美少女が作れるwebサイト「MakeGirls.moe」を使い倒してみた

広告




お盆休みも終わりに近づいた8月14日。

美少女が簡単に作成できる「MakeGirls.moe」というサービスが公開されたので、ちょっと遊び倒してみることにしました。

広告




使い方

まずは画面を見ていただきましょう。

こんな感じになってます。

オプションで条件を指定してから「Generate」を押すと、その条件に合致した女性が自動で生成されるという仕組み。

指定できる条件は・・・

Hair Color:髪の色

Hair Style:髪型

Eye Color:瞳の色

この3つはいくつかある条件を選択していきます。

Blush:頬を赤らめる

Smile:笑顔

Open Mouth:口を開ける

Hat:帽子

Ribbon:リボン

Glasses:メガネ

この6つはアリかナシかランダムにするかを選択していきます。

NoiseをRandomに設定すると毎回違う顔が出てくるんですが、Fixedに設定すると顔のベースは一緒で、いろいろ条件だけ変えたキャラクターが生成されます。

そしてNoise Inport/Exportは8/15にいつの間にか追加されていた機能で、顔を生成した時のノイズを読み込み/保存することができます。

生成された画像

まずはこのサービスで生成された中から、個人的に好きな美少女キャラをいくつか。

年下好きのお姉さんタイプ?

高校によくいる学級委員or風紀委員?

会社の受付?

この後さらにこのサービスを使い、何回も条件を変えながらいろんな顔を生成してみることにしました。

本当に美少女?

当然美少女ばかりが生成されるのかと思いきや、ときどき美少女とは思えない女性が生成されることもありました。

そのうち、インパクトのあるグラフィックを保存していますので公開します。

晴海時代からのコミケでサークル参加を続けてる人みたいですね。

詩集を毎回頒布してて、意外と固定ファンがいそうな気がします。

旦那もいる専業主婦ということで。

30年前の高校にいた、女番長?

女性のような男性のような。

男性も作れる?

MakeGirlsというサービス名に反し、実は「Hair color」をblackやbrown、greyのいずれか、「Hair style」をshort hairにそれぞれ設定すると1/2くらいの確率で男性が生成されます。

いいとこの大学生?

ショタ?

ジェシーおいたん(フルハウスのジェシーことジョン・ステイモス)?

バグ顔もできるよ!

美少女と男性の他に、10回に1回はにデッサンが崩れたというより、顔のパーツが消えたり変形したりといったバグ顔が生成されることがありました。

第一印象はアニメ「あの花の名前を僕はまだ知らない」の安城鳴子っぽいですが・・・

頭かち割られて血を出してる・・・?

しかもRPGの男戦士みたいな顔グラ・・・

とうとう全部のパーツがどこかに行きました。

個人的にはGlassesをONに設定するとバグ顔が発生しやすい印象がありましたね。

眼鏡のフレームの生成で何らかの不整合が発生しやすかったんでしょう。

サービス初日、10回に1回は生まれていたバグ顔も、2日後の8/16の段階では作りにくい状態に改善されていました。

さすがA.I.、たくさんの人が顔を作ったことで精度が上がってきたようですね。

いい顔グラフィックが出てこないかと顔を何度も生成しているうちにいつの間にか2時間経ってました。

物語やゲームのような創作活動を普段しない方でも、結構いい暇つぶしになれますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。