星合の空第1話感想:弱小テニス部に月1万で入部する眞己、ラストにパパン登場、えっ!?




星合の空第1話の感想です。

アニメ一覧を拝見したときにこれもまた気になったアニメオリジナルという作品。

さっそく第1話を見ていきます!




第1話あらすじ

志城南中に転校してきたシングルペアレントの少年・桂木眞己は、
幼馴染だった新城柊真と再会をする。
働く母に代わって家事全般をこなす眞己。
そんな眞己とは違い、男子ソフトテニス部で部長をしている柊真は、
最近退部者が出たせいで7人だけになってしまった弱小チームを、
なんとか立て直そうと奮闘していた。
しかし、夏の大会で最低一勝しないと廃部になることが決定してしまい…。
一縷の望みをかけ、柊真は眞己を部活に誘う。

星合の空アニメ公式サイトより~

単なるオーソドックスな青春部活ものかと思いきや・・・

今回は母親とともに引っ越してきた主人公の1人、桂木眞己が弱小男子ソフトテニス部に入部することになったエピソード。

マドンナに告白できないと弱小テニス部は嫌だと拓人が部活をやめていった、しかも、新しい生徒会長により部費の割当を実力主義、つまりは活動実績に応じて増減させる方式に改革が進められ、男子ソフトテニス部は実績を出さなければ廃部の危機に。

今後も試合では勝てそうにないことを必死で言い訳をするテニス部の面々。

一方で仕事で忙しいママンにかわって家事全般をする眞己が引っ越しとともに転校してきた、その学校には幼なじみでソフトテニス部キャプテンの柊真がいた、柊真は新人部員をスカウトしようとするが、なかなか見つかりません。

そこで幼なじみの眞己に声をかけた柊真、しかし眞己はなかなか首を縦に振ろうとはしません。

さらに、柊真の母親は柊真と2人きりでいると頭がおかしくなってどうにかしてしまいそうな雰囲気を醸し出しています。

その日の帰り道、眞己の道を塞ぐ柊真は執拗にソフトテニス部に入部させようとしてきた、その執着っぷりは、ユニフォームとラケットを用意し、金銭を求める眞己に月1万円+インセンティブを出してしまうほど。

こうして晴れて?眞己はソフトテニス部に入部することになったのでした。

しかし、眞己のもとに幼い頃に離婚をした父親がやってきた、土足で上がり込む父親は眞己を殴りつけ、目ざとく隠している金を見つけ出し奪っていくのでした。

男子ソフト部の行く末やいかに

今回金で買収される形で眞己が入部してきたんですが・・・もう男子ソフトテニス部も女子ソフトテニス部と同じ女の顧問の先生がやればいいんじゃないかな。

顧問が違うだけで弱小と全国制覇とこうもまあ極端に実力が違いすぎるんですよね。

そしてツイッターではよく聞こえる無能の年寄が高い給料を得ている年功序列は古い慣習、実力主義こそ本当に自分の実力が出せ、労働の対価もそれ相応のものが得られるってところにもメスが入り、実績を出せない負け犬部は活動費が減らされることになりました。

出た、みんな大好き実力主義、イキってるやつほど実は高い給料をもらえる実力がまったくないことがまるはだかになってしまう実力主義です。

口酸っぱく言ってますが実力主義はダメだ、ただでさえ安い給料が半減しちゃいます。

クズ大集結

な、なんじゃこりゃ!

なんだこの第1話から胸糞の悪い展開。

ごく普通のテニスものかと思いきや、一癖も二癖も三癖までありましたね。

部費が実力に見合った金額へと割振りが変更されることになり、弱小テニス部の活動部が減らされるどころか廃部寸前になってしまったために結果を出すためになんとキャプテンから月1万円の報酬で眞己がソフトテニス部に入ることになったまではまあよくある部活ものの導入部なんですが、その眞己の家族関係には闇があり、いまは片親でマンションに最近引っ越してきた、そこにどう見てもギャンブル狂で離婚した父親がときどき金をたかりにきては眞己に暴力を振るい、へそくりの隠し場所を目ざとく見つけられそのままパクっていくなんていう、エンドカードの来週もお楽しみに!が尋常じゃないくらい楽しめない展開になっているんですが・・・

これ視聴順間違えたな、木曜深夜のアニメ、放映順だと一番最後が当作品なんですが、真っ先に感想を書けばよかったね。

青春の1ページである部活を単なる金の関係にしてしまう、ゆえに金の切れ目が縁の切れ目になってしまう誘いかけをしたクズの柊真が現れたと思ったら、柊真の母親も難あり、おそらく柊真は事あるごとに金銭、もしくは物品で関係を作っているような間柄。

さらに、最後にはガチクズが現れて、初手でフローリングの床だってんのに土足でズカズカ部屋に上がっていきましたよ。

とはいっても家の経済状況を見るにギリギリなんだろうけどボロアパートってわけではない、ごく普通のキレイなマンションにいるのでわりと裕福そう、離婚前からオトンは一銭も金を落とさずに酒とギャンブルと暴力に溺れていて、二級建築士のオカンが主に生活費を稼いでいたようですね。

しかし、ドアののぞき穴をふさぐような野郎がきたのに不用意にドアを開けてしまうとは・・・

まああのタイプの野郎の場合、開けなかったとしたら窓の向こう、室内の明るさを見て、照明で明るくなっている=人がいるとわかったらドアを何度も大きな音を立てて叩き、大声で周囲に聞こえるように叫びだすのがもう目に見えてるんですけどね。

私の妹も彼氏と別れるときにひと悶着あって家の前に来られたことがありますから、しかも夜中に。

あのタイプのマンションの場合、ドアなんて音が響くタイプのものでしょうから隣近所の人が出てくるでしょうし。

かなり好みが分かれますね、周囲にあの野郎のような父親をもっている人物がいるような合わない人はとことん合わない、まあ主人公の親が片親の時点でものすごく嫌な予感はしてましたが。

あんたさ、闇深そうだよねと見破る女子生徒に真髄を見ました。

それでは第2話でもお会いしましょう!