フルーツバスケット第20話感想:羊にとりつかれたヘリクツ少年の燈路登場、慊人は悪人!?




フルーツバスケット第20話「何マジで拾ってんのさ」の感想です。

前回はやたらネガティブ思考な我妻善逸くんこと草摩利津が登場。

利津はあまりに低姿勢ではあるもののネガティブ思考なために男でいることや生きていることにすら謝っていて、普段は振り袖を着る女装をしている人物。

そして、あの草摩旅館の女将さんの息子。

透のもとにきたことで、これからは堂々と生きようと思うようになるのでした。




第20話あらすじ

透はバイトへ向かう途中にひとりの少年と出会う。草摩家のひとり、草摩燈路だ。しかし、燈路は可愛らしい外見とは裏腹に屁理屈をまくし立てて透を困らせる。更には、わざわざ会いに来たから食事でも奢ってくれと要求。透は所持金が少ないと言うも、財布を見せてと強引にカバンを取り上げられて手帳を奪われてしまう。

フルーツバスケットアニメ公式サイトより~

ヘリクツ少年、草摩燈路初登場

今回は初手からグーパンチを顔面にお見舞いしたいやたらヘリクツばかりをこねくり回す少年の燈路が登場したエピソード。

その少年はバイトに向かう道を歩いていた透の前で靴を落とした、拾ってほしいという少年に対し、透は靴を拾うと初手からヘリクツをこねて手帳を奪い去っていきます。

しかし、そんな燈路も恋をしている杞紗の前では目一方弱くツンデレ発言をしていた、いずれにせよ、早い話がやってることは違えど、誰の前でも素直になれない人物。

なぜに透の前では初手からつっけんどんだったのかもやはり燈路は杞紗に恋をしている、でも杞紗は透の家にお泊まりに行ってるのがクソ気に入らないからで説明が付きました。

透の家に向かった透、杞紗、燈路の3人はどこかに遊びたいというので公園に連れていくことに。

公園にはクレープ屋さんがあり、燈路はチョコのクレープを頼んだけれど、杞紗はいちごにしたけれど、好きなメニューが多すぎるのか今日はこれだ!と思えるようなものをビシッと選べない、から自分のと半分こしようともちかけた、自分が言いたかったことを言ってしまえる透を見て自分ではよーくわかってるんだけどヘリクツに走ってしまう自分の幼稚さを改めて認識し、これからは素直になることをかたく誓うのでした。

ちなみに、なぜにここまでヘリクツ少年になってしまったかというと、燈路は慊人に杞紗が好きだと話したところ、慊人は杞紗に全治2週間のケガを負わせた、入院している杞紗に何も言えなかったから。

その後燈路は杞紗を避けてしまったが、その間に杞紗はいじめにあい、ふさぎ込んでいる間に自分が近づけなかった領域にやすやすとと入り込んだやつがいる、それが透なのです。

透はすごいぞー、ひと目で相手の人となりを正確に把握して相手が欲しがっている言葉を素直にかけてくれる子なんだから。

この人に反発したら死ぬと思えよ、バックには死んじゃったけど元ヤンのママンもいるしさ。

いるいる、こういうヘリクツ吐き。

というか今回の場合は正しくはもともとの性格に加え、恋のライバルが出てきたもんだからどうにかして勝ちたいと虚勢を張る嫌がらせと言ったほうがいいか。

その1つがヘリクツを吐いてくるってことですね。

実際は恋かどうかは関係ないんですが、ライバルが出てくると、自分が勝てなそうな相手だった場合、返答に困らせる質問をしてきたり、絶対にライバルが参加できない会をセッティングしてどうにかして囲い込もうとと嫌がらせしてくる人がたまにいるのよ。

これがまだ小6だったら許せなくもないけど、20代とか30代の男にやられるとたまったもんじゃないぞ。

まあやられた側からしてみたら華麗にスルーするしかないんだけどさ。

一見ガチガチにプロテクトされた正論に見えるんだけども、実はよく聞くと大穴だらけの理論だったりね。

そういえばむしろ今の10代の子で、絶対に勝てそうにない相手に攻撃的になる子っているのかしら?

塾の先生をやってるおばあちゃんが言うには、先生や親に楯突く子ならいるとかいう話でしたが。

で、こういうヘリクツ吐きに限って俺の給料は安すぎる、正当な評価を受けていないと会社に対する文句を言うんですが、どっからその自信が来るんだろうな。

実際はヘリクツや文句をいうだけ言ってる人ほど自分ひとりじゃなにもできない、助けを呼びたくても今度はプライドが邪魔をして助けを呼べない、だから文句をえんえんと言ってれば周りが自分の望んだ動きをしてくれると思っている、要は甘えているわけですよ。

どこかに遊びに連れてってよ→どこに行きますか?→自分で決められないの?大人だったら口を揃えてこう言うでしょう、誘い出した「お前が決めるんだよ」、とかすんごい理論だよね、お前が決めろよ、言い出したお前だよ。

よかったよ、いきなり燈路登場でなくて。

アバンとBパートの最初のモゲ太パートの存在が幾分燈路から受けるストレスを和らげてくれています。

モゲ太はこんな使い方もあるのか・・・ポテンシャルがありますね。

草摩家の呪いの原因=慊人

草摩家の呪いの原因、今回もそうですが大体は慊人が原因でした。

なにをしたら杞紗をぶん殴って全治2週間のケガをさせるんだよ・・・

草摩家にもそれぞれの事情がある、ってことは、慊人の側にも例外なく何らかの事情はあるんでしょうが、現段階だとただの嫌なヤツにしか見えてこない、これもう呪いを解くためには慊人をどうにかするしかないと思うんですが、それは危険な考えですかね。

あまりに危険すぎて草摩家は揃いも揃ってみな腫れ物に触るような扱いをしてるんですが、こうなったらもう誰か一人思い切って慊人をアレするしかないよ。

アレするしか解決の糸口はないよ。

しかもそれが一番簡単な方法です。

夾、潑春、由希、紫呉あたりがやってくれることを願います。

そういやここまでエピソードを続けてもあとまだ2人、十二支のなかで透の前に現れていない人物がいるんですよね。

前半2クール使って全員登場させるのかな。

それでは第21話でもお会いしましょう!