厨病激発ボーイ第1話感想:面白くはないけれどつまらなくはない独特の作風(1話限り?)




厨病激発ボーイ第1話「そうさ 俺は目覚めてしまった」の感想です。

原案はニコニコ動画でボカロPとして活動している敏腕プロデューサーを名乗る「れるりり」氏が鏡音レンを使用して制作した同名の楽曲。

2015年1月2日に投稿され、翌年に100万再生を達成した、ボーカロイド楽曲で伝説入りをしている曲の1つでもあります。

・・・ニコニコ動画でもYoutubeでもボーカロイドの楽曲をあんまり見ていない私はいま初めてこの楽曲を知った次第です。

それでは第1話を見ていきます!




主人公は聖瑞姫(女の子の方)だった

今回はわけあって中途半端なタイミングで高校を転校してきた主人公の聖瑞姫が、平穏な高校生活を送りたいんだけれども実際は隣の席にいる厨二病をやたらこじらせた男子生徒と知り合い、さらに、クラス委員長の助言を受け、言われたところい行ってみるとそこはヒーロー部の部室で、同じように厨二病をこじらせまくった男子生徒たちと関わることになっていってしまうエピソード。

その男子生徒は聖瑞姫のことをさっそくピンクと呼んできた、他にもクラスメイトをブラックだったりレッドと呼んだりと特撮から強い影響を受けていた、さらに、友達100人計画を立ち上げて紙の裏側にピンクの友達を募集するメッセージを勝手に書いた紙飛行機を屋上から大量に校庭にばらまいたり、ソシャゲで女の子をお世話していたり、強風で倒れてきたバスケのゴールを蹴飛ばしたら足を強く痛めたり、自分のことをイケメンと評したりと巧みな話術と映像で畳み掛けていきます。

そんなヒーロー部の暴走と妄想に吐き気をもよおしつつ、ただただ突っ込むしかない聖瑞姫だったのでした。

主人公はソッチか、痛々しい男子生徒のほうかと思いきや、実際は女の子のほうか。

なんだろう、不思議な味付けだ・・・

このタイプの作品が一番1話切りすればいいか視聴継続すればいいか悩みますね。

これといって面白くはないんだけど、まあ特につまらないわけではないし、不快ってわけでもない、まあ学年に1人はなんか重要なことを間違えているこういうタイプの男子生徒いるよねっていう、ものすごーーく独特な作風なんですよ。

以前放映されたけれど誰が高評価を与えているのかわからない、絶賛大不評だった「バーチャルさんが見ている」のノリに近いものがありますね。

バーチャルさんが見ているみたいな雰囲気で、大まじめにアニメ作品として仕上げたらこうなりましたよってな作品といったところ。

話はアレでも、画はちゃんとしてるんだよなあ~

じゃあ第2話を見ますか?というと、おそらく優先順位は明らかに低い、時間と私の眠気的にわりと余裕があれば見るかなー程度のものでしかないです。

そもそも金曜深夜はアニメ激戦区、10月から始まるのが2期目3期目を含めると9作品もありますから。