■カジノ入場料2000円は安すぎ!ドレスコードも必要!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日本政府が推進しているIR(統合型リゾート)推進法案。

ギャンブル依存症対策に入場料を一回2000円、月10回までの入場までと制限を課す仕組みでの導入をもくろんでいますが、この一回2000円の入場料について国会だけでなくわたしたち一般市民の間でも議論が行われてます。

ハッキリ言います、入場料2000円では安すぎます

スポンサーリンク

入場料は1万円が適正

世界ではカジノは富裕層だけが楽しめるギャンブル。

でも日本はギャンブルが庶民まで浸透しています。

なので日本で富裕層を相手にするカジノを作ろうとすると何らかの方法で上流階級の人物だけが入れるように厳選するシステムにしないといけないんですね。

言っちゃ悪いですがカジノは毎日10時にパチンコ屋に並ぶようなオッサンなんて一番来てほしくない場所ですから。

一番手っ取り早いのが入場料を徴収する方法ですね。

海外の富裕層を呼び込むとするとなると・・・やっぱり現案の入場料2000円では安すぎます。

水族館の入場料じゃないんですから・・・

2000円ならすぐにもとが取れるだろうと判断したギャンブル狂がポンポンお金払って入ってこられますからね。

1万円と見出しには書いたんですが、むしろ1万円でも安いくらいです。

10万でもいいのでは?とすら思えますね。

カジノなんて一回の勝負で10万100万の大金がポンポン飛び交いますからね。

誰でも親しめるように1円パチンコ3円パチンコでハードルを低くしている遊びとは全く違います。

参加してる人も100万の負けは実質タダって余裕余裕な顔した人しかいませんし。

海外に合わせようと思ったら100万負けても余裕がある人だけを入場できるシステムにしないといけません。

こうなったら同時にパチンコもいっそなくしますか?

一気に23兆円が失われはしますが依存症をなくすためなら捨ててもいいでしょう。

実は日本はギャンブル大国

そもそもなんで世界ではすんなりと導入ができたカジノが日本では大問題になるのかというと、日本は世界屈指のギャンブル大国だからですね。

街を歩けばそこかしこに派手なネオンのパチンコ屋。

そして省庁が管轄する競馬競輪競艇オートの公営ギャンブルがてんこ盛り。

さらには宝くじに最近あらわれたソシャゲのガチャもギャンブルと言っていいでしょう。

このギャンブル、全部富裕層でも貧困層でも気軽にできます。

むしろ超低確率で一発逆転が狙える分貧困層の人のほうが遊んでる割合が多いですね。

その分ギャンブル依存症の人が増えているという社会問題もかかえてます。

そこにカジノという新たなギャンブルを導入しようっていうんですから、すんなりうまくいくわけにもいかずそりゃ日本では慎重になりますよね・・・

海外のカジノは入場料無料とは言うけれど

海外のカジノは入場料無料だから日本も入場料をなくせ!という声もありますが、よーく考えてみてくださいよ。

海外にタバコと香剤の香りがプンプン漂って入口のドアが開くたびに吐き気がしてあらくれがずら~っと並んでるパチンコ屋がありますか!

あのみんなが口々に話題にする大好き大嫌いな韓国にすらないんですよ!

失礼ですけど帽子被って新聞読んでワンカップ大関飲んでる通天閣の周りのオッサンみたいな人がぞろぞろいる競輪、競艇、オートレースがありますか!

香港やドバイ、イギリスにも競馬こそあるけれど、あちらは日本とは全く違いよそいきのスーツやドレスをピシッと着こなしてお金を持ったセレブが集まる社交場。

そう、海外のギャンブルは完全に富裕層がたしなむ遊びなのでカジノも入場料がなくても問題ないんですね。

そもそも庶民の遊び場ではないんですから。

ギャンブルが庶民にまで浸透してるのは日本くらいなものですね。

むしろドレスコードも必要

で、入場に際してはドレスコードも必要ですね。

これもやはり庶民が入れないようにするためのハードルです。

男性ならネクタイにジャケット、女性ならドレスにハイヒール、もしくは動きづらいですが日本ならではの和装、この格好でない人は一切お断り!ってしないといけないですね。

個人的には海外から訪れたモーニングとドレス着たセレブとヨレヨレのジーパンはいてディーラーにくだまいてるおっちゃんが同じ空間にいるのもそれはそれで見たいっちゃ見たいですけどね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。