選挙の投票に行くなら早朝7:30に行ったほうがいい3つの理由

広告




はい、この記事を書いたのは衆議院選挙の投票日当日、朝の8時過ぎからです。

(投票に行ってから書いたのでこんな時間になりました)

この記事をご覧になっているということは、何らかの選挙の投票日が近づいているのではないかと思います。

毎回投票に行っている私としては、投票に行くなら当日の朝7:30に行ったほうがいいのではないかと考えるようになりました。

広告




1.プリキュアがゆっくり見られる

ご存知の通り投票所が開く時間は朝7時から夜の8時までですね。

そして、2017年10月から番組編成が変わり、ニチアサの時間がかなり移動しました。

時間変更前後のタイムテーブルはこんな感じになっています。

時間変更前

7:30 戦隊ヒーロー

8:00 仮面ライダー

8:30 プリキュア

その後にドラゴンボール、ワンピースを見る流れ

時間変更後

8:30 プリキュア

9:00 仮面ライダー(ドラゴンボールの裏)

9:30 戦隊ヒーロー(ワンピースの裏)

日曜日、早く起きたパパのために朝7時に情報番組を放送するようになったわけですが、私達オタクにとっては今まで朝起きてからニチアサをゆっくり見て、朝9時にプリキュアが終わってから投票、その足で出かけるor用事をこなすという流れができていたんですが、時間変更後はニチアサが終わるのが朝10時になってしまいました。

その代わり、今まで戦隊ヒーローと仮面ライダーが放送されていた時間がポッカリと空くことに。

ならばその空いた時間をうまく使いましょう。

この空いた時間に先に投票に行ってしまうのです。

2度外に出ることになりますが、投票所は歩いて10分以内の場所にあるでしょうし、投票自体は衆院選でも5分あればすぐに終わります。

さらにいうと、近くにコンビニがあったらついでにちょっとした朝食を買ってきても空白が1時間あるので十分プリキュアに間に合っちゃいますね。

投票に行ってからプリキュアを見るのは非常に気が楽になりますよ!

2.投票所に誰もいない

朝9時、朝10時の投票所はみんな起き出して散歩がてら投票所に行くのか、結構年配の方が多くて投票用紙の発行手続きにちょっとだけ時間がかかるんですね。

これに対し朝7時半の投票所は本当にだーれもいない!!

なのでものすごくスムーズに投票を済ませることができちゃいます。

立会人しかいない投票所に一人という優越感にひたれますね。

3.もっと早いと零票確認ができる

投票所に最初に来た人が、投票箱の中に何も入っていないということを立ち会って確認するのが零票確認。

朝6:30くらいに投票所に行くと、誰も並んでいない場合は朝7時の投票開始とともにこの確認をする貴重な体験ができるかもしれませんよ。

夜も明けきらずものすごく寒い中投票所が開くのを待ち続けないといけない冬の選挙はつらいですけどね。

私も一度だけこの零票確認をした経験があるんですが、前に並んでいた年配の方と一緒に投票用紙に名前を書いた後、開いている投票箱に何も入っていないのを見てから係の人が箱のカギを閉めるところまでを立ち会い紙に署名をしました。

これを衆院選なら小選挙区、比例代表、最高裁の裁判官国民審査の計3つに対して行います。

投票所によっては粗品がもらえるところもあるみたいですね。

選挙があると毎回零票確認をしに投票所に行っているというガチ勢までいるほど。

個人的早朝に投票するメリット

私のようなオタクにとって朝7:30に投票に行くメリットといったら、やっぱり朝のアニメや特撮をゆーっくり見られるっていう事ですね。

20年以上ニチアサは朝7:30からという時間の流れが染み付いているから、どうしても日曜日は6:30とか7時くらいには目を覚ましてしまうんですよ。

かといって今のニチアサの時間では二度寝すると寝すぎてしまうし・・・

ならばさっさと投票に行っちゃえ!というある意味軽いノリで投票に行くことにしました。

ニチアサの時間変更が今後あるのかどうか分かりませんが、今後はぜひ朝の早いうちに投票に行って、気持ちだけでも楽になることをオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。