■TBSオールスター後夜祭 個人的良問神問トップ5+α

広告




2018秋のオールスター後夜祭良問神問は↓↓↓

3/31にTBS系列で放送されたオールスター感謝祭。

その放送終了から1時間後・・・司会有吉弘行、アシスタント高山一実のコンビで若手から中堅どころの芸人さんを多数集めてオールスター後夜祭なる番組が放映されました!!

録画を拝見したんですが、高山一実のアシスタント力の高さに加え、最近の本家オールスター感謝祭よりクイズクイズしていてつい見入ってしまいましたのでこの記事を急遽作成しました。

つい最近引退勧告を受けた大砂嵐、なんでオファーを受けたんだ・・・

すでにまげを切り、赤坂まで車で来たようです。

ここでオールスター後夜祭の個人的良問神問をトップ5にしてご紹介します。

広告




5位 清原和博は?

オールスター後夜祭の第一問目。

まずは顔の一部分(目の周り)が出てきて、徐々にズームアウトしていく画像4択問題。

清原かに見えた2人は実はみんなものまね芸人で、見たことがないどこかの若者が正解になったわけですが、同姓同名かよ!!

調べたところ、神戸マラソンで4位入賞したという報道がありました。

あと、今年のびわこマラソンにも出場しています。

ということでこの若者、実はマラソンの市民?ランナーでした!

と、のっけからこの番組のクオリティの高さを見せつけられました。

そりゃ芸人も騒然とするわな・・・

4位 クワマンは?

映像四択問題。

クワマンさんといえば、食レポにおける箸の持ち方が非常におかしいことで知られているんですが、それを問題にしてきました。

みなさん、クワマンの箸の持ち方は順手です!

豆知識ですから、覚えて帰ってくださいね?

というより、最初のシャネルズ(クワマンが参加していた歌手グループ)が歌っている映像、約一名明らかに早回しにされているんですが飛ばされたのあの方ですよね・・・??

3位 旧満州出身でないのは?

赤塚不二夫、松本零士、北見けんいち、ちばあきおの4択。

正解は福岡県出身の松本零士

他のお三方は旧満州の出身でした。

これ、普通にQMA(コナミ制作、アーケードのクイズゲーム)のドラゴン組(出題難易度が一番高い組)で出てきてもおかしくないレベルだろ??って良問でした。

前の問題が「野球漫画を描いてないのは?」で答えが松本零士だったので、旧満州出身で野球漫画を描いている漫画家が3人いることになりますね。

2位 魔のロード地獄

番組の中盤には虎舞竜のロードにちなんだ問題が複数立て続けに出題されたピリオドがありました。

第何章とか第何章とかわからんわ!!!

でも、クイズ問題としては面白いですよね。イントロの違いから何章か答えさせたり、シリーズものになってるのでいろいろな商品から種類が多いものを選ばせたり、ロードという曲を出して「いない」歌手を答えさせたりとなかなか本格的です。

ランチパックは販売期間が長い上菓子パンから惣菜パンもありますし、地域限定、期間限定、数量限定ものがたくさんあるので1200種類以上あったりします。

公式サイトのパッケージギャラリー、なんと74ページまでありますからね!!

1位 中本は?

映像4択問題。

まずはラーメンのアップ。

その後それを食べてる人を映して問題が終わります。

1番にドリフターズのあのメンバーが出てきたのでこちらに誘導されがちですが・・・

そう、ドリフターズのメンバーは「なかもとこうじ」ですが、漢字にすると「仲本工事」!!

にんべんが入っているので違うんですね。

正解は2番の「蒙古タンメン中本」

仲本工事が出てきてあっ!となったかと思いきや実は素直にラーメン店の名前が正解という二重ひっかけでした。

前の問題が「二郎は?」でハチミツ二郎が正解だったので同じ傾向かと思いきやさらにひねってました。

こんなひっかけ問題、今本家のオールスター感謝祭じゃ出題されないぞ・・・

+α、クイズ☆タレント名鑑のスタッフが絡んでないか・・・?

ということで、クイズ問題に何問かQMAでつかわれてもおかしくないものが紛れ込んでました。

やたらクソ真面目な問題なのに明らかにタレントいじりが激しい・・・これ、TBSでかつて放映されたクイズ☆タレント名鑑のスタッフが絡んでないですかね?

私あの番組好きでしたよ?

有吉とフジモンがピー音連発のブラックジョークをバンバン言うもんだから他の解答者が引いてましたけどね!

でも、あまりに度が過ぎていたのか7回だけ放映されて即打ち切りになってしまったんですけどね。

よく見たら演出スタッフが

藤井健太郎

って、ほんとにクイズ☆タレント名鑑の発案者だよ・・・

めちゃイケが終了しCXがずんずん深海の底へ沈む中、急浮上していくTBS・・・

深夜にしかできないこんなノリの番組をどんどん作っていってほしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。