フルーツバスケット第4話感想:新キャラ楽羅は愛情表現が暴力だった




フルーツバスケット第4話「なにどしのかたなのですか?」の感想です。

前回、第3話は文化祭でおにぎり屋をやることが決まり、さらには夾がみんなと打ち解けさせるために友人も交えて大貧民をするエピソードでした。

夾は由希のなんでも器用にできてクラスメイトから信頼を置かれている点をうらやんでいて、それが由希に突っかかっている理由でした。

その一方で夾がみんなでワイワイと遊んでいる光景を見た由希は夾の新しい環境に慣れるまでの早さや誰とでもすぐ仲良くなれるムードメーカー役な点を羨んでいたのでした。

と透に2人が漏らしても、夾と由希は反発し合ったままなのでお互いの関係は変わるわけではないんですけどね。

第4話も見ていくよ!




第4話あらすじ

夾を訪ねて女性がやって来た。名前は草摩楽羅。草摩ということは……思った通り十二支の一人だ。が、楽羅は夾を見つけた途端に「会いたかったぁ!!」とグーパンチ&怒涛のラッシュで攻め立てる。好きすぎるが故のエキセントリックな愛情表現に防戦一方の夾だったが、楽羅の“とある言葉”をきっかけに雰囲気が変わり……。

フルーツバスケットアニメ公式サイトより~

新キャラ楽羅は愛情表現が・・・

今回は草摩家初の女性キャラ、楽羅(かぐら)が登場したエピソード。

楽羅は夾くんを見るなりぶん殴ってお庭まで吹き飛ばし障子を4枚中3枚バラバラにする、強烈なインパクトを視聴者にかましてきます。

怪力暴力女キャラかな?それとも、夾への愛がおかしなベクトルに暴走してしまうヤンデレキャラかな?

その後も体重あるはずの夾をぶん回して地面に投げたりグキグキっと骨を折ったりマシンガンパンチを打ち込んだりとどう考えても夾は死んでてもおかしくないんですが、命だけは助かった模様。

これが片思いの女子が好きな男子にする愛情表現なんですから、交際したら交際したで束縛も強そう。

個人的にそんな恋愛はクソくらえなんですが、ぜひ同棲、結婚するときは集合住宅は避けてくださいね。

毎日ドッタンバッタン大騒ぎされると隣近所の部屋まで音響いて苦情の嵐でしょうから。

透「なにどしのかたなのですか?」

私のなかでは楽羅は鳥頭っぽいから酉年、夾にだけはひたすら猪突猛進の亥年、ぶん殴り方の強さから獰猛なイメージがある寅年あたりが第一印象で浮かびましたが、答えはなあに(実際に今回のラストシーンで答えは判明します)

そしてCVは釘宮!

今期は釘宮が起用される作品が増えましたね。

以前のようにメインヒロインでどツンデレキャラではなく、見た目おしとやかキャラで起用されてるんですけどね。

この子、もしかして実はトラブルメーカーなのかな?

ガキの頃に刃物でおどしたり、障子を破壊したり、せっかく腕をふるった料理を自らの暴力でフイにして長テーブルを折ったり畳まで汚してしまったり、挙句の果てに料理をつくるときに冷蔵庫のものを全て使ったため、急いで買い物に行ったもんだから財布忘れたり、液晶テレビを壊したり・・・

こんな女がいたら近寄れねえよ・・・

どうやら草摩家同士だと夾や由希が異性から抱き合っても動物に変身しない模様。

そして、楽羅が今回暴走する原因の一つには草摩家の人間じゃないけれど草摩家に居候している透がいるってのもありそう。

そりゃ透が毎日いたら嫉妬もするよな・・・

楽羅のその嫉妬は女の子の方ではなく、男の方へと向いているようですが。

恋愛絡みの嫉妬にも2タイプあって、相手に嫉妬するときとライバルに嫉妬するときがあります。

でも楽羅、本当は誰とでも仲良くできるいい子なんですよね。

夾への愛情表現が重すぎて暴力女みたくなってますけどね!

こりゃ交際する相手、黒人プロレスラーみたいな屈強な男じゃないと彼氏として務まらないぞ・・・

買い物からの帰り道、楽羅は透に夾くんのこと、好きなのと聞くんですが、この場合の「好き」が意味するところ、絶対に違うよね!?

楽羅は片思いこじらせて結婚生活まで想像をしている重い愛情としての好き。

透の場合猫年のファンとしての好き。

なら・・・楽羅、大丈夫だよ、夾を狙ってる女の子、至近距離にはいないよ!

夾のめったに見られないデレシーン

一方の夾、屋根でふてくされているところに訪れた透に数少ないデレシーンを見せてくれましたね!

由希に勝つために師匠から武術の修行を受けたことを語るシーン、ひときわ輝いていますよ!

私も男ですが、今回の夾やあとは名探偵コナンの工藤新一のように、好きなことを嬉しそうに語る男子ってのはほんとうにいいですよね!

都会の空では決して見られない、満天の星空がそのシーンを引き立ててくれています。

夾が楽羅からの攻撃により天井突き破って落ちてくるシーンで「じょしおちっ!」を連想した方、私のところに来てください。

「僧はならんやろ」、僧侶枠ファンとして深く歓迎いたします。

楽羅は結局なにどしのかただったのか

ちなみに楽羅はなにどしのかたなのかといいますと・・・

やはり予想通り、亥年なのでした!

なんだこの新キャラの楽羅、初登場のインパクトが強力すぎてこれはこれで怖いよ・・・

見た目が特段マッスル女ってなわけではなく、街でよく見かける一般的な女子高生ってところも拍車をかけますね。

でも愛情表現はどうであれ、好きな人に対してはとことん一本道ってのはいいですね。

そういえば私もツンデレな女性とヤンデレ気味な女性から好意を持たれたことがありましたっけね。

一方で、由希の菜園に透の好きないちごを植えたところに胸キュンしたりとこちらもこちらで動きが見えてきています。

そして最後に透に祖父からかかってきた電話、一体なんだったんだろう・・・

その後の反応から良くない知らせなのは確かなんですが、第1話で祖父は家族と同居するみたいなことを言ってましたが、家族が拒否してしまってあなたとは一緒に住めないみたいなことを言われたのかな。

それでは第5話でもお会いしましょう!