■【レビュー】透明なオランジーナ「オランジーナビタースパークリング」を購入!

広告




サントリーフーズの定番炭酸飲料、オランジーナシリーズ。

毎年いろいろな新商品が出てきていますね。

レモンジーナ、ブラッドオレンジ、カシスオレンジ・・・

私がセブンイレブンの店員をやっていた頃は積極的に仕掛けていって続々と販売初週に地区1位の売上本数を獲得することができました。

今回はそんなオランジーナの新作、今週発売された「オランジーナビタースパークリング」を飲んでみます!

広告




透明なオランジーナ再び

透明なオランジーナが久しぶりに出てきましたね!

前回は・・・フレンチスパークリング味で、昨年の梅雨時に発売されたんですね。

あ、その商品のレビュー記事、はてなブログ時代に書いたもののトレンド過ぎていたこともあってかwordpress移行時に消してしまいました・・・

今は味だけつけた透明な飲料が炭酸の有無を問わずに大流行しているときですから、再度その流行に乗ってきた形です。

炭酸強め、甘さ控えめなお味

今回はビタースパークリング味ということで、ビターチョコよろしく苦味を強調した味になっていると予想します。

ではさっそく飲んでみます!

お、今回はわりと炭酸が強いですね。

普段のオランジーナシリーズは弱めの炭酸で仕上げてきているんですが、このオランジーナビタースパークリングは炭酸も強め。

軽くペットボトルを振っただけでシュワシュワいってます。

そして甘さはほんっとうに控えめです。

土の味(みんな土食べたことあるのかよ・・・)もしませんし、非常に薄くなったファンタオレンジを飲んでいるかのよう。

あっちは無果汁だから・・・結局砂糖と甘味料の味かい!

で、炭酸の苦味が強調されているのはこれは原料にオレンジピールエキスと呼ばれる、オレンジの皮(食べるときに必ず剥く方の分厚い皮)を煮詰めてできたエキスを原料に入れているからで、後味は非常にスッキリしてます。

そしてここに微量なミントも入れているとのことですが、あんまりミントの風味はしませんでした。

さいごに

ということで、ビタースパークリングは甘さ超控えめ、苦味を強調しつつも何度でもリピートで飲めるドリンクと行った仕上がりでした!!

レモンジーナが出た頃は馬鹿売れしていたオランジーナの新作も最近はかなり落ち着いてしまいましたね。

あのときの売れ方はすごかった・・・近くにスーパーがあるのにもかかわらず1日で30本は当たり前のように売れましたからね。

サントリーとしてはオンタイムの気分をリフレッシュ・・・のように仕事中に飲んでほしいとのメッセージを込めていますが、個人的にはやっぱりオフタイムに飲みたいですね。

実はこのレビュー記事を書く前に2本飲んでますので、3本目での記事執筆となります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。