■羽生くんと羽生さんの違い暫定5選

広告




2月17日、羽生結弦選手(以下羽生くん)が平昌オリンピックで優勝、2大会連続のオリンピック金メダルを獲得しました。

実は同じ日、羽生善治竜王(以下羽生さん)と藤井五段(現在は六段)の対局もありました。

これが同時刻に行われていたためにTwitterでは勝ったの負けただのどっちの羽生の話題やねん!と混乱していたんですね。

じゃあ羽生くんと羽生さんの違いって何?

探してきました。

広告




金取って勝ったのが羽生くん、金取られて負けたのが羽生さん

羽生くんは「金を取りに来ました」と平昌オリンピック出場前に発言、本当に金を取り勝利しました。

羽生さんは朝日杯将棋オープン戦で藤井五段から金(と銀)を取られ119手で投了、負けてしまいました。

竜王が羽生さん、魔物が羽生くん

羽生さんは昨年竜王の称号を奪いました。

羽生くんはオリンピックの魔物の猛攻に自らが魔物になって応えました。

羽生くんのファンが羽生さん、羽生さんのファンが羽生くん

羽生さんは夫婦で羽生くんのファンだと公言、将棋の対局当日も実は将棋の打ち筋を読みながらフィギュアスケートの結果が知りたくてどこかウズウズしていたはず。

羽生くんも将棋が趣味と発言、羽生さんが永世竜王、永世七冠となったニュースもやはり興味深く眺めていたはず。

NHK杯を連覇したのが羽生くん、NHK杯を連覇したのが羽生さん

羽生くんはフィギュアのNHK杯で2015年に初優勝、2016年には連覇を達成してます。

羽生さんは将棋のNHK杯に10回優勝、そのうち2連覇を1回、4連覇を1回してます。

日本の宝が羽生くん、日本の宝が羽生さん

ソチオリンピックで金メダルを獲得し、四年後の平昌オリンピックでも金メダルと連覇を達成した日本の宝が羽生くん。

昨年永世竜王となり七冠全てで永世称号を獲得、国民栄誉賞が贈られた日本の宝が羽生さん。

アレ?一緒やん!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。