ファミリーマートで売られていたイヤホン「ASH44K」使ってみた

広告




数年前、私は家電屋で低価格で売られているイヤホンをたくさんもっていた時期がありました。

その多くは処分してしまったんですが、今度は自宅でパソコンに繋いで音楽を聴くためのカナルイヤホンがなくなってしまうことに。

そこで、近くのファミリーマートで売られていたイヤホンを買ってきました!

広告




イヤホン開封

機種はtamaこと多摩電子工業の「ASH44K」といいます。

あしゅは44倍かわいいと覚えてください。

こちらのイヤホン、販売価格は1400円程度と本当に低価格でした。

各部を見てみる

プラグは安心と信頼の金メッキを採用。

以前購入したセブンイレブンのプライベートブランドイヤホン、ビクター製のHA-FX711は1980円しましたがこの部分はメッキされていませんでした。

イヤーパッドはSS、S、M、Lの4サイズ採用し老若男女が使えるように配慮。

私は耳が小さいのでSサイズを使用しています。

コードはこの価格帯にしては珍しい平たいラーメン形状。耐久性に優れています。

音楽を聴いてみる

さて、実際に音楽を聴いてみることにします。

最初の印象。

低音部はひじょうに良く聴こえるのですが、高音部はスッカスカ!!

これはエージングしていないのか、イヤーパッドのサイズが合っていないのか・・・

手っ取り早くイヤーパッドをMサイズからSサイズに1段階小さいものに交換することで一転して高音部もしっかりと聴こえるようになりました。

全域でしっかりと聴こえながらも割と重低音寄りのチューニングになっており、低音フェチの私には非常に合っているように感じます。

低価格イヤホンでパッケージに重低音をうたっている機種はだいたい中音域が弱いドンシャリタイプか高音部が極端に弱いか全体的に音がこもっているかやたらとクセのあるものが非常に多いのですが、こちらの機種の場合は珍しくクセもなくドンシャリ感もありません。

それもそのはず、そもそもパッケージで重低音をうたっていませんでした。

Twitterで「ASH44K」と検索すると、コストパフォーマンスに優れているとのつぶやきが何件かありますね。私もこのイヤホンを常用するつもりでいます。

さいごに、多摩電子工業とは

多摩電子工業って企業、今まで全く聞いたことが無い名前だったんですがどんなものを作っているのかというと・・・

「Tama’s」ブランドでスマートフォンのケースやアクセサリ、あとはモバイルバッテリー、車のスピーカーでiPodの音楽が聞けるFMトランスミッターといったものを主に製造、販売しています。

ということでスマートフォンをずっとお使いの方にとってはなじみの深い会社ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。