2019年GW、サービス業は地獄の10連勤が確定する可能性

広告




2019年5月1日、今上天皇が退位し皇太子殿下が新天皇として即位することが決まりました。

これによりこの年のゴールデンウィークは曜日の並びの関係でとんでもないことになるんですが、サラリーマンの方にとっては天国になる一方でサービス業の方は地獄になることが確定的になってしまいました。

広告




2019年のゴールデンウィークを見てみる

まずは2019年のゴールデンウィークを見てみます。

4/27の土曜からはじまり4/29の祝日(昭和の日)、5/1は改元記念日でこの年だけの休日、5月3日から5日は憲法記念日、みどりの日、こどもの日と祝日が並び5月6日はこどもの日の振替休日という並び。

そして5月1日が祝日になった場合は前後の日が祝日に挟まれた4月30日と5月2日は国民の休日になって休みに。

(ただの休日の場合はこの2日は普通の平日になる)

これで怒涛の10日間連続休日が生まれます。

サラリーマンにとっては天国の10連休

サラリーマンの方にとっては非常に天国ですね。

年末年始の休みよりも、お盆休みよりも長い10連休が確実になるわけですからね。

嫌な上司や得意先の顔を見る必要がない期間が長くなるだけでも気持ちは安らぎます。

もし土曜日が休日出社になったとしても6日+2日の飛び石連休ですか・・・

ちょっと気が早い感もしなくはないですが前半の6連休の予定は今のうちに決めておかないと、高速道路は大渋滞、新幹線は指定席が完売で自由席も座れない、空も満席、宿はどこも予約満室なんて悲惨な状況になってしまいますよ!

でもサービス業は地獄の10連勤が確定する

なんで退位を5月1日にした!って内心恨んでいる人が多そうなのがサービス業にお勤めの方。

10連休が生まれるということは、その休みを楽しませるために働く人も必然的に生まれることになるわけなんですがその全てがサービス業に集中します。

地獄の10連勤が国により確定しました。

しかもただでさえゴールデンウィークという書き入れ時なので休みを交代で取るなんてことも期待できません。

その上で前後も勤務日の場合であれば12連勤ぐらいまでは覚悟しないといけなくなります。

血を吐くほど働かされるのは確実ですからね。

せめて国民の休日だけでもなくなってほしい・・・と願わずにはいられないですね。

これはそこらのブラック企業もビックリ!

国によるブラック労働推奨ですか・・・

このニュースを聞いた途端今の仕事を辞めたくなった人多数でしょうね。

基本的に国が面倒を見ているのは役人と大企業のサラリーマンだけですから、サービス業なんて道端の犬にしか見てません。

IT企業もゴールデンウィーク返上は確定

そんなサービス業を尻目にドヤ顔したくなるでしょうが、ドヤ顔できないのがIT企業にお勤めの方ですね。

なにせ元号の変更で事前にプログラムを書き換えないといけないわけですから。

プログラムを書き換えた以上、テストもしないといけないので考えただけでもものすごく寒気がしてきます。

サービス業のほうが自宅に帰って寝られる時間がある分幾分かマシですよ。

こっちは数ヶ月も前から客先に常駐して泊まり込みの業務が連日発生する可能性すらあるわけですから。

こう考えると、役所務めの人もGW返上しないといけないんですが・・・

Y2Kとはちょっと違うのと、2018年度中に新元号が発表されているのがせめてもの救い。

といってもちゃちすぎる救いの手なんですけどね・・・

といった感じで天国になる業種と地獄になる業種の両極端に別れてきます。

転職するなら2018年度がチャンス

転職したくなってきた方、もし転職活動をするなら2018年度が最後のチャンスです。

どの業界も人手不足が深刻化。

もはや残業ありきの労働を捨てて大卒高卒関係なく採用して手塩にかけて教育しないと人材が定着しないっていうところまで雇用情勢は改善されてきてます。

あとは企業が思考を切り替えて過去の成功と変なプライドを一切合切かなぐり捨てるしかないんですが・・・

不景気が20年以上も続いてしまったため、いまだに低賃金でなんでもできるスーパーマンを長時間拘束させてこき使いたいと考えている企業がいまだにはびこっているのが非常に悲しいところ。

そんな考えを持っていない企業を探すのが非常に困難っていうのが辛いですね。

2019年、2020年ではダメです。

東京オリンピックの失敗が確定していて今の熱気が一気に冷め、景気が悪くなるのが見えてますからね。

それにしても、なんで新天皇の即位と改元を年度の変わり目に合わせなかったんでしょうね。

この年度は平成31年度と呼ぶべきなのかどうなのか・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。