■インターネット老人会~これを知っていたらインターネット老人~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちゆ12歳がバーチャルYoutuberとしてデビューしたことによりにわかにインターネットに触れてきた期間が長い方がざわめいてます。

それにともないTwitterでは「#インターネット老人会」 のハッシュタグでインターネットでかつて流行したものを挙げてなつかしむ恒例行事が発生中。

ということで、これを知ってたらインターネット老人認定してもいいでしょ!ってものを私の独断と偏見で選んでみました。

スポンサーリンク

ちゆ12歳のテキストサイト

ちゆ12歳が活動していたテキストサイトは今でも残ってました。

私じつはこのサイトを今この記事を書いているときに初めて見たんですが、内容としてはニュースサイトに近いものがありました。

アニメ、ゲーム、特撮のみならず時事ネタや小泉内閣、911アメリカ同時多発テロやあやしい宗教についても取り上げられてますね。

アイマスファンにとっては黒歴史扱いされているアニメ「アイドルマスターゼノグラシア」に関する内容のページもあったりと読み物としておもしろいサイトです。

私の文章力と知識のボキャブラリーではここまで高クオリティのサイトは作れないです。

そういや、安倍麻美(安倍なつみの妹)なんてアイドルがいましたね、ギャルルなんてユニットを作ってひたすらギャル路線を進んでましたが、未成年喫煙とかなにかと騒動ばかり起こしてた印象があります。

初期のニコニコキャラバンのコンセプト

ニコニコキャラバンは2007年に初開催して今年で11年経つ老舗イベント。

当初はmixiで参加者を募ったイベントで、内容もクラブハウスで大人数が集まってカラオケを歌うというものでした。

回を重ねるごとに内容も徐々に変わっていき今ではニコニコ動画で流行した音楽やインターネットではやったネタをDJがかけるクラブイベントになりました。

大阪東京名古屋のみならず博多や札幌、仙台でもやってたんですが主催者の結婚、多忙につきホームでもある大阪での開催に限定されるようです。

去年、予定を開けてまで大阪に行ったときに関東人が多い「同窓会」的雰囲気だったのは、そもそも5年ぶりの開催だったからですね・・・

なぜか2014年のニコニコ超会議でトークショーの枠をもらったこともありますね。

(見たかったんですが到着時間が遅かったために間に合いませんでした)

あめぞう

インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」、今は管理人が入れ替わって「5ちゃんねる」という名前になってますがその前身は1990年代の終わりに存在した「あめぞう」ってウェブサイトでした。

ここの中にあったスレッド式の掲示板がひろゆき氏により独立して2ちゃんねるとして誕生したんですよね。

Winny

2000年代に一世を風靡したファイル共有ソフト。

著作権なんてクソ食らえ!と言わんばかりのアニメ本編やエロ動画、ゲームソフトの違法ROMなんてのがファイル共有ソフトの海を毎日泳いでました。

それが理由で制作者は一度逮捕されるものちに無罪となってます。

私はこのソフトを一度も使ったことがないんですが、もう開発もサポートも何もかも終了してるんですね・・・

個人テキストサイト

ブログが主流になる前は個人テキストサイトがはやってました。

私もいくつかのテキストサイトをローテーションして読んでましたね。

今じゃプロバイダーがサービス終了してしまい大多数のサイトが消えてしまいました。

残ってるサイトも更新されているほうが少ないと言っていいです。

この時のテキストサイトの特徴はキリ番踏んだら掲示板に書き込み、文字が左右に動く無駄な装飾(marqueeタグで実装できる)とmidi音源のBGMがエンドレスで再生されたことが挙げられるでしょうか。

私も2004年~2005年になにかホームページを自作しようと考えていた時期がありまして、その時に購入したHTMLやSTYLE/CSSのタグ辞書は未だに持ってます。

日本ブレイク工業

かつて神奈川県にあった解体業者。

あの奇抜な社歌はオタク界隈で大流行しましたね。

一躍有名になったのは「タモリ倶楽部」で取り上げられてから。

残念なことにいまでは会社自体がブレイクしてしまいました。

吉野家コピペ&大規模吉野家オフ

2ちゃんねるで2001年ごろに流行したのが吉野家コピペ。

ソフトバンクのスーパーフライデーで吉野家の牛丼が無料になるキャンペーンをやると必ずこのコピペが登場します。

2001年と2002年の12月には2ちゃんねるで大規模吉野家オフが開催、不特定多数の人物が最寄りの吉野家で「大盛りねぎだくギョク」を注文する光景も過去の話。

名前も知らない人間同士、行ったお店もバラバラなのでオフレポは掲示板に各自書き込む形を取ってました。

参加者、のべ2000人弱!!

当時インターネットに触れていたら私も間違いなく参加してたでしょうね。

おもしろFLASH倉庫

2007年にニコニコ動画がサービスを開始する直前まで流行していたのがおもしろFLASHというもの。

「マイヤヒ」「巫女みこナース」「もすかう」なんて有名どころから「千葉滋賀佐賀」、よくみるとこわいメッセージが隠されてる「なつみSTEP」あとは「片翼の田代」「ゴノレゴ」なんてコアな人間にしかわからないようなFLASH動画も多数賑わってましたね。

私がおもしろFLASHの存在を知ったのは実は2007年、ニコニコ動画がサービスを開始してからでした。

そんな私のオススメは「to heart韓国語版」です。

字幕.in

初期のニコニコ動画はYoutubeの動画にコメントを付けていくスタイルを取っていたんですが、Youtube側のアクセス遮断により一度サービスを終了してしまうことになりました。

その後ニコニコ動画は会員制動画サイトとして復活したわけなんですが、当時のユーザーが一時的な避難場所として使っていたのが「字幕.in」というサイトでしたね。

zoome

これは2007年ごろに話題になった動画投稿サイト。

ボーカロイドの作曲者が高画質、高音質を求めてニコニコ動画から移動してきたのがここzoomeでした。

すでにこの動画共有サイト、閉鎖されてますがボーカロイド黎明期にはこのサイトで動画を見てたor投稿してた人も多かったのではないでしょうかね。

私はうp主ではありませんでしたのでzoomeを使うことはほとんどありませんでした。

さいごに

テキストサイトの中で有名だったとされている「ちゆ12歳」も17年の時を経て復活、Youtubeに動画をアップロードする最新のトレンドを取り入れるようになりました。

ところで・・・インターネット老人会、なにかあるたびに半年間隔で開催されてません?

老人会というより、これじゃみんな大嫌いな老害会ですよ老害会。

最期までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。