高い一眼レフこそ初心者向けのカメラだからどんどん使ったほうがいいよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デジカメがなぜ売れなくなってきたか?いろいろ考えているときにふとリツイートされてきたこちらのツイート。

デジカメが売れなくなった原因にはこういうイメージが一般の消費者の間で強くすり込まれてるんじゃないかなーというのをつくづく感じています。

このニュース映像自体も古くて、背景で販売されてるカメラがE-PL3なので2011年頃のニュース、まだまだミラーレスの技術が一眼レフに追いついてなかった時代のものですね。

ですが今回の記事では、そんなカメラについてのイメージをいきなりぶち壊します。

スポンサーリンク

一般の人から見たカメラについてのイメージ

カメラに興味がない人から見たカメラについてのイメージはドラクエで例えるとこんな感じなんじゃないかなーと感じてます。

大きい一眼レフはそのカメラを使いこなし、しかも映像、写真についての知識も持っている人が使うもの。

おうじゃのつるぎはぐれメタルのけんのようにストーリーの後半~終盤で手に入り、ほとんど売却されることがない装備。

一方でスマホのカメラやコンデジはカメラや写真に興味がない人がサッと使うもの。

こんぼうどうのつるぎのように、誰でもサクッと使えて入手もカンタン。

ミラーレスはその中間で、カメラに興味を持ち出した人が使うもの。

はじゃのつるぎドラゴンキラーのようにストーリーの中盤である程度技術を身につけた人が使う装備。

つまりは、一眼レフなんて難しすぎて初心者が手を出せそうにないものっていうイメージですね。

でも、そんなイメージ、いますぐそこのドブ川にでもに捨てて下さい。

カメラ初心者こそ高い一眼レフを買うべし

いきなり断言しますが、カメラ初心者こそ最初に買うのは一眼レフにしたほうがいいです。

しかも、10万~15万円する入門機でなく、30万円以上はするであろう高い上位機種をパーっと1台。

キャノンならEOS 5D系、ニコンならD5、ペンタックスならK-1ですね。

初心者向けのカメラの記事となると制作者はなぜか揃いも揃ってEOS kissとかニコンのD4桁のようなエントリークラスの機種を並べるんですが、あれはデカイ一眼レフを使いこなしている人間が普段の持ち歩き用に使う機材です。

この上位機種は何が優れてるって、何を撮りたいかわからない初心者にもなんでもそつなく撮れる画質と操作性になっているという点です。

背景をボカしたい?はい、ものすごくボカせます。

きれいな夜景?夜景超きれいに撮れます。しかも三脚もいりません!

動きものもピントを合わせたい?はい、ちゃんとピントを合わせ続けてくれます。N700系のぞみですら運転席にピントが合います。

操作方法がわからない?オートモードにすればカメラの優秀な頭脳で1から10まで全てやってくれます。

インスタ映え?高い機材のほうがインスタ映えする写りを簡単に実現できます。

下位機種になればなるほど性能が落とされるため、なんでもそつなく撮ることが難しくなります。

そこらのRPGじゃあるまいし、初心者がいきなり最強装備をみにつけたっていいじゃありませんか。

しかも経験値は安い装備の2倍以上入るんですよ?

カメラの知識は後からつければいい

よくカメラ雑誌や趣味者のブログの記事を見ると写真と一緒に「絞り」とか「シャッタースピード」とか「ISO感度」なんて項目がずらずら並んでますが、この項目を最初から知る必要はありません。

私もカメラを持ち始めてから11年経ちますが、いまだに感覚で撮ってるところがありますからね。

それよりもまずは「撮りたいものをカメラで撮る」行為を楽しむことを知ってほしいですね。

その「撮る楽しさ」をいち早く知れるのは、なんといっても高い一眼レフです。

ただ、カメラの頭脳だけでは限りがあります。

なので、自分が思い通りの画をもっと撮りたいと感じるようになったとき、さっきのずらずら並べたよくわからない項目について学べばオッケーです。

むしろスマホでプロ並みのキレイな画を撮るほうが難しい

スマホのカメラでプロ並みのキレイな画を撮るのなんて、非常に難しいです。

そもそもの土俵が違うっていうのもあるんですが、誰でも気軽に撮れるようになっている分、自分でできることがあまりにも少なすぎるんですね。

ある種の縛りプレイをしているような感覚さえあります。

外部アプリさえ使えばある程度できることは増えるんですが、それでもプロ並みのキレイな画を撮るにはまだまだ遠いです。

プロのカメラマンですらスマホのカメラでどこまでできるかずっと試行錯誤しているんですから。

私が企画している「格安のコンデジできれいな夜景を撮る」なんて縛りプレイの真骨頂ですね。

だって撮影者ができることが少なすぎるんですから。

さいごに。

これは私がiPhone6のカメラで撮影した朝焼けなんですが、一眼レフで撮影したらどんな感じになるのか気になりますね。

気になったとき、それは一眼レフを買うときです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

なので上級者こそ、スマホのカメラを使いこなす知識をつけないといけないといえます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。