フルーツバスケット第11話感想:透たちは紅葉とともに温泉旅館へ、世界で一番バカな旅人は本当にバカなのか?




フルーツバスケット第11話「 とってもステキなお宿です 」の感想です。

前回はバレンタインのエピソードということで、じゃじゃ馬っ子の楽羅が再登場しました。

デートが未経験だったこともあり透、楽羅、由希、透の4人がダブルデートを行う形で一旦退場し、実際に今回のメインとなったのは慊人と紫呉さんの方。

はとりに透が作ったチョコを渡しに行った紫呉さんは慊人のことを確かな形で手に入れたいけど、そのために透も利用すらしているフシもありますが、いくら汚い手を使って追っかけても手に入らないと語ります。

慊人の検診に代役で向かう紫呉は改めてどんな偽りの手を使ってでも慊人を手に入れると改めて願うのでした。

ここに、締切をすぎても執筆が出来上がらないために編集さんがどこまでも紫呉を追いかけることを重ねてきました。

それでは第11話を見ていきます!




第11話あらすじ

「明日は何日でしょー」と透に質問する紅葉。明日は3月14日……ホワイトデー! そんな訳で、透に温泉旅行をプレゼントすると言いだした。由希と夾も誘われるが、夾は気分が乗らないらしい。しかし、紅葉がクラス会で読んだという本の話を聞き、ホワイトデーのお返しの代わりとして自分も一緒に温泉へ行くと透に伝える。

フルーツバスケットアニメ公式サイトより~

ホワイトデーのお返しが温泉なる贅沢回

今回は3学期の学年末試験を終えた透たちが紅葉に誘われ、ホワイトデーに温泉旅行に行くエピソード。

ちなみに、2/14が土曜日なことが数話前で分かりましたので、おのずと3/14は土曜日か日曜日になります。

その温泉旅行は草摩紅葉が企画したもので、由希は行く気満々だったけれど夾は気乗りせず。

透が先月バレンタインデーで修学旅行の積立金の分までお金を使い込んでしまったことや、紅葉がクラス会で読んだ本の話を聞き、夾はお返しとばかり一転して温泉に行くことにしたのでした。

その温泉は草摩家の一族が経営している旅館にあり、女将さんのキャラクター性が特徴的。

なんでも、病弱のために旅館を経営しながら自身もこの宿で療養をしているんだとか。

旅館ではおもしろいといっていいのか、ステキといっていいのか、旅館ならではのできごとが起こります。

旅館ではおなじみである卓球でも由希と張り合った結果、力任せにラケットを振ってボールを強く飛ばしまともにラリーができない夾、大空振りしてしまった透、ホワイトデーにプレゼントしたリボンにキッスをし、「お気に召されましたか、姫」ときざな事をシレっという由希。

最後は新事実が明かされ、透は目をぐるぐるさせて驚くのでした。

世界で一番バカな旅人

今回のキーワードは紅葉が話してくれた、クラス会でクラスの子が持ってきた本に書いてあった世界で一番バカな旅人になります。

バカな旅人、具体的には他人から騙されやすく、町の人からの話を真に受けてしまいそのたびに服や靴、お金を騙し取られてしまう旅人、旅人は村人が言うウソのお礼にすら涙を流し、しまいにはすべての服を取られてしまい素っ裸になってしまったために人と出会うことがない森を旅することにした、しかし森の動物も言葉巧みに旅人を騙し、体を奪っていったあげく最後の1匹からは「バカ」と書かれたボロボロの紙を一枚貰い受けた、お返しにはじめて贈り物を返事としてもらったことで嬉しくて涙を流す旅人。

そしてその旅人は死んでしまったのでした。

この話を聞いた他のクラスメイトは「バッカでぇ~」とみな揃ってゲラゲラ笑っていたとのことですが、果たして本当に旅人はバカなのだろうか。

こいつは騙しやすそうだと人を選び、騙そうとする人こそが本当は大バカものなのではないか?

そして笑うクラスメイトこそが、将来大人になったら町の人みたく旅人を騙す人間になるのではないか?

自分は騙されていると知っていようがいなかろうが、損得で判断せず、純粋に他人の幸せを願える人なんてこの世の中、くまなく探してもいないぞ?

映画ドラえもんの「のび太の結婚前夜」におけるしずかちゃんパパの発言にも同じようなものがありましたね。

のび太は人の幸せを願い人の不幸を悲しむことのできる人物である、と。

しかし、この話を聞いた1000人中999人は「バカだ」とこの旅人のことを笑い物にするでしょうね。

その人は将来いつか知ることになるのです、いままで他人の人生をずっとやっかんで妨害ばかりして他人の不幸をゲラゲラと笑いものにしてきた、自分が他人の幸運を願い不幸を悲しんだことがないから、誰からも幸運を願われ不幸を悲しまれたことがないのだと。

まさに他人は自分を写す鏡なのです。

しかし、「笑える話全集」にこの一見笑えるような展開に思えるけれど、実は奥が深いエピソードを収録させるとか、編纂者というか、原作者のブラックユーモアがあらわれていますよね。

あれ、この旅人って、よくよく話を聞いてみたら、みんな知ってる誰かさんの性格に類似していませんかね・・・

ほら、草摩家に住むようになったら雰囲気をほんわかなものに変えてくれた、ちょっとずれたところがあるけれど超絶すぎるほど純粋な透き通った印象を持つあの少女・・・

そうか、これは紅葉の登場により、透の立ち位置がどうなっているのか、おとぎ話になぞらえた第三者視点で描かれているのか。

おとぎ話のような由希と透の会話

うって変わって後半はあらステキな展開。

ホワイトデーのお返しに雪が降る旅館近くの橋で由希が透にプレゼントするエピソード。

これは前半で世界で一番バカな旅人の話のエピソードをそのまま引き継いだ展開でした。

透はあまりに純粋すぎてちょっとずれているところもあるため、何話か前に年末に草摩家の集まりに行こうとしたときに一人留守番中に強盗が入られても警察に通報するどころかお茶出しておいしい料理を作っておもてなしして、笑顔でありがとうと送り出していきそうなイメージを持たれていて、夾や由希にとっては不安で不安で集まりをほっぽって透のもとへ戻ってきたエピソードがありましたね。

さらに、先のバレンタインデーで修学旅行のお金を使い込んでまでチョコを手作りした、損得など考えずにみんなに幸せを与えることを一番に考えていた透。

そんな透に由希はとびっきりのものをプレゼントしました。

それは「バカ」なんて書かれたボロボロの破れた紙っ切れではなく、透に似合うだろうと購入してきてくれたリボン。

さらに、「お気に召されましたか、姫」なる言葉。

どちらかと言うと、プレゼントよりもこんな言葉を自然と女性の前で言える男になりたかったもんです。

モテモテな男は言葉で女性の気持ちを高揚できるんですよね~

あらら、透がバレンタインでチョコを手作りした、そのかわりに修学旅行の積立金に回す分も使い込んでしまった話も、そのあとのエピソードにおいて十分すぎるほどに活きていたよ!

うまいエピソードの構成ですね。

今回明かされた新事実

今回明かされた新事実。

それは、女将の子にも猿の物怪が憑いていること、さらに、紅葉は小学生かと思ったら現在中3で、今度透たちと同じ高校に進学することが決まっていること、その高校には潑春も進学することです。

透の周りに物怪が憑いた草摩の一族が集ってきましたね。

うち4人が同じ高校に通うことになるのか。

やっぱり透と出会ったことでなにか草摩家の方針に変化があったかな?

新学年から透のまわりが賑やかになる第12話でもお会いしましょう!