神田川JET GIRLS第1話感想:女の子だけが登場する作品は苦手だったことが明らかに(1話切り)




神田川JET GIRLS第1話「神田川が呼んでいる」の感想です。

大変申し訳ありませんが当ブログでは1話切りといたします。

今作品はゲーム、アニメ、スマホアプリとメディアミックスを行っているオリジナル。

東京にある実在の川、神田川を舞台に、主人公が田舎の島から転校して架空のスポーツであるジェットレースに参加して成長をしていく姿を描く作品。

長崎の島から船と飛行機で上京した主人公の波黃凛(名前が「凛」のキャラが異世界チート魔術師に引き続き登場)は浅草の街や人の多さに圧倒されていく、そんななか、凛は浅草の裏路地において荷物を置き引きにあってしまうんですが、助けてくれたのがたびたび登場してきた黒髪ロングのJK、蒼井ミサでした。

同じ寮に住むことになった凛とミサは同じ部屋で過ごすことになった、凛はグイグイ近づいてくるもミサはあんまり受け入れてはくれません。

理由はジェットレースにあるんだと思います。

さらに、ライバルとして他校、武蔵野女学館のお嬢様たちがけんかを売ってきた、川の使用権をかけ、凛たちと武蔵野女学館のお嬢様がジェットレースで対決をすることに。

元ジェットレーサーだけどいまは亡くなっている母親の影響もあって凛も少しはジェットバイクを操れるといいます。

そして、今回のレースこそが、何らかの理由でジェットレースを辞めていたミサがレースに復帰する初のレースでもあるのでした。

ジェットレースなる架空のスポーツ要素はなかなか楽しみではあるんですが、それでも私には合わない!

なんで合わないのか考えてみたところ、どうも、女の子だけが作品内に登場する作品は一部(最近だとまちカドまぞく)を除き、私の体質的に絶対的に合わないってことが分かりました。

いずれも1話~3話で視聴を打ち切った「8月のシンデレラナイン」と「グランベルム」と「ソラとウミのアイダ」と同じ香りがするよお・・・

もう精神年齢が幼稚なオタクのために、いろんなタイプの女の子をあてがってエロで大安売りする作品は必要ないんだよ・・・

どうも、最近のオタクのトレンドなのか、日常ものでもなんでも、女の子がワイワイ出てくると安易に1組2組全く必要がない百合要素に持っていこうとする連中がいるようで、この作品でも百合のニオイをほのかに感じられました。

百合と・・・あと安易なパンチラと前を行く敵の女の子の×ンコにシュート(多分水鉄砲だと思うけど)を当てるエロはいらないんだよ、スポーツものに!

これだったらまだトライナイツを見ていたほうがいいわ・・・

ラグビーに見えない描写だけど一応はラグビーやってるしね。

そして、世間知らずアピールなのか、都会に上京したり、集合場所に集まるところだったりする少女のカバンが誰かによって置き引きにあう、そんな始まり方をつい最近何作品も見てきてるんですが(直近だとキャロル&チューズデイと彼方のアストラ)、もっとべつな始まり方を考えなさいよ・・・

どうも、素人がありがちな、一枚の画に何でもかんでも映したいとごちゃごちゃ詰め込んだら、なにを撮っているのか主題がわからないような写真と一緒で、美少女、スポーツ、あとはエロとごちゃごちゃ詰め込んでいったらよくわからない作品に仕上がっていった数多のアニオリやスマホゲー原作の作品と一緒なニオイがプンプンします。

スポーツ描写で見させる気はなさそうなので、もうこうなったら開き直ってバカでエロな方向に極端に振っていけばまだ視聴離脱者は少なくなるかもね。

バカな男たちよ、足元見られてんぞ!