バスコレクション 西武バス いすゞエルガを購入!

広告




バスコレ購入シリーズ第2段。

バスをジオラマにしたシリーズと言えばトミーの「ザ・バスコレクション」通称バスコレが有名ですね。

つい先日新製品として全国からよりすぐった各社局のいすゞエルガが発売されました。

今回はその中から私の地元埼玉を走る西武バスを購入してきました!

広告




バスコレ西武バスいすゞエルガを購入!

今回購入したのは2015年にフルモデルチェンジされたいすゞエルガという車両。

通称「新型エルガ」

モデルとなったのは新座営業所のA6-991号車。

西武バスは地域と営業所によって性格がぜんぜん違う路線にあわせてものすごく細かく仕様を分ける会社なんですが、左側燃料タンク、2ヶ所ある車外スピーカー、フルカラーLED、10穴の新ISOホイールを再現してますね。

各サイドを見てみる

前面。

Non step busや車番表記、行き先表示両脇にあるベビーカーと車椅子ステッカー、ナンバープレートのほか、いちはやく省略されそうなピンク標準仕様ステッカーなんてのも再現。

続いて運転席側。

新型エルガ特有、5枚並ぶ不揃いの大きさの窓も再現。

そして後ろ。

やはり「ドライブレコーダー搭載車」ステッカーやピンク標準仕様ステッカーも再現されてます。

旧型エルガと並べてみる

昨年発売された西武バスの旧型エルガと並べてみます。

フルモデルチェンジ&実車の製造年が7年も離れていることもあり、社会情勢の変化で仕様は完全に変わってますね。

8穴JISホイールは10穴ISOホイールに変わり、3色LEDはフルカラーLEDに載せ替え。

フロントランプも縦目からトラック流用のディスチャージヘッドライトに変更。

大宮駅西口で見られそうなバスの並びですね。

実車(と同型車)も見てみる

完全にブログ記事自体がオタクじゃないと分からないものになっていますが、ここで実車(と同型車)も紹介。

いすゞは2015年に新型エルガにフルモデルチェンジをするに際し、いろんなところを変更してます。

まずはホイールベース(前輪と後輪の間の長さ)を長くし、ノンステップエリアを拡大しました。

車両の長さを変えずにホイールベースを伸ばしたので、タイヤの場所が前後に移動してます。

これにより、前扉が狭くなりました。

あと、燃料タンクも車体左側か右側の前タイヤハウスの上に移動。なので座席が撤去され、給油口が窓と干渉する結果に。

そして画像ではお見せできないエンジン、これも排ガス規制で小型で小排気量になったためとうとう4気筒になりました。

昔の路線バスはV型8気筒のエンジンで力強い安定した走りだったのとはかなり変わって今のバスはターボにしてもグォォォォンってうなる重苦しい走り方になってます。

変速ギアはATとAMTから選ぶ仕組み。

もうバスですら乗務員の負担軽減のためにいちいちクラッチを踏むMTの設定がなくなってしまいました。

いずれは観光バスからもMTが消えます。

同じ見た目の車両が日野ブルーリボンって名前でも出てます。

もうオタクでも見た目で区別がつきません!

時代に合わせた進化を感じさせられるバスコレでした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。