7/31オープン!新レイアウトのセブンイレブンに行ってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7/31、自宅の近所に新しくセブンイレブンがオープンしました。

回りセブンイレブンだらけなんですが、今度もやっぱりセブンイレブンです。

今回オープンした新店舗の特徴、それは今セブンイレブンが売上を拡大する策として進めてる新レイアウトになっているということです。

ということで早速天気のいいオープン当日に実際にお買い物しに行ってきました!

スポンサーリンク

お買い物に行ってきた

店内のレイアウトは私の記憶を元に図面でご案内。

字が下手ですいません・・・

それでは行ってきた印象をズラズラっと挙げていきます。

・オープン初日ということで午前中にもかかわらず大混雑。

車よりも自転車がたくさん止まってました。

・今までの店とはレイアウトがまるっきり違うので何が売られているのかを天井から吊るしてご案内。

・入口の真正面にレジがあり、正面の通路は他のところよりも幅が広めに取られている

人の行き来がそこだけ多くなることが想定されています。

・お弁当、パン、サンドイッチ、麺類のようなメインの食べ物は入口から右手の隅っこスペースにまとまって陳列。

ここだけ人が固まってて、逆サイドにあるペットボトル売場は人がスッカスカ・・・

慣れないうちは戸惑うかもしれませんね。

・冷凍食品売場の後ろはなんと窓!なのでゴンドラの裏側が丸見え・・・

・レジ待ちの列は島ゴンドラ内に形成

・雑誌売場は入口左手の窓際にあるも、スペースは縮小。

ゴンドラ3台分にまで減ってました。

・レジは3台あるも、カウンターのスペースはかなり広く取られていてフランク、コーヒーの什器が置かれていてもまだまだ余裕があった。夏以降はここに中華まんとおでんの販売も行うのでそのスペースに充てられそう。

オープンセール終了後にレジは2台に減らされてました。そのスペースにおでんと中華まんが設置されています。

売場雑感

オープニングセールが終わったあとにイートインスペースができるのかどうかは定かではないんですが、スペースは確保されていましたから3席くらいの小さいスペースが作られるんでしょうね。

いまはそこにお菓子の記念品がたくさん置かれてました。

→イートインスペースは作られず、温めるペットボトルの在庫が積まれてました。

お弁当のところの通路も狭く、L字になっているので多くの客が固まってしまってました。

これは陳列する従業員も常に視界を広くもってないと客とぶつかりそうですね。

しかもそのお弁当やおにぎりを陳列するスペース、従来のお店よりも少し狭くなってました。

コンビニでは一番売上を稼いでくれるメジャーな売り物のはずなのになぜか窮屈にさせられています。

そしてレジ応対がやたらまごついているのはしょうがないですね。

普段コンビニに行かないような高齢者も多く来ていて、nanacoカードの説明ですらえらく時間がかかってましたからね。

実はその店2号店なんですが、1号店の従業員も多数応援に駆り出されてました。

どこかで見た顔の人がいると思ったらそういうことだったんですね。

雑誌スペースは本当におもいきり縮小されてました。

ゴンドラがわずか3つ分ですよ3つ分。それでも余裕があります。

家から一番近いコンビニはゴンドラ4つ分でも売場が足りないくらいたくさんの雑誌が並んでいるのと比較すると、本当に新店舗では雑誌にはあまり力を入れていないんだなあというのを実感。

というかそっちのお店も雑誌の種類を減らそうよ・・・と思っても、コンビニの場合雑誌は向こうから勝手に送られてくるのでいじりようがないんですよね。

オープンから4ヶ月が経ちこのお店、繁盛するかと思いきや、朝昼夜いつ行ってもガラガラという涙を流したくなる状態になってました。

これについては後日別な記事にて理由を分析していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。