700円くじの「応募券」はハズレなのか違うのか客視点と店員視点で探る

広告




毎年梅雨やハロウィーン前後になるとコンビニ各社が開催しているのが、700円購入するごとにくじが引けるフェアーですね。

2017年は5月にファミリーマート、セブンイレブン、6月にローソン、7月にセブンイレブン、ファミリーマート、10月にもファミリーマート、ローソン、セブンイレブンの順で開催されました。

フェアーの期間が重なることがないってのはさておき、気になるのは「応募券」に対する客と店員の認識の差です。

みなさん、応募券はどういう扱いをしていますか??

広告




客視点

一年に何回もやっているこのフェアでやっぱり客にとって興味があるのは、その場でもらえる当たりの賞品が何かだけなんですよね。

ただ、くじは抽選箱に無差別にはいっているので男性客に女性向けの品物(ストッキングや生理用品)が当たったときは気まずいです。

私もいざくじを引いて応募券が出てくると・・・やっぱり残念な気持ちになりますね。

そして、他のお客さんの動きを見ますと、持って帰ってくれる人もいれば、レシート入れに捨てる人もいたりと反応はさまざまです。

ただ、レジでは持って帰る素振りを見せても、実際は店の外のゴミ箱に捨てられていたり、しまいには駐車場のアスファルトにものすごく汚れて貼り付いていたこともありました。

この光景を実際に見たことがある私としては、非常にわびしい何かを感じましたね。

当たる確率は低いけど当たると1万円、2万円はするであろう高価なものよりも、今ここでもらえる100円、200円なんですよ、はい・・・

実際に応募まで行う人の割合は・・・3割がいいところなのではないでしょうか。

むしろ応募数が少ないからこそこの3割の人にとってはほしい賞品が当たる確率が格段に上がる、ある意味チャンスにもなりえるんですけどね。

乃木坂46とタイアップした時は応募券を2枚集めて応募すれば限定nanacoカードが抽選で当たるということでコアなファンが応募券目当てに買い込んだみたいですが、全く興味がない人にとっては当たる可能性も低い、賞品も興味がないものだらけということで捨ててしまうか店員にあげるという行動に出るんでしょうね。

なので、大多数の客の視点からすると応募券=ハズレです。

店員視点

店員には本部社員から「応募券」≠「ハズレ」と指導されるんですよね。

なので、客から「ハズレ?」と聞かれても、はっきり「ハズレ」とは答えにくいんです。

もし本当に「ハズレ」と書いてあるのであれば、その券では何の恩恵も受けられない、チャンスすら与えられないわけですからね。

引いたあとはそこらじゅうに捨てられ、ただの燃えるゴミになるだけです。

その点、「応募券」ならばスマホや応募用紙を使って応募することで、何か豪華な商品が当たるチャンスがわずかながらあるんですよね。

なので、なにかしらの恩恵が受けられるかもしれない以上、はっきりと「ハズレ」と言えないんです・・・

ただ、当たる可能性は限りなく低く、しかもラインナップされているのがコンビニの客層に明らかに合わない、そこそこ~たくさんお金を持っている人向けの賞品だらけというのが、応募券がいろんなところにポイ捨てされてしまう原因となっているのもまた事実です。

これで、入手困難だったアイコス本体やNintendo switchが抽選で50名様に当たる!ってなったら、それこそ応募者多数で倍率は相当高くなるんでしょうね。

1000倍、いや、5000倍以上にはなるでしょう。

ただ、現実的に見るとどちらもそもそもの出荷数が少ないのに、プレゼント用に枠が確保されるとは到底思えませんけどね。

あくまでも例として挙げただけです。

元店員の本音

・・・ここまでは建前ですが、コンビニで働いていた経験がある私の本音ではやっぱり「応募券」は色んな意味でハズレなんですよね。

くじがなかなか終わらない的な意味でもハズレですし、賞品に期待できるものがない的な意味でもハズレです。

じゃあさっさとくじを終わらせようぜ!と考えてもみたんですが、どうやったらフェアが早く終わるかなんて答えは簡単ですよ、客に当たりをどんどん引かせることです。

応募券ばかりなくなってもダメなんです、最後に残るのは当たりだらけになりますから。余計に売場や控えから商品を持ってくる作業だけが増えます。

ですので、応募券と当たりのバランス、このさじ加減も店のセンスを問われます。

ただ、さっさと終わらせたいと考えている店ですと、期間がたてばたつほど当たる確率が高くなる傾向にあるんですけどね。

さいごに

この記事はいつ書いて投稿しようか迷っていたんですが、偶然開催してくれたファミマのフェスタに合わせることにしました。

もっと応募券で応募できる賞品を、コンビニの客層に合わせた一般庶民向けにすると「ハズレ」感がなくなって、嬉しいんですけどね。

遠くのスーパーに行くのがおっくうな高齢者向けだったり、深夜に立ち寄る仕事終わりで疲れている独身男性向けだったり、・・・

オリジナルTシャツやオリジナルスマホカバーはすでに賞品にありますので、ビール1ケースとか、スイーツ詰め合わせとか・・・

いかがですか?セブンイレブンさん!!しょぼすぎますか!?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。