胡蝶綺~若き信長~第5話感想:織田信長と斎藤道三の会見、まずは着物の柄で挑発ジャブ




胡蝶綺~若き信長~第5話「会見」の感想です。

前回は信秀の右腕として息子信長に使えてきた平手政秀が南蛮から購入した大量の種子島と引き換えに病によりこの世を去ったエピソードでした。

世の移り変わりとともに前時代の象徴だった人間が命を落とす、まさにいま行われている平成と令和の過渡期を見ているかのよう。

そしてこの世の移り変わりこそが信長の時代の幕開けともなるか。

それでは第5話も見ていきます!




第5話あらすじ

信長の妻・帰蝶はかつては実父・斎藤道三に忍の村に里子に出され、忍びとして父のために働いてきた。信長の命を狙うために織田家に嫁いできたが、今では信長の元で新たな生きがいを得て暮らしている。その帰蝶の父である道三より、信長に会見の申し込みが舞い込んだ。道三の嫡男・義龍は、父が信長を取り立てることを恐れて策略を巡らせるが……。

胡蝶綺~若き信長~アニメ公式サイトより~

織田信長と斎藤道三の会見

今回は織田信長が帰蝶の父、斎藤道三と会見をするエピソード。

織田信長を題材にしたドラマでは必ずと行っていいほど描かれる重要なシーン。

帰蝶に戦略的に嫁がせだ尾張の織田信長は南蛮びいきの大うつけであると道三の家臣からももっぱらの噂になっていて、どれほどの男なのかを実際に道三は確かめることにした、会見の場として選んだのは正徳寺なるお寺。

さて会見の日、町外れのボロ小屋からこっそり道三は信長の隊列を覗き見するんですが、このときの信長の格好は赤い袴を半身だけ着たまさに大うつけと呼ばれても致し方ない格好でした。

しかし実際の会見の場に赴いた信長はさっきとは全く違い、髪を結い上げ長袴を着て小刀も携帯する正装へと装いを変えていました。

その姿に驚愕した道三と義龍。

信長は義龍により寺の周りを包囲されていたり、カエルの肉を食わされたり、同行した帰蝶の着物の柄が孔雀、孔雀とは毒蛇=マムシを食う鳥、これが道三の呼び名であるマムシと見事に一致していることから難癖をつけられたりする理不尽な展開になるも、これを信長は一休さん並みのとんちをきかせた発言で難なく鎮めることに成功。

さらに、強大な力をつけた誰かが平定すればいつかこの戦の世は終わるとする、それを俺がやってみせると目で訴えかけてきた信長の発言に苛立った義龍は合図を送り信長を殺すために弓を射たせようとするも雰囲気が変わったことに気づいた帰蝶が舞を踊り盾となったことでこれを回避、さらには途中に大雨で川が増水して迂回を余儀なくされていた前田利家の騎馬隊の軍勢もギリギリ間に合い最悪の事態を免れます。

斎藤道三と織田信長は手を結び、互いの和平の約束をし、信長の一行が帰るのを見送ったのでした。

「いつか織田信長にひれ伏す時が来るだろう」の言葉とともに。

史実に沿った会見の流れ

ということでわりと「信長公記」に記載されている史実に沿った斎藤道三と織田信長の会見の流れでしたね。

そこにほんの少しだけのBL要素を盛り込んできた感じ。

実際は道三と信長はどんなことを話したのかは分かりかねますが、まあそのへんはいかにそれっぽく作れるか脚本家の腕の見せどころになりましょうか。

それにしてもオーソドックスな大河大河な展開ながらもなぜこれほどまでに面白いんだ、やはり義龍からの理不尽なおもてなしに信長がどう機転を利かせて乗り切るかを描いてくれたからかな。

・「珍味ですが格別に美味しいものを用意させました(カエルの肉)」

⇒初手から育ちがいいやつは絶対に食べたことがないであろうカエルの肉で嫌がらせを仕掛けてくるもうまそうに食べることで回避

・帰蝶が孔雀の柄の衣を着ている、孔雀は毒蛇を食らう鳥、もしや道三(マムシ)を侮辱するおつもりか

⇒孔雀も頭を垂れている、これは道三すら天敵の孔雀を手懐ける偉大なお方だと敬意を示している

いやはやこう改変されるとこの先も史実をどう料理してくるのか見たくなってきますね。

ちなみに会見の場に選ばれた正徳寺なるお寺、その後何度か移転して現在は名古屋市にあるようです。

所在地:名古屋市天白区八事山552

それでは第6話でもお会いしましょう!