ごく自然に近い関西弁を覚えた2つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関西の人がご覧になったらしばかれるどころじゃない、一発かまされそうな記事を書くことにします。

実は関西弁って、コツを知ると誰でも喋れるようになるんですよね。

私も中学2年の時に、一ヶ月くらいで喋ることができるようになりました。

しかも東京モンにありがちな不自然ではない、ごく自然に近い感じの関西弁を、です。

ポイントは声と話し方を音で覚えること。

ということで今回は私がどうやって関西弁を覚えたか、その方法を2つ教えます。

スポンサーリンク

1.こどものおもちゃを見た

アニメ「こどものおもちゃ」は私がちょうど中学生の時にやってました。

男なのにテレビ東京の夕方のアニメを見るのはさておきこのアニメ、ストーリーの途中で中学生編になり松井風花という関西弁のキャラクターが登場します。

私、毎週この人の喋りだけ見て関西弁を覚えました。

声優生駒治美さんは大阪は天王寺出身のれっきとした関西人です。

30分アニメを録画してわざわざビデオで何回も見てましたね。

意外なことに、割とすぐに喋り方の特徴みたいなものを覚えました。

ああ、関西弁はこういうアクセントなのか、と。

実際のところ、関西弁キャラが登場するアニメならこどものおもちゃじゃなくても何でもいいです。

最近の作品なら、Aチャンネルのユー子でも名探偵コナンの服部平次でもいいんです。

大阪のお笑い芸人の漫才を見る

「こどものおもちゃ」が終わったあとは大阪のお笑い芸人が多数出てる番組を見ました。

とにかく大阪のお笑い芸人の漫才はしゃべりでまくし立ててきますからね。

関西弁を覚えるいいチャンスでした。

細かいことを言いますがコントじゃダメです。見るのは漫才です。

いまだったら関西の芸人さん色んな番組で見かけますからね。

埼玉に住んでいますので、ルミネやラクーンが無かった当時、大阪のお笑いを見るためにはテレビをずっと見るしかなかったんですよね。

東京ではなかなかお笑いの番組をやらないんですが、元日に放送していた爆笑ヒットパレードあたりが適切でしょうか。

ところで、1998年~1999年頃ってどんなコンビが売れっ子だったかなあ~

まだお笑いブームが来てない時代だったし、中川家はもう少し後だし、ロンブーはあまり関西のなまりを出さないし、上岡龍太郎は引退しちゃうし、もう覚えていないです。

あ、当時からテレビでよく見かけたの、明石家さんまさんだ!!思い出しました。

さいごに

この記事をご覧になった関西の方から袋叩きにあうかもしれませんが、私の実感としては割と一ヶ月も聞いていれば関西弁は自然と覚えられましたね。

既に学校でも喋り始めており、痛い中学時代を過ごしてました。

今でもそのクセは抜け切れてません。

そうそう、なんで東京の人がしゃべるエセ関西弁がやたら不自然なのか?

それは言葉を文字で覚えてるからなんですよね。

違うんですよ、音で覚えないといけないんですよ。

この記事を書くにあたってはこちらのツイートが参考になりました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。