スーパーフライデーやかっぱ寿司食べ放題セールについての本音

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年に入り、セブンイレブンやかっぱ寿司が大きいセールをはじめましたね。

今回はこのセールについての私が思っている本音を語ります。

スポンサーリンク

ソフトバンクのスーパーフライデー

これ本当にお店にとってセールの効果はあるんでしょうかね。

コンビニとしてはついで買いを期待しているんでしょうが、スーパーフライデーでお店に来る人って、これだけ引き換えて他のものは全く買わずに帰る事が多いからお店は混雑するだけで売上が全く増えないんですよね。

混雑するのがわかっているから常連客もこの日だけはそのお店での買い物を避けますし。

皆さん別なコンビニやスーパーのような他のお店に逃げてました。

この日だけはどのお店も客数は増えたけど客単価は減少したことでしょうね。

しかもセブンイレブンの場合、値段が高いワッフルコーンから引き換えが進むので既に早い者勝ちになっているのが現状。

いい加減納品数を増やせと言いたいですが、これはセブンイレブン本部により強制的に入荷量が抑えられてしまっているためお店も被害者です。

これは工場で生産が増やせないという事情もあるんですけどね。

そしてワッフルコーンが品切れになったときの救済措置として引換対象商品を何種類か増やしました。

ワッフルコーンが争奪戦になるのは変わりませんが、品切れになっても選択肢が残るのでマンゴーアイスはいらないって人でも他の品物と引き換えられるチャンスがあります。

追加された引き換え対象商品、ものすごいショボかったよ・・・ってのはおいといて。

かっぱ寿司の食べ放題セール

今月、かっぱ寿司がその食べ放題セールを平日限定ではじめました。

セールを平日の14時から17時と非常に狭く設定したのはその時間が一番空いているからです。

お寿司はネタの鮮度が命ですからこれ以上時間を長くしてセールをするのは不可能(新鮮なうちに一気に販売する必要がある)ですし、ファミリーが多く訪れて30分や1時間滞在する休日はもっと混乱するので不可能です。

なぜかそこを叩いている人も見受けられますが、いや、それは間違っているよ、と言いたいですね。

ただ、一つだけ言えるのは正直なところ、食べ放題セールをやり始めた店はヤバイです。

何でかというと他のセールではもはや客が呼び込めない深刻な状況にまで陥ってしまっているからです。

で、食べ放題セールに来るのは決まってお金がない客なんですよね。

彼らはお金目当てで来てるだけであって、その後のリピーターにはなりえません。

しかも制限時間いっぱいまで長居した上店にとっての利益率が低いネタを食べていく。

そして別なお店で安いセールが始まったらそちらに移動します。

それを何度も繰り返します。

質の悪い客が大量に来ると何が良くないって、今度はリピーターになる可能性がある上質な客が来なくなるってことなんですよね。

しかもかっぱ寿司は他の100円回転寿司よりも評判があまりよろしくないですからね。

私も何チェーンか行ってますが、明らかにく○やは○、ス○ロー、100円でなければが○てんや海■三○港のほうがネタが新鮮でデカくておいしいです。

考えてもごらんなさい、ちゃんとお金を落とす上質な客が来る高級料理屋はこんなセールなんてしないでしょう?

しかし、この食べ放題の日に押し寄せてテーブルに普段食べないだろう枚数の皿を重ねる画は滑稽としかいえないから困るところですね。

無理して食べてリバースしてもわしゃ知らんよ・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。