【レビュー】カップヌードルエッグカレービッグを食べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月25日に日清食品から発売されたカップヌードルの新作、「カップヌードルエッグカレービッグ」。

発売から1週間たってるんですが、いまさらながら食べてみましたのでレビューをします!

今回はセブンイレブンでは発売されていなかったので、ファミリーマートで買ってきました!

セブンイレブンさん、トヨタみたく無骨にならず、もうちょっと面白いラーメンも導入してみませんか??

お値段は税込み216円。

スポンサーリンク

通常のカップヌードルカレーとどう違うのか?

今回購入した「カップヌードルエッグカレービッグ」はいつも売られているカップヌードルカレーとどう違うのか??

比較していきましょう!

入っている具材が違う

まず、カップヌードルカレーとエッグカレーとでは入っている具材が違います。

カップヌードルカレーは・・・四角いじゃがいもやお肉が入っているのに対し・・・

エッグカレーはふっくらしたたまごだけが大量に入ってます!

あとは少量のきざみねぎといったところ。

カレーパウダーの量も違う

さらに、入っているカレーパウダーの量も違います!

通常のカップヌードルでは見えていた乾燥めんがなんと見えません!

それくらいぎっしりとパウダーが入ってます。

濃厚120%とのことですが、それはカレーパウダーの量を増やすことで実現しているカラクリ。

さっそく食べてみた

お湯を入れて待つこと3分・・・

まず、たまごが絨毯爆撃のようにこれでもかとズラッと敷き詰められてます。

カレーも濃厚なのはいいんですがちょっとドロっとしてますね。

ドロッとしてると今度は具材をかき混ぜにくいので、入れるお湯の量は刻まれている規定の線からちょっと多めにするのがいいです。

そして、これはお湯を入れて長いこと放置するなんて野蛮なことはできません。

この手のラーメンはお湯を吸ってしまうと逆にカレーのドロっとするところだけが残りますからおはしでめんをもちあげづらくなり、食べづらくなります。

とくにカップヌードルの場合、お湯を吸いやすいめんですから、ほんとに放置は厳禁です。

温泉たまごがあるといいよ!とパッケージには書かれていますが今回もすき焼きの時同様たまごを用意をしていないのでこのまま食べます。

辛さは・・・通常のカップヌードルカレーとそんなに変わらないですね。

そもそも通常のカレー味も中辛ぐらいの辛さになっているので、私のようなピリ辛はダメな人にとってはちょうどいいくらいです。

逆に言うと、辛さで差別してないんかい!!ってところはちょっとだけ不満点にもなりますね。

ただ、なんでしょう・・・今回・・・カレーが濃厚すぎて大量の牛乳と白米がほしいです!!

カレーヌードルライスみたいな食べ方をするのが一番いいですね。

ということで今回もおいしくいただけました!

また遊び心あるラーメンを作ってくれるのを楽しみにしております!!

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。