■新元号にふさわしい日本人に深く根付いているもの、そりゃあれしかないでしょ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1月16日、安倍首相は2019年からはじまる新元号は「広く国民に受け入れられ、日本人に深く根付いているもの」にしたいと発表しました。

今広く国民に受け入れられ日本人に深く根付いているものといったら・・・ねえ・・・

ということで今日本人に深く根付いているものを挙げてみました。

スポンサーリンク

残業

今の日本に深く根付いているもの、ふさわしいものが「残業」ですね。

今月残業何時間したっていう自慢という自虐ネタすら飲みの席でかわされてるくらいですし、「夜景は誰かの残業でできている」って言葉が受け入れられてるくらい残業文化は深く根付いてます。

この文化がなくなる頃には地球が滅亡していそうです。

薄給

働いても働いても給料が安いまま上がらない、これも日本に根付いてます。

これはいろんな理由があるんですが、会社の上層部が高齢者ばかりで保守的っていうのもあるんでしょうね。

彼らは「日本はもう十分発展したんだからこれ以上発展しなくてもいいだろ」っていう思考ですからね。

将来の日本の発展を望んでいないために会社の利益が増えても社員には還元されずに全部貯め込むだけ。

今の日本人が初任給とかボーナスをもらっても貯金に回すのと一緒です。

それを会社単位でやってるんですから。

政府が賃金上げろとケツを無理やり押しても全く効果がありませんでした。

反対に今から給与を月100万もらおうと思ったら連日3時間睡眠に甲状腺がん、アルコール依存症は覚悟しないといけないですね。

どのみち会社に時間を売ってるんじゃん!!

無給

いくら残業しても残業代が出ない、いわゆるサービス残業なんてのも日本に根付いてしまいました。

あるいは東京オリンピックの運営スタッフが給料が出ない「ボランティア」11万人っていうのもありますね。

どうも年寄りの思考ではボランティア=無給で若者にいくら無茶なことをさせていいと認識されているようです。

社畜

会社に飼いならされた人=という意味の社畜。

この言葉が出だした当初は会社員を皮肉る意味で使われていたんですが、とうとうこのワードを自虐的に使うようになってしまいました。

もはや意思を持たない会社のソルジャーとして働くことを日本人は選んでしまったようです。

これは社畜症って病気にしてもいいんじゃないでしょうかね。

この病気を治すにはどうすればいいか?いますぐその仕事辞めるしかないです。

過労

不況が20年以上も続き人を減らしたのに仕事の量だけは増えるもんだから正社員になると月に50時間はまだホワイトな方で100時間、200時間の時間外労働すら存在するということで朝のラッシュの電車は毎日寝ている人だらけ。

むしろ時間きっかりに仕事を終わらせられるフリーターの方がある意味まともに生活できてるんじゃないかとさえ感じるほど。

逆に起業して個人で活動してる人のほうがいきいきしてる印象を受けますね。

根性

日本中に根付いてしまった重病とも言えるのが「根性」ですね。

いまだありとあらゆるところで精神論、根性論がはびこってますからね。

仕事が終わらないなら徹夜でやれとか、物が売れないなら100件でも200件でも家庭or企業に飛び込めとか。

根性出したところで成果なんて出ない、モノが売れない時代なのに。

鬱病

休みがない仕事、上司からの恫喝、たまる一方のストレス・・・これが長いこと続いてしまい鬱病になる人も増えてきてます。

でも鬱が治ったとしても今の日本には鬱病だった人を受け入れる環境なんてありません。

「鬱は甘え」なんて間違った認識を持ってる人が高齢者どころか20代の若者ですらゴロゴロいますからね・・・

その大半は体育会系出身ですすんで社畜になっている人なんですけどね。

虚報

いわゆるフェイクニュースってやつ。

日本のマスコミはフェイクニュース問題はアメリカの話、我々にとっては無関係だと他山の石としか思っていませんがあんたがたのところもフェイクニュースしか垂れ流してませんよ!!

今やネットで即マスコミの報道は検証される時代ですから、マスコミの嘘はどんどんバレ続けてますね。

二郎

二郎というのは「ラーメン二郎」のこと。

野菜マシマシ、肉マシマシ、盛り付けられた具材の姿は食べ物とは思えないほど不健康そのもの。

今このラーメンが若い人の間で超人気で、二郎に影響されたインスパイア店舗までできるほど。

長い社畜生活は人々の食欲までおかしくさせてしまいました。

赤牛

赤牛とはレッドブルを日本語に直訳したもの。

いつの間にやらレッドブルやらモンスターエナジーのような寿命を前借りするエナジードリンクも愛飲する文化になってしまいました。

これを飲まないと覚醒できないという意味では戦中~戦後にかけて広まった覚せい剤のヒロポンと一緒です。

これも日本人の根性論がいまだ根強くはびこっている証拠でしょうね。

エナジードリンクには違法性がないぶんこちらの方が問題視されてもいいと思うんですが・・・

日本終わってんな

それにしても・・・本当に日本も終わりの始まりどころか終わりの終わりまで来てますね。

なんでここまでポジティブな印象になる2文字が出てこないんだ!

そりゃ・・・外国からの留学生も逃げ出しますし、すでに会社勤めしてる人も日本で仕事したくなくなりますよね。

会社には期待するだけムダなので、自分からリスク背負ってでも動くしかないですよこれ。

さっさと辞めるか副業するかしかないです。はい。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。