外国人観光客に記念写真を頼まれてもまごつかないための心構え

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、夜景撮影をしにお台場に行くと50%の確率で外国人観光客から写真を頼まれる日野まおみです。

いやいや、冗談でなくて本当の話。

つい先日お台場に行ったときにも、どこかの外国人観光客から「Can you take a picture?」と声をかけられました。

さらに言うと、撮影スポットで三脚のばしてカメラ構えてると声をかけられる確率は上がります。

私が典型的な日本人に見えるのか、自分で言うのも何ですが目の形が日本人離れしているのでアジア系の人に見られるのか、そこまではさっぱり分かりません。

話がかなりそれてしまいましたが、外国人から写真撮影を頼まれたとき、どうやって応対してますか?

まさか聞こえないふりしてそそくさと逃げ出したりしてませんか?

そんなことしていたら心象がものすごく悪くなるので、私がいつもやってる心構えを教えちゃいます。

スポンサーリンク

1.とりあえず笑顔でボディーランゲージ

やはりそそくさと逃げ出してしまう理由の多くは、相手が何語喋ってるか分からないからだと思うんですね。

でも大丈夫、ボディーランゲージさえできれば「OK」しか言えなくても十分通用します。

コツとしては、笑顔で応対すること。

ムスッとした顔で応対されると相手が困ってしまいます。

さすがにムスッとOKする人はいませんか。

とにかく、英語もどこの言葉もそうなんですが、完璧にしゃべろうとしないことです。

あとはどこのボタンを押せばいいかとか構え方に関しては相手がしぐさで教えてくれます。

そのとおりに撮ってあげれば喜んでくれますよ。

(一回だけ一眼レフ持った外国人にone moreって言われたことはありますが)

2.写真撮影の掛け声を覚えておく

次に悩むのが掛け声なんですよね。

なんて言えば通じるか分からないですから。

ということで、最低限これが言えればOKだよ!というものをまとめてみました。

欧米人:one two three!

中国人:イー、アル、サン、スー!

韓国人:ハナ、トゥル、セ!

中国人と韓国人の掛け声は実際に集団で記念撮影する時に言っていた言葉です。

意味を調べてみたところ、「1つ、2つ、3つ、(4つ)」と言ってるみたいですね。

あとは自分の気の持ち方次第

これでまごつかないための心構えは一通り教えました。

あとは自分の気の持ち方です。

そんな難しく考えることはありません。

写真撮影はわずか1分程度のやりとりで終わるんですから。

観光地では恒例の儀式みたいなもんです。

あと、掛け声の話に戻りますが、「say whiskee(語尾を上げる)」という掛け声も試してみたいですね。

なんでかっていうと、語尾が「イ」で終わるので、自然と口が横に広がるからです。

これ、接客業でも「ウイスキー」は笑顔で接客するためのトレーニングとして使われている言葉ですから、記念写真に応用できないかなーと考えている次第です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。