【レビュー】QTTAの新味「ハンバーガー味」「フライドチキン味」を食べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

10月15日に発売されたQTTAの新商品、「ハンバーガー味」と「フライドチキン味」!

この2商品をいただきましたのでレビューを書きます。

メーカーのHPにある商品情報は↑↑↑から飛べます。

それにしても最近のカップラーメン界隈、景気が良くなったのかいろいろとインパクトが大きくて遊び心があるラーメンがたくさん出てきて私嬉しいですよ。

QTTAシリーズも他社に負けず劣らずおもしろい味のラーメンを時々出しているんですが、今回発売されたハンバーガー味とフライドチキン味の2つはそのなかでも攻撃力が大きい、まさにジャンクにジャンクでジャンクジャンクといった印象を受けました。

スポンサーリンク

QTTAハンバーガー味

まずはハンバーガー味のレビュー。

パッケージをチェックしていきます。

正面はこんなパッケージ。

それにしても”HUMBERGER RAMEN”ってすんげえ単語の並びだな・・・

そのままハンバーガーラーメンですよ!

フタを見ると分かる通り、色使いはバンズのてっぺんを模していて、しかもゴマのイラスト付き!

注意書きによりますと実際のラーメンにゴマははいっていない模様。

パッケージに力を入れているあたり、ハンバーガーの味の再現には相当自身を持っている様子です。

よし、受けて立とうではありませんか。

においをチェック

それではお湯を入れていきます!

誰が某ファーストフードチェーンのハンバーガーを再現したよ!!

いや、漂うにおいが某大手ファーストフードチェーンのハンバーガーのにおいが完全再現されていて危うくお茶を吹き出すところでした。

みんなケチャップ、マヨネーズ、チーズどころか大嫌いなピクルスの酸っぱい匂いも再現されているとは思いもよりませんでしたよ。

そこを的確にアシストしてきたか・・・

たまねぎが見え隠れしているんですが、何よりもこのパウダーにハンバーガーwithピクルスのニオイも隠れている・・・と。

そしてQTTAシリーズの弱点であるフタと容器のヘリにスープのパウダーがこびりつく現象もしっかり発生しておりました。

やはりトラックの輸送中での振動でこびりついてしまうようです。

なのでフタを開ける前にちょっと振ったほうがいいですね。

食べてみるよ!

それではいざ食べてみます。

めんはQTTAならではの太麺。

・・・ん??

確かにこれはこれで美味なんですが・・・いや、ハンバーガーですか?と聞かれるとちょっとそうでもないとしか答えようがないです・・・

(指示通りちゃんと底までしっかりとかき混ぜております)

確かにめんにスープがしみこんだ香ばしいしっかりとした味はしているんですよ。ただ、パラメーターをにおいに全振りしたのか味まではハンバーガーの完全再現とは行かなかったか。

ただ、さっきも言いましたが、これはこれで美味とだけは繰り返し伝えておきます。

チーズの風味がきいたクリーミーなんだけど香ばしい味をしておりました。

勝敗は引き分けですね。

(勝敗の基準は!?)

原材料をチェック

原材料からハンバーガーらしさが出ているものをチェックしていきましょう。

チーズ加工物・・・ああ、実にハンバーガーらしいですね。

パセリ・・・パセリなんて入ってんの?(多分緑色のはんてんになっているのが切り刻んだ乾燥パセリだと思う)

たまねぎ・・・これも普通のカップラーメンでは見かけないですね。ハンバーガーでレタスの上に乗ってる具材ですから。

なかなか興味深いのはジャンクの王様にジャンクの王子様がかけ合わさってもカロリーがわずか364Kcalしかないところですよ。

意外とこの数字だけ見たらにできていたりします。

この前2000kcal超えの焼きそばを見たからなおさらそう思いますね。

QTTAフライドチキン味

お次はフライドチキン味をレビューします。

パッケージをチェック。

正面はこんな感じ。

「FRIED CHICKEN RAMEN」とかこれまた強いネーミングですね・・・

手にとったアメリカ人もビックリじゃないでしょうか、フライドチキンにラーメンの並びなんて前代未聞ですからね。

フタにはバスケットに入った大量のフライドチキンがイメージされてます。

やはりイラストに力が入っていますし、期待が持てますね。

においをチェック

こちらはうってかわって具材に鶏肉のブロックとコーン、そして赤ピーマンが配置、そしてスープパウダーがまたもやかなり容器のフチにまで散らばってしまってます。

お湯を入れてみたんですが、あれ、私が感じていたフライドチキンのにおいと違う・・・

チキンの揚げたて感がまるでありません、私の嗅覚と味覚が鈍ってしまったか。

でもよーくかき混ぜてみるとじわじわと浮き上がってきました、セブンイレブンのななチキみたいなにおいが!

どうやらスープパウダーがあんまり混ざっていなかっただけだったので一安心。

よかった、これがフライドチキンのにおいですよ!

食べてみるよ!

それではいざ実食!

おおおおお、フライドチキンというよりかは、チキン風味のしょうゆラーメンを食べているみたいですね。

確かにこれもこれでイケてるんですが、どうにもインパクトに欠ける、本物のフライドチキンがほしくなってくる素朴なお味。

その後本当にセブンのななチキと揚げ鶏を買って帰りました。

さいごに

結論としては、ハンバーガー味のほうが美味ですね。

ハンバーガーのにおいを忠実に再現していた点が高ポイント。

フライドチキン味はちょっとインパクトとパンチに欠けました。

まだチキンらしさは時々発売されるベビ●スターのカップラーメンの方が勝っています。

それにしても、ハンバーガーやフライドチキンの風味をカップラーメンで再現しようと企画したやつはどこのどいつなんだ・・・

今回は20代のフレッシュさが残る若手の社員が企画したんじゃないかなーと予想します。

しかも太ったやつな!!

ハンバーガー味は原料にピクルスがあったら面白かったのに・・・

ピクルスは嫌いな人も多いですから、余計に賛否両論になってしまいますか。

コンビニ、スーパーには両方とも火曜日から並んでいるので、気になる方はお近くのお店にゴーです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。