この曲を聴くと鳥肌がたちまくりな曲5選

広告




つい先日のことですが、「音楽を聞いて鳥肌が立つのは特殊な脳を持つ人だけが経験できる」という記事を拝見しました。

何を隠そう、私も音楽を聴くとゾクゾクと鳥肌が立つタイプです。

夏だろうが冬だろうが季節にかかわらず特定の曲を聴くだけでゾクゾク寒気がしてきす。

そんな私が、聴くたびに鳥肌がゾクゾク出てきてしまう曲を5曲ご紹介していきます。

広告




1.last regret(ゲームKanon OP)

イントロで早速ゾクゾク、Aメロでゾクゾク、Bメロでゾクゾクという鳥肌立ちまくりなのがこのLast regretって曲です。

雰囲気は冬の始まりにまさにピッタリですね。

いや、この曲を聴いて鳥肌が立たない人はいない・・・と思うんですけどね。

2.鳥の詩(ゲームAIR OP)

KanonとAIRはゲーム発売時とアニメ放映時、私は一切知らなかった作品なんですが、10年前にニコニコ動画で初めてこの曲を聴いた時にものすごくゾクゾクしましたね。

アニソンの可能性をいろいろと感じました。

こちらもイントロでゾクゾク、歌い出しでゾクゾク、サビの手前で早速ゾクゾクするまさに国歌(くにうた)。

あまりにいい曲過ぎて昔浅草で開催されていたニコニコキャラバンってイベントで主催に無理言ってkeyメドレーと銘打ってKanon、AIR、CLANNADの6曲のOP、EDを順番バラバラでかけましたからね。

(当時の私はリトバスを知らなかった)

3.花まつり(ウイニャイの曲)

ウイニャイは全国各地をライブで回ってアンデス民謡を演奏するグループなんですが、私が初めて見かけたのは7年くらい前の赤羽駅前でした。

ちょうど気分が落ち込んでいた時に通りがかったところ、曲の心地よさに思わず足を止めたという次第。

民族楽器で演奏する「コンドルは飛んでいく」も心地よい音色を奏でてくれるんですが、やっぱり個人的に鳥肌が立つのは花まつりですね。

4.The Sacrifice Part III(聖剣伝説3)

聖剣伝説3のラスボス戦の後半で流れるBGMなんですが、これも鳥肌がゾクゾクしますね。

4年前に実際にあったできごとから、「女の子をリアルで攻略していて、クリア直前に流れる希望に満ちた曲」のテーマになりました。

ゲーム本編でも絶望を感じさせる曲から一転して、アップテンポで希望に満ちたこの曲に変わるので戦闘シーンはものすごく盛り上がりましたよ。

5.炎の孤児院(クロノクロス)

私がサントラを2度購入するほど音楽にハマったゲーム。

ストーリーは前作をやったことがある人前提ということもあり難解なんですが、30曲近くある中でも一番鳥肌がゾクゾクなのはこの「炎の孤児院」という曲ですね。

燃え盛る孤児院のイベントで流れる曲がパイプオルガンに男性のオペラと女性のコーラスが混ざった荘厳な曲なんですから、早くキッドを助けないと!って思っちゃいますよね!

そしてこのゲーム、ほとんどの曲でゾクゾクしまくりなんですが!!

音楽を聞いて鳥肌が立つ理由

さいごに、なぜ音楽を聴くと鳥肌が立つ人がいるのか?

音楽を聴くと鳥肌が立つ人は脳の中にある聴覚を司る神経と感情を司る神経が強くリンクされていて活発に働くからという研究結果が出ました。

もしかするとこれがうつ病の治療にも役立つかもしれないといわれていて、さらに研究が進めば、うつ病が治る手助けになるかもしれませんね。

まさか私が、選ばれし人間だったとは思いもしませんでした・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。