2017年夏のコンビニおでんセール、勝者を勝手に決めた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年秋、今年もコンビニおでん戦国時代が始まりました。

コンビニ各社、9月前後にお披露目の値引きセールをやってどうにかこうにか知名度を上げるのはもはやおなじみの光景。

ここで、当記事で勝手におでんセールの勝者を決めてみます。

今年のおでんセールの勝者は…あそこだ!

スポンサーリンク

勝者 ローソン

やはり今回のおでんセールの勝者はローソンですね。

セブンイレブンやファミリーマートが下請けイジメをした代償としておでん100円セールや全品10%値引きセールにとどまる中、我が道を行くおでん70円セールを継続!

しかもセールの先制で客の興味を惹き付けることができ、しかも8月一杯まで期間を思いきり長く設定できたバイタリティーもありました。

しかも他社では絶対に買えない、ファンも多いさぬきうどんもあの値段で販売していたわけですから、各店舗品切れ続出だったでしょうね。

残念ながら私の住んでいる地域にはローソンがないのでその恩恵をうけることはできませんでした。

セブンイレブンなら大量にあるんですけどね。

そういえばその後、ローソンは他社に見せつけるかのように11月末までに毎月一回のペースでおでん70円セールを開催してましたね。

他社ではめったにセールをやらないですから。

おでんセール雑感

今年のおでんセール、やはりというかなんというか、様子ががらっと変わりました。

ファミマは100円以上の具材が100円均一になるセール、セブンイレブンは全品10%値引きとセールの幅の大幅な縮小を余儀なくされました。

それを横目にローソンは今年の夏もいつもと変わらずおでん70円セールを仕掛けてきました。

しかも期間は8/22から8/28の一週間と他社に先駆けている上、ものすごく長い。

その上でさらに3日間延長。31日までセールやってました。

今回、ローソンは他社になんとしてでも先駆けてセールをしたいという考えから採算度外視でこのセールを企画したんじゃないかなと推理してます。

これにより、セールの規模が縮小したファミマやセブンイレブンの勢いを完全に打ち消すことに成功しました。

狙いはここなんですよね。

おでんが一番売れる初秋、いかに自分たちのおでんの知名度を一気に上げられるか。

ローソンは先制攻撃がうまくいき、ツイッターでもつぶやきの勢いを大きくすることができました。

期間を伸ばしてセブンイレブンのセールと連続させることにより、空白期間が生じることによる一時的な話題のとぎれをなくすことにも成功しています。

これにより、セールが後発のファミマとセブンイレブンはローソンと比較されるようになりました。

セールの規模がショボくなったと分かってしまった以上、販売個数の大幅な減少は避けられません。

セブンイレブンはおにぎり100円セールも同時開催しておでんにも注目させようとしてますが、完全に裏目に出てましたね。

なにせ10パーセント引きより●●円均一のほうがお金にシビアな私たちにとってはインパクトが大きいですから。

ファミマもセブンイレブンもローソンがおでん70円セールを仕掛けてきたことがわかったときは驚愕だったはずです。

そして、下請けに数億円規模で販促費を負担させたことを深く後悔しているでしょうね。

日本企業のことだから、戦犯探しして何らかの処分して終わりっていうとかげのきっぽきりしかしないんでしょうが。

店員視点では・・・

ある意味ファミマとセブンイレブンのバイトにとってはあのおでん70円セールの忙しさからは開放された感もありますね。

去年の70円セールのときの忙しさは本当に半端なかったですから。

一日中バカ売れしていて、ここだけシフトに入る人数を増やしても、具材を継ぎ足しても継ぎ足しても継ぎ足しても鍋を増やしても追い付かない!

私もヒイヒイいいながら具材を仕込む時間をむりやり作ってましたよ。

おかげで深夜の時間帯、一晩で80個以上売り込むこともできましたけどね。

このときはまだ全自動食洗機なんてありませんでしたから、洗い物の量が増えて増えて落ち込んだというオチもあります。

我ながらあのときどうやって仕事してたんだろうとおしえてほしいくらいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。