鬼滅の刃第23話感想:禰豆子は柱の挑発に耐えられるのか!?




鬼滅の刃第23話「柱合会議」の感想です。

前回は柱に捕まった炭治郎と禰豆子が裁判にかけられてしまったエピソード。

人を喰らう存在である鬼は討つべき存在だ、人間と一緒に行動しているなど到底ありえない、隊律違反で即殺せ、柱の1人、炭治郎を鬼殺隊の育手、鱗滝さんに紹介した男、冨岡さん以外の柱はみなそろってこう主張します。

禰豆子の活動自体は当代当主のお館様には認められているんですがそれでも主張は変わらず、鱗滝さんからの書状で、もしものときには炭治郎、鱗滝、冨岡の切腹を持って詫びるとあってもやはり主張は変わらず。

証拠として、鬼としての本性を見せないことを示させられる禰豆子は桐の箱から乱暴に出されました。

柱が揃いも揃ってキワモノ揃いで少々萎えましたがそれでは第23話を見ていきます!




第23話あらすじ

鬼殺隊の当主・産屋敷が、ついに炭治郎の前に現れた。

彼は、炭治郎と禰豆子の入隊を容認するという。
だが、柱たちはその判断をすぐには飲み込めなかった。
風柱の不死川実弥は自らの腕を傷つけ、禰豆子の前に血を晒して、鬼の本性を引き出そうとする。

鬼滅の刃アニメ公式サイトより~

不死川実弥による挑発で禰豆子は鬼の本性を出してしまうのか!?

今回は柱に捕まった炭治郎と禰豆子の裁判で、本当に禰豆子は人を食わない鬼なのか、試練が行われるエピソード。

禰豆子は炭治郎が鬼殺隊に入隊するにあたりともに行動できるよう鱗滝から人間の血を見ても襲わない、殺さない洗脳をかけられているわけですが、果たして本当に襲わないのか、その証明を柱の前でなされることになりました。

まさに禰豆子はいま、自分自身に対する試練を課せられています。

柱の1人、不死川実弥に何箇所か桐の箱ごと刺され、腕から滴り落ちる血も見せられ、さらには言葉による挑発も受けられている禰豆子は今にも鬼としての本性を見せてもおかしくない、言葉にできない顔で睨むもそっぽを向いて目をつぶり血を見ないようにしていた。

兄、母、父、弟たち・・・いつも竈門家の温かい家族に囲まれていたからこそできる意識的な顔のそっぽ向け・・・

そのかわり、竹をかんでいる口からはよだれがじょばじょばでていた・・・

紙一重のところで禰豆子は打ち勝ちました。

そう、禰豆子はいまここで、人を襲わないことの証明がなされました。

お館様や他の柱から認められた炭治郎と禰豆子は鬼殺隊として活動することを許可され、自分の発言の説得力を高めるべく、まずは任務の数をこなし実力をつけ、十二鬼月を1人倒すことを命じられました。

炭治郎はその後、傷の療養へ

その後、炭治郎と禰豆子は傷と骨折を治すために半ば強引に胡蝶しのぶの療養所に連れて行かれることに。

その療養所は蝶屋敷と呼ばれる、多数の蝶が飛ぶ非常に綺麗な場所。

そしてそのお屋敷には、最終選別で炭治郎とともに生き残った女隊士のカナヲがいました。

カナヲは才能を認められて胡蝶しのぶの継子になった人物だといいます。

さらに、蝶屋敷の中には善逸も療養していた、しかし、先の戦いで毒を受けて蜘蛛になりかけてしまったために少し縮んでしまっていました。

伊之助も隣で寝ていたけれど村田さんの姿は見えないという善逸。

おそらく村田さんは死亡したと思われます。

善逸と伊之助が改めて生きていることを確認できた炭治郎は禰豆子だけでなく冨岡さんや鱗滝さんにお礼を言い、さらに強くなることを決意したのでした。

一方で柱たちが一箇所に集まった本来の目的であった柱合会議も始まっていて、増える鬼の被害に対し、那田蜘蛛山での一件により隊士の質が落ちていることを嘆く柱。

ただ、炭治郎の評判はそれなりに悪くはない様子。

あくまでもそれなりに程度ですが。

早かった禰豆子の試練の描写

あら、禰豆子の試練とも言えるシーン、Aパートで終わっちゃった!

もっとじっくりやってくれると思ったのに。

まあ今回のサブタイトルは柱合会議だから早く終わるのも致し方ないか。

柱合会議とは定期的に行われる柱全員とお館様による会議。

でも柱合会議はラストの方で数分間だけ。

しかも何も結論は出ず!!

本来であれば問題解決の「手段」であるはずの会議をするのが「目的」となっている典型的な日本の企業の会議をそのまま映しております。

隊士は使えないと言うけれど、柱の会議もとくになにも結論が出ていない当たり、鬼殺隊は上から下までどっこいどっこいな気がするんですが・・・

それでも柱だからと参加しないといけないと言うこの会議。

疲れますね。

それにしても、禰豆子はえらかった!

あの挑発に打ち勝ち、血を欲していても無理やり押さえつけたと言うんだから。

確かに鱗滝からの暗示もそうなんですが、やはり竈門家の家庭の温かみを受けてきた、その育ちの良さのほうが勝っていましたね。

そんでもってわかったのは、禰豆子と胡蝶しのぶとカナヲは美少女だってことでしたね。

恋柱の子は今回は評価の対象にはならなかったのでパスいたします。

今知った、柱の男の約半分、炎炎ノ消防隊にも出ているじゃないか!

どおりで杉田と花澤以外、やけに聞き覚えがある声ばかりすると思っていたらそういうことだったんですね。

それでは第24話でもお会いしましょう!