ぼくたちは勉強ができない第10話感想:成幸初の予備校、新キャラのOB浪人生登場




ぼくたちは勉強ができない第10話「かの新天地にて迷える子羊はXと邂逅する」の感想です。

前回は部屋にGが出たという真冬先生の部屋を掃除した成幸のもとへ、出前のうどんを届けに来た緒方が現れた、なぜに成幸が真冬先生の部屋にいるのか、嫉妬した結果成幸のうどんを食べてる緒方が印象的なエピソードでした。

後半は母親が体調不良になってしまいかわりに成幸が1日だけパートで働くことにしたけれど、その店は女性ものの下着を扱っていた、しかも店長は娘のお迎えに店を開けることに、成幸は1人きぐるみを来て接客をするも、うるかや文乃、緒方、さらには真冬先生も客として現れてしまったことではじまる騒動のエピソード。

なんだか勉強関係ないエピソードの気もしますが、それでは第10話を見ていきます!




第10話あらすじ

教育係のご褒美として、予備校の夏期講習を受けることになった成幸。自分の成績のために意気込む成幸は、そこで学園OGの浪人生・小美浪あすみと出会う。
そして予備校の帰り、道に迷った成幸は店の呼び込みに引っ張られてメイド喫茶に入ってしまう。慌てて出ようとする成幸の前に、人気No.1の「ピクシーメイド・あしゅみぃ」が登場。可愛くポーズを取る小柄なそのメイドは、予備校で出会ったあすみ先輩だった…!?

ぼくたちは勉強ができないアニメ公式サイトより~

第10話にしてクセ大ありの新キャラ登場

1学期期末の結果が良かったご褒美に費用全額学校持ちで予備校の夏期講習を受けることになった成幸が新キャラと遭遇するエピソード。

第10話にして新キャラ初登場、あとになってからの登場と時期も時期なのでこの子がメインになることはないのかな。

新キャラは小美浪あすみ、見た目が小さいけれど実は1年先輩でしかも一ノ瀬学園のOGでした。

あまりの授業スピードの速さについていくのがやっとだっという成幸。

帰り道、駅への道に迷った成幸はコワモテの呼び込みに引っ張られる形でメイド喫茶に入ってしまいました。

その店から慌てて出ようとしたけれど、実はさっきまで予備校で隣に勉強していたはずのあすみがNo.1メイドの「ピクシーメイドあしゅみぃ」としてバイトしていたのでした。

あしゅみぃは予備校の費用を稼ぐためにメイド喫茶でバイトしていた、しかも長くNo.1を続けているのかさっきのコワモテの男たちをアゴで使うまでに店の看板となっている様子。

しかし、偶然にも落っこちた模試の答案を見たあしゅみぃは医学部志望にもかかわらず理科系科目だけはてんでダメなことが判明したのでした。

明くる日、予備校の予習をしている成幸とぶつかってきた一人の男性、実はその男性はあすみの父親で、開業医をしているのでした。

そこへ成幸が店に定期入れを忘れたから届けに来たというあすみ、しかし、メイドの格好のままだったために父親にいかがわしいバイトをしているのではないかと咎められてしまいます。

あすみは成幸を彼氏にし、彼氏の趣味だということにしてごまかした、話を合わせるのに非常に苦労した成幸からあすみは医学部志望なことを聞いたあすみ父は家のことなどいいから自分がやりたいことをやれと言います。

しかし、自分は医者志望だと父親と真剣にやり合うあすみ、成幸からの一言で落ち着くのでした。

成幸も教育係として自分の行きたい進路と成績のギャップに悩む子ばかりを3人も抱えていて、なおかつその子達の進みたい道を尊重するスタンスの人ですからね、自分の人生、将来就きたい職業について強く想っている子に対してはやはり応援してあげたいよね。

突然のゲリラ豪雨ハプニング

夏休み、成幸と同じ予備校の夏期講習に通うことにしたうるか、緒方、文乃の3人。

しかし、やはり予備校初日の洗礼である授業スピードの速さに追いつけずに落ち込むのでした。

特に緒方の言う1ピコメートル、それは講師の言葉が全く理解できていないことでいいか。

やっぱり一番大変なのは絶対あれだろ、理転する文乃だろ。

予備校も終わり帰ろうとするも、突然のゲリラ豪雨に見舞われあすみの家に駆け込んだ5人。

しかし、夏でみな薄着をしていることもあり、女性陣は服の下につけている何かが「透け」てしまうのでした。

見ないようにしている成幸とこの前(第9話)で「店員さん」が選んだものを付けていることが分かってしまったうるか。

タオルを借りたお礼をあすみ父にする文乃、しかし、そこで文乃は成幸があすみの彼氏(としてでっちあげられているだけだけど父親はそんなことは知らないのです)であることを知り、色反転してしまうほどの大ショックをうけてしまうのでした。

帰ってきた文乃は成幸を廊下に呼び出しお腹にチョップ一発!

さらに、負のオーラを全面に出して成り行きに対して詳しく追求をするのでしました。

あすみから成幸に話を合わせてもらったということを知った文乃、これ、緒方やうるかには申し訳ないけど、ワンチャンあるかもと期待していますよね。

新キャラ小美浪あすみ登場

ということで見た目は幼いんだけど実は先輩、医学部志望なんだけど理科系の科学は本当にダメダメ、こちらも進路する分野と関連する教科の成績に大いなるギャップがあるそんな新キャラが第10話にして初登場しました。

この作品には名前にそのキャラクターの特徴(文乃なら文系、理珠なら理系が得意科目)が含まれている法則がありますので、先輩は小さい、美人、そして浪人の3つが揃っていることが分かります。

さらに後輩に対しては口が悪いどSなんだけど、実は後輩に対して面倒見のいい先輩なのも判明しました。

最後のあすみがオムライスにケチャップで書いた私の本当の気持ち♡「このたらし野郎が」は強烈だったなぁ~

そら成幸が知らないだけで、勉強相手の女の子3人中3人が揃いも揃って成幸のことを想っているわけですからね。

他の2人のことはくわしくは語られていませんが、文乃は成幸があすみの彼氏だと聞いたとたん、お腹にチョップ一発話を詳しく聞かせろとと恐怖の追求をしているわけですから。

ようーやく文乃は自身が成幸に抱いている思いを自覚するようになったかな。

でも期末試験では無事に成績を上げることに成功した・・・どうやら成幸への想いは全員うまくセーブできているようですね。

これ受験終わったら本当に成幸はどうする気なんだ!?いまでこそ受験だから恋愛は禁物だと戒めているわけですが、半年先、みんな大学受験が無事に終わり肩の荷が下りたとしたら、成幸も燃え尽き症候群に陥ってしまい矢印が勢いよく勉強から恋愛の方向に回転すると思うんですよ、そして気づけばダメダメ人間に落っこちてしまう・・・なんてオチもありえなくはないわけですから。

誰かと付き合うのか、それとも3人とも「そういう目では見られない」と思うようになってしまうのか。

そして、あすみは成幸が父親に自分のやりたい道を尊重してほしいと言ってくれたことで興味をもつようになった、やはりこの子も成幸を巡る色恋模様に参戦しちゃうの!?

ただでさえこの作品、勉強要素が薄いのに、恋愛要素は抑え気味にお願いしますよ!?

それでは第11話でもお会いしましょう!