが信長の周囲で勃発します。

しかも、重ねて生駒吉乃は堺の金持ちが結婚に名乗りを上げた、そんでもって、美濃の斎藤義龍は弟の孫四郎と喜平次を稲葉城にて殺害し道三は大桑に逃走する事態も発生。

織田信長と斎藤家の関係が断裂寸前にまで悪化、それを機に信勝と信長を対立させようと画策する信勝の部下たち。

信勝は信長への文を秀隆にたくすも、その後突如として性格を豹変させます。

秀隆はお付きのものとともに馬を降り羽化したホタルを追い狩場に入ったところを何者かにより弓に射られて命を落としてしまった、その弓を射ったのは織田信次の家臣だと言います。

その夜、信勝は部下の意見を代表した津々木蔵人にほのめかされて反旗を翻し秀孝を射った信次を討つために兵を挙げた、加勢を求め信長のもとにも末森城より書簡が来たが、道三の言いつけを守り大義なき戦いには参加せずと兵を挙げるまでには至らず。

しかし、それがかえって信勝の不信を買うことになってしまった、さらに追い打ちをかけるように部下にそそのかされ、信勝は打倒信長に走ることになるのでした。

信勝の不自然な反旗の翻し方

ちょっとまった、えらい強引な舵取りをしてきたな、さっきまで兄の信長のことをものすごく心配していて、一度食事の場まで設けようとしていた信勝がラストに突如としておのれ信長、兄弟の絆などいらぬと言い始めたぞ、なんの前置きや説明もなしに。

一応部下たちにそそのかされたってな大義名分はあるにはあるか。

これも信長の性格が誰のことも信用し気にかける優しい人物像に改変された影響だろう。

シナリオの容量を省略したためにずっと言葉ルートを進んでいたにもかかわらず前兆なしに突如として世界を求め始めた原作版School daysの伊藤誠かな?

あなた前回今川義元を討つ信長から援軍を求められたとき、土田御前に止められて行かなかったじゃない。

そのとき信長は信勝を討とうとしたか?してないだろ?

改変した性格と設定をむりやり史実につなげてきたもんだから信勝の性格のあまりの豹変っぷりがかえって不自然になっちゃいましたよ。

なにがあったよ信勝よお。

※史実だともともと兄弟の仲はそれほど良くなかったんですが、わりと良好な関係を保てているように設定が改変されているために不自然になってしまいました。

わかった、信勝、誰かに文を託さずに、あなたが直接文を届け話をつければよかったんだ。

たしか信長の住む那古野城だったか清洲城だったかと信勝の住む末森城はどこも名古屋の周りだし大した距離がなかったはずだよ?

馬飛ばせばすぐに着くんじゃないのかな?

話つけに行くのが先決ではないのか??

でもこれも本当のことを言ってしまうと部下や母親になりませぬと止められてしまうのが結末になってしまうか。

だったら嘘の理由をついてまで自ら届けに行くしかなかったな。

なんだろう、信長の性格改変を史実と合わせようにも、どこかでほころびができてしまう、どうにも史実とちぐはぐになってきちゃいましたね・・・

強引にずらして強引に合わせてきたな。

いよいよ信長と信勝が兄弟での争いをする時が来てしまいました。

それでは第8話でもお会いしましょう!