■【レビュー】世界のキッチンから赤ワインで煮込んだマセドニアグレープはお上品な味

広告




3月20日の新発売ドリンクで気になったキリンの「世界のキッチンから赤ワインで煮込んだマセドニアグレープ」350ml、さっそく買ってきましたので飲んでみます。

世界のキッチンからといえば毎年夏に売られるソルティライチが有名。

このシリーズの新しい商品ですね。

先週書いたラーメンの新商品とソフトドリンクの新商品、よーく見られてるのはソフトドリンクの方なので毎週1本ペースでこちらを重点的に紹介していくことにしましょう。

広告




マセドニアとは何?

さて、キリンから出たこのドリンクなんですが、いきなりマセドニアなんて見慣れない言葉が出てきました。

マセドニアとはスペインのフルーツサラダ。

具材は自由で、このドリンクの場合はりんご、マンゴー、バナナを使ってます。

これを混ぜ合わせて赤ワインとオレンジでグツグツ煮込み、さいごにさらにぶどうとオレンジ果汁を加えてジューシー!なマケドニアグレープの完成!

<製法はキリンのHPより>

マセドニアの語源は7世紀のヨーロッパに存在したマケドニア王国なんだそうで。

パッケージにも書いてあるとおりお酒ではありません!

なのでよい子でも飲めるよ!やったね!

さっそく買ってきた

さっそく近所の行きつけのセブンイレブンで買ってきました!!

どことなくスパニッシュなパッケージが特徴的。

パッケージの通り飲む前によーく振ります。

気になるにおいですが・・・バナナをメインにいろんなくだもののにおいがフクザツに絡まり合ってます!

花粉症で鼻がだだ詰まってる私でも分かるので実際はもっと濃いにおいがしてるんでしょう、

そして味ですが・・・グレープのジュースが好きな私が毎日1本飲みたい味ですね!

ベースはグレープ、そこにこれまたバナナやりんご、マンゴーの味がこれまた絡まりあった独特なフルーティーさ。

そして上品さだけを感じさせる甘さ。

あっという間にここまで飲んでしまいました。

(350mlしかないですから・・・)

これは食後、午後2時ぐらいにゆったりとドラマの再放送見ながらぜひ一本飲んでほしいですね。

といってもいま、ドラマの再放送ってどのテレビ局もやってないんですよね・・・

なら・・・何も考えずに昼間の東急東横線か阪急宝塚線の電車待ちにでも飲んじゃいましょう!

(オサレなイメージがここしかない私)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。