求人サイト「バニラ」の広告ラッピングバスをついに撮影できた!

広告




なぜか今インターネット上で勢いに乗っている求人サイト「バニラ」。

アドトラックは何回も見かけているんですが、ついにアドバス?とでもいうんでしょうか、

車体全体にラッピング広告を貼り付けたバスも登場しました。

いつ書こういつ書こうと思っていたネタなんですが、実車を撮影するまで書けませんでした。

先日ようーやく撮影することができましたので記事に起こすことができました。

ということでバニラバスの姿をご覧いただきましょう。

ドーン!!

広告




「バニラバス」は主に都内の繁華街を走っているよ

バニラバスですが、普段は東京都内の繁華街で走ってます。

目撃がある場所といえば・・・池袋、新宿、渋谷、秋葉原が挙げられますかね。

アドトラックのように地元大宮には来ない様子。

車体をじっくり眺めてみる

こちらの「バニラバス」ですが、バスマニアならひと目見ただけですぐに分かる関東の大手乗合バス事業者出身の車両ですね。

同社を離れた後今の会社へと移籍。

移籍に際し広告配信に特化した仕様に改造がなされてます。

特にデジタルサイネージ用のモニターが車体の左側面と右側面の後部に2枚ずつの合計4枚配置。

夜になると映像が配信されるんですが、モニターがものすごく明るくなります。

側面とリアの窓はラッピングフィルムで貼られていますが、客が乗るわけでもないので問題ないです。

「バニラ」のロゴの部分は暗くなると明るくライトが点滅するようになってます。

屋根上のスピーカーは後付で取り付けられてますね。

もちろんあのヘタウマな歌がエンドレスで流れてます。

元事業者の仕様に由来する前面窓下にある運賃表示窓も稼働しているようで、「前払い」と表示されてました。

それにしてもラッピングしたのに元神奈中ってバレバレな仕様はそのまんま残っているって・・・

実は2017年の10月頃にデビューしてた

実はバニラバス、バスファンのツイートによると2017年の10月頃にはすでにデビューしてました。

なのに今までなんで記事にしなかったのかというと、繁華街に行くことがなかったからです。

さすがに自分で撮らずに記事にするのもアレかなーと思ってくすぶらせておりました。

新宿駅の地下道から階段上がってヨドバシカメラに行こうとしたらこれだよ!!

おかげで記事を1つ完成させることができたのでOKですけどね!

もしかすると、今度はあなたの街でも走ってるかもしれませんよ?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。