クソ物件オブザイヤー2017、個人的上位物件3選+α

広告




今年も年末恒例、Twitterで「クソ物件オブザイヤー」が開催中。

11月15日から11月20日までにたくさんのクソ物件が不動産関係者やマニアの手により投稿されてきました!

その数はなんと295物件!

ノミネート作品はこちらからご覧になれます。

当ページの中から個人的な基準でクソとしての評価が高い物件をいろいろお見せしちゃいましょう!

※森友学園、加計学園、座間の9人殺害の家は選出外です

広告




物件1.家電量販店転用ホテル

なんと家電量販店を改装してホテルに仕立て上げた物件があります!

それは2017年1月に関空からほど近い南海電鉄羽倉崎駅の近くにオープンしたホテル。

その名も「からくさスプリングホテル関西エアゲート」

完全に中国人観光客を対象としていて、客の9割は中国人観光客。

中国のテレビが視聴できたり、レストランのメニューも中国向けの味付けになっていたりと日本人にとっては宿泊しがたいホテルですね。

外観は家電量販店時代とほとんど変わっていない、無理矢理の改装っぷりに高評価。

1フロアあたりの面積が街中のビジネスホテルと比べるとものすごく広いのが救いですね。

物件2.イトーヨーカドー奈良店

平城宮跡からものすごーく近い場所にあるいわくつきの物件。

なんとこの場所、奈良時代に長屋王の邸宅があった場所なんですね。

建物の工事中に遺跡が見つかったら発掘調査をしないといけないんですが、歴史の教科書にも取り上げられるほどの大物の住まいにも関わらず発掘調査もそこそこに上からドーンと建物を建てちゃったもんだからさあ大変。

さすがに地中に遺跡があるので地下フロアは造れなかった模様。

当初営業していたそごうが潰れ、次に営業を始めたイトーヨーカドーも今年9月に閉店していくさまは長屋王の呪いといわれていて、都市伝説にもなってます。

今回、大物人物の住まいを潰した呪いが1300年以上も続いているという点で大幅加点。

あ、2018年に新しい商業施設がオープンします。

やまきHPより

今度はセブンアンドアイの手から離れた全く関係ない会社による運営なんですが、奈良の定番スポットとして定着してくれることを祈ります。

奈良で目標年間来館者数2000万人・・・それ、今年銀座の街にオープンしたGINZA SIXと同じ人数なんだけど達成できるのかなあ??

物件3.芝公園の中にある家

芝公園の緑に囲まれた一角にあるキューブ型をした建物。

あれ東京タワーの撮影の度に気になっていて、何かの置物かと思っていたんですが、れっきとした家だったんですね。

そして道もちゃんと接続されています。

この高級ヴィラ、価格は何と、10億円!!

この辺は土地代も高いですしデザインは一級建築士担当ですし3階建てですし、まあ納得もいきますね。

おまけ 行政が産んだクソ物件

ぐるりできない豊洲ぐるり公園

豊洲の埠頭をぐるりと取り囲むように配置された何の変哲もない公園なんですが・・・

豊洲市場が開場していないために公園の大部分はバリケードで閉鎖中。

かろうじて海が見られるデッキ部分は入れます。

関係者を引っ掻き回すだけ回した挙句国政にしか意識を向いておらず豊洲市場の問題に全く興味を示さなくなった小池知事、果たしてこの公園が全面開放できる時は来るのか・・・

今年のクソ物件オブザイヤー2017、怖い物件や文字通りの「クソ」物件のように読み物になる物件が多すぎますって・・・。

これを読みふけるだけで2時間3時間くらい経ってしまいました。

そして私の紹介した物件も取り上げられていました。

オリンピックでボート会場になる中央防波堤埋立地もなんだかグダグダなことになってますね。

大田区と江東区でずっと争っているも話し合いでは解決できず、調停も早々と打ち切り、いよいよ提訴まで持ち込まれました。

ここも行政が産んだクソ物件の1つといっていいでしょう。

東京ベイエリアマニアな私としてはこの土地がどこの区のものになるか、見ていくことにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。