鬼滅の刃第22話感想:まともな柱が誰一人いなくて激萎え




鬼滅の刃第22話「お館様」の感想です。

前回は十二鬼月の累との戦いを終えた炭治郎が鬼の禰豆子をかばっていたことで禰豆子もろとも拘束され本部に送られてしまったエピソード。

さらに、柱の冨岡義勇も鬼の禰豆子を同じくかばう言動を見せたために別の柱から厳罰を求められてしまいました。

それでは第22話を見ていきます!




第22話あらすじ

戦いを終えた炭治郎は、禰豆子とともに鬼殺隊本部へ連行される。
そこでは鬼殺隊の当主・産屋敷と最強の剣士・柱たちによる「柱合会議」が行われることになっていた。
鬼を庇うという鬼殺隊にあるまじき隊律違反をした炭治郎を、柱たちは糾弾する。
そして風柱・不死川実弥は、禰豆子に刀を向けた――。

鬼滅の刃アニメ公式サイトより~

鬼を連れている竈門炭治郎、柱の裁判を受ける

今回は常に鬼の妹、禰豆子を連れて鬼の討伐をしている鬼殺隊士の炭治郎が最高階級の柱から隊律違反の裁判を受けることになったエピソード。

柱は冨岡義勇、胡蝶しのぶを含めると9人、それぞれが個性的な性格付けの人物ですが、隊律には非常に厳しく冨岡以外はみな鬼&炭治郎は殺すべきであるとの意見で統一。

禰豆子は人を喰ったことはないしこれからも食わないと必死に弁明をする炭治郎の前に鬼殺隊の当主であるお館様が登場。

炭治郎が鬼の禰豆子を連れていることについては炭治郎が鬼殺隊に入隊したときにはお館様はすでに知っていて容認していたことでしたが、柱の面々の反対意見についてはとくに否定も肯定もせず。

さらに、元柱の鱗滝左近次からの手紙を一部抜粋する形で読み上げる白髪。

「もし禰豆子が人を襲うようになったならば鱗滝左近次、竈門炭治郎、冨岡義勇の3人が切腹してお詫びを申し上げる」

しかしお館様の発言にも受け入れる素振りを全く見せないきわめて正義感と我が強い柱たち。

鬼の醜さを証明するために柱の一人、実弥(さねみ)は桐の箱に入った禰豆子に自らの血を差し出し、さらに箱に刀をぶっ刺して鬼本来の本性を出そうとするのでした。

あれ、もしかしなくてもこんなところで終わり!?

もうちょっと恋柱の発言をカットしていいから展開を高速にして禰豆子がどんな動きを見せるのか、一気に結論までやってしまっても良かったのに。

想像できる結末なんてたったの1つしかないんだから。

あんまり好きではない柱の面々

それにしてもおいおい、冨岡義勇と胡蝶しのぶを除いた柱の中で初手からまともな人間が誰ひとりいないのでものすごく萎えるんですが!

しかも最低階級である癸の竈門炭治郎ですら何度か遭遇している鬼舞辻無惨に柱は誰ひとり遭遇した人物がいないとかあなたがた無能ですか??

なんでこうまっすぐにシュッと建っている柱がいないんだ、みなどこかがおもしろおかしく変形しているんだ。

多分完全実力主義を採用していて、鬼を倒す強ささえある者であれば人格が多少破綻していてもそこは目をつぶってもらえるんでしょうね。

マンガ的表現としてどこか変に頭のネジが抜けたような変わった人物に色付けしておけば同じように頭のネジが抜け落ちている10代読者でも親しみやすくなるだろうとの判断でこんな人物ばかりをぞろぞろ揃えたんでしょうが、こんな変な奴らが柱に固まってるとか鬼殺隊の印象が悪くなるよ。

少数派でいいんだよそんな奇人変人なんてのは、しかも奇人変人すぎて考えが両極端になってしまう、大事な裁判にも関わらず柱同士でわちゃちゃしちゃうでしょ!

さらに、性格的にあまりにも浮世離れしすぎていて大正時代の名高い剣士とも思えない、大正時代が舞台なのに平成のギャグ漫画要素が混じってしまってあんまり好きではないですねこのメンツの揃え方は。

剣士ったらこんな基地外揃いでなく、もっと大和魂を持った人物ばかりじゃなかったっけ!?

この時代は日本が大日本帝国だった頃、軍隊もあって徴兵制度もあったしさ。

あんまり性格付けが安易すぎてそんなに納得行かない展開でしたね。

それでは第23話でもお会いしましょう!