モテるカメラ男子を個人的に考えてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今やスマホで写真を撮る文化ですが、その一方でカメラ男子がモテるという内容が書かれたツイート、ブログやwebサイトが多数ヒットします。

そのなかで私が気になったのはこちらのツイート。

これはおなじみの「※ただしイケメンに限る」というやつですね。

服装や身だしなみが整ってそれでいて顔もある程度いい、間違っても夜景撮影デートでデカイリュックと白い望遠レンズ、フラッグシップの一眼レフにゴツい三脚なんて持とうもんなら絶句されますよ。

女性がカメラ趣味者じゃない場合は特に。

じゃあモテるカメラ男子とはどんな人なのか私の偏見混みで考えてみることにしました。

スポンサーリンク

モテるカメラ男子が使っていそうなボディ

私のイメージとしてモテるカメラ男子はこのカメラを使っているイメージがありますね。

・ソニーα6000

<SONY HPより>

こちら、α6300やα6500が出ている今でもボディ単体が6万円前後で売られている大ベストセラー機。

お台場で夜景撮影をしてるとカメラを使っているカップルの彼氏か彼女、どちらかはこの機種を首から下げてます。

間違っても50万円するフラッグシップのデカイ一眼レフではないことは確かでしょうね。

もちろん、キットレンズを装着して三脚ナシ、撮影はJPEG一択、RAWで撮って自宅でわざわざ現像する人は・・・少なそうな印象です。

モテる人が使っていそうなレンズ

もちろん、カメラのダブルズームレンズキットについてくる、広角側のキットレンズ一択でしょう。

新たに単焦点レンズを買うなんてこともしないでしょうし、白くて思い切り大きくて価格も50万円を越えるようなお高いレンズを持っている可能性は0です。

あれは自衛隊の航空祭の時に使いましょう。

水曜どうでしょうのコスタリカ企画で大泉洋がHTBの人から借りたバズーカレンズを街中で出した日にはドン引きされますね。

モテる人は街の路線バスは撮らない

これは私の実体験ですが、とある女性に路線バスを撮った画像(確か東武バスのセレガ)を見せたところ、その後別な女性に「バスか・・・」と漏らしていた、軽く引いていたという経験があります。

そりゃ当たり前ですよ。撮り鉄よりもさらにディープでオタクな世界ですからね撮りバスは・・・

今じゃ興味の対象から離れてしまったためバスを撮ることはあんまりなくなりましたけどね。

モテる人はいきなりデジカメを女性にあげようとしない

モテる人は上で書いたのと同じ女性に、私が昔使っていた「IXY31S」をあげようとする暴挙には出ません。「デジカメ使わないです・・・」で流されるのがオチです。

これも実話です。

なんであげようとしたんですかね。私。

モテる人はコンデジでもモテる

モテる人はキャノンのコンデジSX230HSやXQ2で晴海埠頭の夜景を撮った画像を見せてもモテます。

とりあえず、それなりに綺麗な夜景を撮れば「キレイ~」と言ってくれるのは確かです。

これも実体験です。

そして、オタクがやりがちな、機材と腕自慢を20分も30分もべらべら喋らなければいいんですよ。

誰がそんな事を聞きたいと思うんですか。

さいごに

ということでかなり私の偏見と実体験が入っていますが、モテるカメラ男子はどういう人なのかを考えてみました。

モテるカメラ男子ってのはやっぱりカメラで写真を撮りつつも女性をやさしくエスコートできる、これに限りますね。

そんな食事の場であなたのカメラと腕を自慢したところで女性ときめくわけはないですし、あなたは長い距離をどこまでも歩き回れるかもしれませんが、その横で疲れた顔を見せる女性のペースにもちったぁ合わせろよ!と言いたいですね。

それか、デートのときぐらいはカメラのことを忘れろ!

そうすれば気は楽になりますよ・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。