フリージ第23話感想:ウム・ハマスたちはお香と騙されてあるものを作らされる、ウム・サルームはバザーで家を売ったことがある




フリージ第23話「バザー」の感想です。

前回はアブードくんの学芸会の指導をウム・ハマスに依頼したけれどウム・ハマスは姪っ子のクラスと先約をしていたためにウム・ハマスの母親が指導して最高の演出をしたエピソードとウム・サルームが見た夢がウム・アラウィとウム・サイードに吉をもたらした正夢になったけれどウム・ハマスだけが出てこなかったためにどうにかしてウム・ハマスの夢を見させようとしたけれど、ウム・ハマスだけは不幸な夢がたちどころに襲いかかってきたエピソードの2本立て。

ところで、正夢になってしまったウム・ハマスの自宅が火事になった件はどうなったんでしょうかね・・・

それでは第23話も見ていきます!




バザー

今回は4人のおばあちゃんがバザーで思い思いのものを売るエピソード。

近々行われるバザーにおいてウム・サイードは伝統的なお香を、ウム・サルームは燃料を、ウム・ハマスは市場で果実を買い占めて手作りをしたジャムを売る計画を立てます。

一方でウム・ジャミールはどこかの怪しい団体と結託して水タバコを売ろうとしていたものの、しかし、市場ではウム・ハマスが先に買い占めていたために原料の果実が入手できずにいました。

そこで、ウム・ジャミールは嘘の儲け話をウム・ハマスにけしかけて原料の果実を手に入れることに。

いざバザー当日、だれひとりバザーで商品がうれず在庫の山で悩んでいた、ウム・ハマスも大量のジャムが在庫の山となって泣いていたけれど一日でジャムと果物が全て売れたことで大喜びへ。

そう、ウム・ジャミールの集団が買い占めに来たのです。

その集団はお香を作る名目でウム・ハマスからジャムと果実を購入した、しかも、秘密のレシピも伝授してきたと言います。

さらに、お香作りにはウム・サイードを採用。

無事に原料の果実を手に入れ、原価60円の水タバコを900円で販売しようとするウム・ジャミール。

お香ができたことで大満足をするウム・サイードたち。

しかし、街に漂ってきたにおいはお香ではなく水タバコだったことでようやくウム・ハマスたちは自分たちは騙されていて、作っていたものが本当は水タバコだったことに気づくのでした。

水タバコの工場に来たウム・ハマスたちは工場を潰すことを画策、さっそく乗り込みボスのウム・ジャミールのもとへやってきます。

ウム・ハマスたちはウム・ジャミールを問い詰めるも逆にウム・ジャミールから言いくるめられてしまい、挙句の果てに水タバコの製造に誘われる始末。

放り出されたウム・ハマスたち4人は車に乗り込み工場に特攻して屋上にある炭の倉庫へとやってきてぶっつぶしにかかった、車を炭を燃やす場所に落とした4人と水タバコの工場にあるお店で食事をしていた人が即避難し、水タバコ工場は無事に?破壊されたのでした。

中盤でウム・ジャミールの団体さんとウム・ハマスが参加して突如始まった自己紹介のミュージカルに驚きを隠せませんね。

どうもシーズン5になるとミュージカルのシーンが多くなってきましたね、日本版ではのきなみ不要だと判断されるとすべてカットされているんですが、今回はおそらく必要な部分だけはカットされず、しかも今回の歌にいたっては全く日本語に訳されていない現地版そのまんまときましたよ。

日本版では非常に貴重なウム・ハマスの生声が聴ける回とだけあって必見です。

そんでもって題材の水タバコなんですが・・・水タバコはドバイというかイスラム圏ではシーシャと呼ばれて親しまれている喫煙具、そんでもって、香り付けに果実を使用して若者でも吸いやすい、とっつきやすいように加工がなされているんですが、しかし、水タバコは紙巻きのタバコ10本分の有害物質を吸込んでしまうってことで健康被害のおそれもある危険なモノということが分かってきました。

最後は健康に悪いモノはぶっつぶしてしまえ!!ってないつものフリージらしい暴力オチでしたが、このオチで水タバコを吸う人は減ったのだろうか。

そんでもって、いまじゃ紙巻きタバコのかわりに電子タバコが流行るようになりましたがこちらもこちらでやはり健康への悪影響が懸念され始めてきた、しかも紙巻きタバコよりもさらにたちが悪いタイプの。

どうも、タバコそのものもそうなんですが、タバコを加熱するときに金属コイルを発熱させる、そのコイルに含まれる物質が有毒で人体に被害をもたらすんだとか。

ウム・ジャミールは許可をとって合法的に水タバコを作っていると言ってますが、原価がクソ安い上にウム・サイードたちをお香と騙して作らせているあたり、どう考えても明らかに密造ですよね・・・

いろいろとゴニョゴニョなメルカリの転売副業みたいな原価と売価の設定でしたからね。

60円の原価で900円の売価って・・・

今回は社会派ということで下手な日本のアニメよりも興味深い展開がなされてました。

さらっとオヤジギャグが混ざっていたり、ウム・サルームに至ってはなぜか自宅をバザーで売るとんでもない行動を行っていたり小笑いもしてしまいましたが、どうやったら自宅をバザーで売る発想に至るのだろうか、ボケてるからついつい注目をさせるために売ってしまったかな。

それでは第24話でもお会いしましょう!